レイチェル

人間の時間のレイチェルのレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
2.8
キム・ギドク監督作品は初めて。これは遺作?似ている作品に出てる『プラットフォーム』と『スノーピアサー』を足して2で割って残酷と不条理とエログロを増して謎の死生観を込めた感じ。

そもそもこの船は何処へ向かっていたのか不明。
国会議員親子やヤクザや売春婦等々お客の階層がさまざま。社会の縮図の中で極限状態の人間の本質を表現したかったのかな…

オダギリジョー、残念。役だから仕方ないけど…
チャン・グンソクは日本語ができるのね。アイドル的なイメージだったけどかなり変わっていた。

ラストの展開は酷かった。減点。