ぽてと

存在のない子供たちのぽてとのレビュー・感想・評価

存在のない子供たち(2018年製作の映画)
4.5
「僕を産んだ罪」で両親を訴えた12歳の少年・ゼイン。
両親が出生届を出さなかったため法的には社会に存在しないゼインは、学校にも通わず、兄妹と劣悪な労働を強いられていた。
ある日大切な妹が11歳で強制結婚させられ、ゼインは怒りと悲しみから家を飛び出す。
その後待ち受けていた彼の運命とは...?



こういう国があることは知っていた。
子供が一日中ゴミを拾って歩いてお金を稼ぐところとか、テレビ放送でも観た。
だけど、そこに出てくる少年少女達は学校に通いたい勉強したいって言いながらも自分の現状を受け入れているように見えた。
だけど、この作品の主人公ゼインは自分の現状に怒り、必死で抵抗しようとしていた。
ガツンと打ちのめされた。
そりゃそうだよな、彼らの生活が楽しいわけない。到底受け入れられないし許せないよな。
彼の親も同じ境遇だっただろうにいつ諦めたのか...
戦い続けることは苦しいことでなんとか生き延びるためには子供をも利用する。
憤りを感じたし何言ってんだとも思ったけど、彼らにしてみればそれしかないのかもしれない。
日本という恵まれた国に生まれた自分の現状とものさしだけでは決めつけられない問題なのだろう。

ゼインはきっと頭もいいし、優しい心の持ち主なのだろう。
そんな彼が口汚く大人を罵り掴みかかろうとする姿は見ていて悲しくなった。

決してすっきりするストーリーではないけれど観てよかった。