みおこし

追想のみおこしのレビュー・感想・評価

追想(2018年製作の映画)
3.8
イアン・マキューアン原作、シアーシャ・ローナンちゃん主演の新作。一足お先に鑑賞してきました〜!あらすじは割愛。

一言でまとめると、とにかくシュールな一本でした(笑)。円満に見えた新婚夫妻がちょっとしたことからすれ違って行く...というお話なのですが、あまり尺が長い作品というわけではないのに、回想シーンをベースにこの二人の過去がどんどん浮き彫りになっていくのがとても興味深かったです。
多くは語られませんでしたが、ボートの上のシーン然り、何かしらの二人の過去の秘密が大きなヒントになっていて、冷静に考えてみるとあのラストも納得かな、と。とはいえ、それにしても若すぎるというか幼稚なカップル過ぎる気がしたけれど(笑)あの展開は当時の恋愛に対して保守的な世相も大いに関係しているのかも。

シアーシャとビリー・ホール、それぞれ表情のみで語る演技がとにかく圧巻。ぎこちないあの空気感がまたよく表現されていて、ディナーのシーンに始まり、砂浜のシーンまで見応えたっぷりでした。
二人のタイミングがあまりに悪すぎて思わず吹き出してしまう場面も多々。

「若気の至り」という言葉がありますが、勢いだけで燃え上がる恋も時にはあるわけで。根本的な問題を顕在化させるのは、いくら私たちは愛し合っている!と確信できた間柄と言えども難しいんだなぁと。
恋が実るためにはさまざまな障害があって、それらは当人の人生をかけてでも乗り越えていかないと、良い結果には結びつかないんだなあと、結婚の厳しさを垣間見た気がしました。

古き良きロンドンの風景が色鮮やかに紡ぎ出されていて、目の保養にもなりました。