SUNSHOWER

永遠に僕のもののSUNSHOWERのレビュー・感想・評価

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)
3.7
おもしろかった。日本には馴染みの薄い演出方法だけど、しっかりと丁寧に描けていて嫌な気はしなかった。美少年が取り沙汰されているけど、そこを抜いてもおもしろく作られていたと思う。実在した殺人鬼を、天才とも愚者とも描かず、「異邦人」的にただ在り方として描いたのは、作品として良かった。

漠然と、このところの中南米映画は強いな、と思う。粗削りに見えて、実は綿密に考えられている演出は、独特の質感があり、新しささえ感じる。この監督のこれからの活躍に期待したい (●'ᴗ'●)✧