追想の作品情報・感想・評価

追想2018年製作の映画)

On Chesil Beach

上映日:2018年08月10日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

1962 年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な 空気が社会を包んでいた。そんななか、若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意する。結婚式を無事に終えた 2 人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。しかし、ホテルで…

1962 年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な 空気が社会を包んでいた。そんななか、若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意する。結婚式を無事に終えた 2 人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。しかし、ホテルで 2 人きりになると、初夜を迎える緊張と興奮から、雰囲気は気まずくなるばかり。ついに口論となり、フローレンス はホテルを飛び出してしまうのだった。家庭環境や生い立ちがまるで違う2人であっても深く愛し合っていたが、愛しているからこそ生 じてしまった“ボタンの掛け違い”。それは、今後の2人の人生を大きく左右する分かれ道となってしまう。フローレンスとエドワードにと って、生涯忘れることのできない初夜。その一部始終が明かされる……。

「追想」に投稿された感想・評価

綺麗なターコイズブルーのワンピースを着た青い眼のシアーシャローナンが美しい


フローレンスの父親が異常に恐かったのが気がかり
みち

みちの感想・評価

4.0

イアン・マキューアン原作 ”On the chesil beach” (『初夜』)の映画化作品。

1962年、性の解放が叫ばれる前。大学を卒業したばかりのエドワードとフローレンスは無事に結婚式を終え、新婚旅行先のチェジルビーチのホテルの一室で、夕食をとっていた。この後お互いのすべてをさらけ出すときが来ることを考え、喜びと緊張、不安を感じながら。

新婚初夜という場面を軸に、そこに至るまでの過去の様々なエピソードを挟みながら物語はすすんでいく。

自由と幸せを願って結婚に至った繊細で真面目な若者たち。2人の複雑な思いが交錯する様子が、もどかしく、切なく、観終わった後に何ともいえない余韻が残る。エンドロールはただただその余韻に浸っていた。

シアーシャ・ローナンはどんな役にも溶け込む。観るたびに本当に良い役者やなと思う。『つぐない』( “Atonement” (『贖罪』)』)も大好きな作品だが、イアン・マキューアンの映画化にはシアーシャ・ローナンで間違いないことを確信した。

ドミニク・クック監督の映画は初めてだったが、作品の雰囲気を壊すことなく、音楽、カメラワークも美しく、満足できる作品だった。
りさ

りさの感想・評価

3.6
原作の「初夜」よりは血肉が通っている感じ。
「レディ・バード」のシアーシャ・ローナンとはまるで別人の上品なフローレンス。
エドワード役のビリー・ハウルもよかった。
結婚に至るまでの2人の輝きが哀しい。

このレビューはネタバレを含みます

ララランド!追憶は美しい的、好きなパターンのメロドラマ。

お嬢にとって、トラウマ克服には、ハードル何段もありすぎな彼。絶対にわかりあえないものがある。入り込める。

音楽、映像、無駄にいい。最後は読めてしまって想定を越えるものがなかったけど、レディバードも主演してた彼女の顔が気品があってはまり役なので、いい!
よくできてる
漂う悲壮感が癖になる
笑っていいところは何個かあると思う
終盤の大事なシーンが雑で残念

このレビューはネタバレを含みます

レディバードのシアーシャ・ローナンが出ているということであらすじを知らずに鑑賞。愛ってなんだろう、と考えさせられる。直球のラブストーリーではないけど、観といて損はない。
特殊メイクが凄かった。特殊メイクと知らなければ(初めてみる役者だったら)違和感ない。
これこそ「こんな終わり方しかなかったのかよ」。

どうしてもシアーシャ・ローナン演じるフローレンスに感情移入してしまって、6時間だけの夫であったエドワードに対しては「お前! この大バカ野郎! おいお前! 感傷に浸れるご身分か? 貴様には〜〜〜泣く権利などない〜〜〜〜!!!」と全身拒否反応。

と、怒りまくっても、誰かをこっぴどく傷つけた人が一生抱えていく痛みはフローレンスよりもエドワードの方が大きいだろうことはわかる。なかったことにできない言葉や、取り返しのつかない行動。それらを償うことができずに、エドワードは生涯どれほど苦しんだだろう。フローレンスを救いたかったのはエドワード、お前もだよね。

でも、エドワード、お前がバカ!!!!

海岸線を二人が別れていくシーンは絶望的に美しかった。

クラシックとロックの劇伴もよかった。

最後に。シアーシャちゃんの、感情が身体から水蒸気のように噴き出ているような演技が大好き。
☆☆☆☆

文句を言いたい事が沢山有るんだよ!

でもなあ〜…。

でもなあ〜…。

泣かせんじゃねえよこのやろ〜(つД`)ノ

2018年8月20日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3
ちあき

ちあきの感想・評価

3.4
ディテールは良いのに大枠が残念
ただ、シアーシャローナンは相変わらず綺麗
YUKI

YUKIの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

1975年のところから引き込まれた。
エドワードは『君は俺のだ』と言ったり、背中のジッパーをうまく下ろせないだけで罵声を発するのでかなりダサい。
挙げ句の果てに1人になりたかったシアーシャを追いかけ浜辺まで追いかけて来て恐怖でしかない。
1975年のレコード屋で働くようになったエドワードは髪型も割と似合っている。
それ以降がよかった。
>|