追想の作品情報・感想・評価

「追想」に投稿された感想・評価

Takano

Takanoの感想・評価

4.0
『レディ・バード』を観てから、シアーシャ・ローナンというアイルランドの俳優を好きになってしまった。(『ブルックリン』の主演だったことはあとで知った)私のみならず人々の心の悪の部分を見抜いていそうな青い瞳に惹きつけられる。



Wikipediaで知ったがシアーシャ(saoirse)とはゲール語で「自由」を意味するとのこと。もうそのエピソードだけで私の声帯は「最高」と震える。ローナン家最高だ。お父さんお母さんによろしくお伝えください。



『追想』は、1960年代のイギリスが舞台の切ない恋の物語だ。新婚旅行に行った二人がなぜ悲しい選択をしなければならなかったのか、二人の馴れ初めから決断の時まで、走馬灯のように話が駆け巡る。二人の考えの違い、価値観の違い、それは些細なものなんだけども、その違いこそが致命的なものになる。誰しもが大小あれど一度は経験する「あのときのあの言葉がなければ、、、」的な瞬間を繊細にかつドラマチックに描いている。



結婚やらそれに近い経験はないけれど、二人のすれ違いには、出会うまでの人生(例えば家族とか)が関係するんだなあ。ふと「セロリ」の歌詞を思い出す。育ってきた環境が違うから、、、ってすごい達観した目線なのね。



ハッピーエンドの恋愛映画よりもこういう失恋の話のほうが記憶に残るのは、自分のものと勝手に関連付けてしまうからなのだろうか。恋愛下戸は世界中にどこにでもいて、失恋なんかありふれたものであると気づかせてくれる(とはいってもとても悲しい結末は見たくないのだが)。



「男は別ファイル保存、女は上書き保存」の恋愛ことわざを用いるのなら、まさしく「追想」はこのことわざを映画化したようなものであり、保存方法の違いの結果が可視化されたような作品でもある。そう簡単に保存方法なんて変えられないんだから、受け入れるしかない。



それにしても、シアーシャ・ローナンの醸し出す色というかオーラは素晴らしい。この間の「レディ・バード」でも印象的であったターコイズブルーの色使いがこの「追想」でもよく使われているのは偶然なのだろうか。



空と海と草木が混じったようなターコイズブルーのドレスを着て世界遺産のチェシル・ビーチに悲しく佇むシアーシャの姿を見て胸が痛くなる。悲しくさせてしまったことを全男性を代表して謝罪したい。こんな極東の男が謝ったって力不足かもしれないけど、やれるだけがんばってみるよ。だって単純に君のこと好きなのさ。
YurieY

YurieYの感想・評価

-
真面目系かと思ったらめっちゃわろたwってなって、そのあと結局2人が愛おしすぎた。宣伝真面目すぎない?結構笑える映画だと思うんだけど。
masayo

masayoの感想・評価

3.6
映画見る前にたまたま隣のビルで、展示してある衣装見て、あらまあ!
良家のお嬢さんなんだから、もうちょっと良い素材使って欲しかったな〜
縫製も残念。水色はキレイ。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

途中コメディ路線に突入したのが残念だった。うっすら笑かそうとしてるのがテーマを軽く捉えているように思えて好感が持てない。

同性愛者という設定を終盤まで隠したのがよくなかった気がする。そのため、回想シーンの重要性があまり感じられなかった。

時代を彩る楽曲のチョイスはよかった。チャック・ベリー⇒T-REX⇒エイミー・ワインハウスのリレーがすごくいい。
Yurie

Yurieの感想・評価

4.0
なんだろう。後半で一気に切なくなって持っていかれた…2人の演技力の高さよ。
ララランド…?ってなったけど、良く考えたらパーティで女の子に、でも似たシーンあったし良くある展開か。
切なすぎて泣いた…中盤は「おいおい、そりゃないぜ」って感じだった。
男の人からしたら地獄だよな。
女だけど、ちょっと辛くなった。
衣装が素晴らしすぎた。
し

しの感想・評価

3.8
レディバードで好きになったシアーシャ・ローナンが主演と聞いて、観るっきゃないでしょ!な「追想」やっとわたしの住む田舎で公開されました…
1962年夏のロンドン、20代の若夫婦がハネムーンで訪れたチェジル・ビーチのホテルでの新婚初夜の出来事。それが原因で、その後の人生にほころびが生まれる様を描写してるのだけど、ブルーバレンタインを彷彿とさせる「結婚ってなんだろう…」な作品でした
シリアスとギャグの瀬戸際を責めてくる辺りに戸惑いつつ…ラストシーンの撮り方が素晴らしいよ。構図とか勉強したわけじゃないけどとにかく構図がエモいよ。そして後半30分は切ないよ…ここにきて「追想」の意を知って泣く。珍しく邦題いいじゃないか。
はぁ〜シアーシャちゃんほんと可愛い透明感すごい…若いのにすごいなぁ才能を感じます!
fig

figの感想・評価

-
英国版ララランド。
最後2人見つめあって涙するシーン。若さと強がりと。お互い大好きだったのにね。

いつまでも引きずるなんてことしてもいいことないね。学んで次に行くの。

レディーバードの
シアーシャローナン主演👩🏼

なんだろ。
見終わった後の
気持ちなんともいえなかった。

結婚式から6時間後に離婚。
ありえなくはない。あるかもしれない。
困難で離婚?って
初めはちょっと思ったけど
考えたらとても大事なことだよね!
(なんでかは見てね😏)

ラストらへんの、
2人の涙のシーンは物凄くグッときた。
切なかった。

ビリー役の
エドワードメイヒューが
めっちゃイケメンだった😂
そこも見所!笑
なつ

なつの感想・評価

3.8
ちょっとした行き違いと若さゆえの後戻りのできなさや冷静さを完全に失った悲劇。本人にとってはとてつもない一大事だと思いますよ。笑っちゃいけない。

この年になっても何かに失敗することは死ぬほど怖いし、失敗したあとは死ぬかと思うほど恥ずかしい。だからこの二人の事情は笑えないしとても愛おしく切ない。something blueでガチガチに武装したシアーシャちゃんに涙した。

あと、とりあえず経験しておけ、と言いたい。
あぁ、こういう展開なのか。身分が違う若い二人のお話はどうしてこう滑稽で切ないのかしらと思える1本
>|