存在のない子供たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「存在のない子供たち」に投稿された感想・評価

とまと

とまとの感想・評価

3.7
ゼインの笑顔がよかった…ぐっときた

見たくなくても見るべき作品。自分の知らないところで何が起こっているのかせめて知っておかないといけない。
F

Fの感想・評価

4.2
しんどいけど目を背けてはいけないと思って見続けた
「僕は地獄で生きてる」
「心にナイフが刺さったみたい」
miko

mikoの感想・評価

3.7
そもそも産んだからといって、なぜ子供に膨大な時間とお金をかけ、愛さなくてはならないのか。それはそうしないと他人から非難され、時には罰せられるからなのではないか。親から子への愛なんて、持続させるのが途方もなく難しい。

社会的地位のある人なら、ネグレクトをしたり、養育費をケチると周囲から非難され、その方が印象が悪くなる。なのですでに生まれてしまった場合は、お金を泣く泣く、子供という他人に割くしかない。それが現代日本。

しかし残念ながら本作の親は、そもそも子供に割くお金がない。義務教育すら受けさせられない。そのせいで、いわゆる反出生主義に幼い子供がなってしまう。
個人的に奪われる権利で一番許せなくて関心があるのが「学ぶ権利」なのだが、こういう学のない子供を扱う作品を見るたびに複雑な気持ちになる。
もし学校に通えていたのならば、親からの愛がなくても、友人や大人との交流でコミュニケーションを学び、知識を身につけられるはず。わたしは集団が苦手なのでそういった場での交流を避けたのですが、避けるという選択すら彼らはできない。

「身分証」という言葉について、しばらく悶々としてしまいそうだ。
こういう話はどうしても目を背けたくなるな
※しんどいときは見ないほうがよい◎
disney

disneyの感想・評価

3.9
この映画がどうやって作られたか後で知ってなんであんなリアルだったかわかった。街の様子も人も全部。主人公の男の子、目が綺麗。。
meg

megの感想・評価

3.5
12歳で必死に妹や他人の赤ちゃんを守ろうとする優しさ、強さ、信念。
裁判所で訴えかけてる強烈な思いは、12歳とは思えない。
出生証明もなく自分の年齢も誕生日もわからないなんてなんてやるせないんだろうと思う。
naopinot

naopinotの感想・評価

4.0
もっと悲惨な「誰も知らない」。とんでもなく救いようがない。
自分の身分証があることなんて、気にとめたことがない。でもそれを持てないことが、その国に滞在できるか、必要な医療を受けられるか、そういう基本的な権利さえ行使できないと気付かされる。
刑務所に入ってる初めて、身分証明書を手に入れる。何とも皮肉だ。
Nia

Niaの感想・評価

4.1
ヨルダンの貧困家庭に生まれ、出世届けも出されてないので年齢も分からない子どもが両親を訴えるに至るまでの話。地獄を抜け出したと思ったら別の地獄に…と言う救いの無さな上、実話風で見てて苦しくなる。主人公が頭がいいのと目がキラキラしてるのが救い。
両親が終始被害者面で状況を理解できないのは教育を受けてないからなんだけど、イスラムの教えみたいなのは身に付いてるのに、届を出す事は知らないとか闇が深すぎる。
すず

すずの感想・評価

4.0
少し前から気になっていた作品。
「僕を産んだ罪で両親を訴える」という言葉から始まる。
元々難民だったゼイン君がゼイン役を演じているだけあって、もう演じてるって感じではなかった。とてつもなくリアルだった。
12歳と言ったらまだまだこどもなのに、あの歳にしてどうしたらそんな眼差し、表情になるんだろうと思うくらいに達観してる。
それが突き刺さる。
話はもうずっと辛い。いいことなんてなにもない。最後、裁判でゼインが言うようにまさに地獄で生きている感じ。
「子どもを作るな」この言葉がどストレートに突き刺さる。
こういうスラム街の実態をみると、比べ日本は幸せだな、自分はほんとに幸せだなと心の底から思う。
少し前に『ホテル・ムンバイ』を観たけど、こういう背景があのようなテロを引き起こすことにも繋がっているのかなと思った。

ゼイン君がしあわせであってほしい。
koumei

koumeiの感想・評価

4.0
極貧家族に生まれた子供が親を訴訟する話。
世話できないなら子供を産むな、と、自分を産んだことを訴訟するのは衝撃的。
反出生主義という考え方が出てきているように、人類を闇雲に増やすのをやめようというのは世界的な流れなのかもしれない。
問題が根深いのは子供は親を選べない親ガチャ問題だけでなく、親も選んで貧しい環境になっているわけではないこと。
そして主人公も結局親同様子供を自分で育てられず誰かに預けざるを得ないということ(負の連鎖)
これを高級レストランでスマホで観ている自分も罪悪感を感じてしまう。
日本で生まれただけで相当運が良かったんだと改めて認識
>|