アルゼンチンのおすすめ映画 355作品

アルゼンチンのおすすめ映画。アルゼンチン映画には、ルイス・オルテガ監督の永遠に僕のものや、チノ・ダリンが出演する明日に向かって笑え!、MONOS 猿と呼ばれし者たちなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

永遠に僕のもの

上映日:

2019年08月16日

製作国:

上映時間:

118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

美しさは狂気を隠す カルリートスは学校でラモンと出会い、彼の家族とともに犯罪に手を染めていく。侵入、窃盗、そして殺人…

>>続きを読む

2018年公開 アルゼンチン・スペイン映画 ペドロ・アルモドバル監督プロデュース ルイス・オルテガ監督作品 この映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Fan's Voiceオンライン試写会にて視聴。 金融危機で騙されてお金をぶんどられた農協団体がなんとかお金を取り返そ…

>>続きを読む

オンライン試写にて一足先に鑑賞。 アルゼンチン🇦🇷映画観たのはおそらく本作が2本目。 2001年の債務不履行で金融危…

>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち

上映日:

2021年10月

製作国:

上映時間:

102分
4.0

あらすじ

南米の山岳地帯で暮らす「猿」と呼ばれる8人の少年少女たち。彼らの生活は、一見、夏のキャンプのようにも見えるが、ゲリラ組織の軍曹の監視下にある。彼らの役割は人質になっている米国人女性を監視し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

コロンビアの新鋭アレハンドロ・ランデスが監督作品。 南米の山岳地帯、世間から隔絶された高地キャンプ地で1人のアメリカ人…

>>続きを読む

[山頂とジャングルの『蝿の王』] 40点 雲を見下ろすようなコロンビアの山奥の絶景を背景に"猿"と呼ばれる七人の少年…

>>続きを読む

テリファイド

上映日:

2019年01月11日

製作国:

上映時間:

87分

ジャンル:

3.1

あらすじ

世界中のファンタスティック映画祭を熱狂させた新感覚ホラーが日本に上陸!早くもハリウッドでリメイク化が決定!一度観たら強烈に脳裏に残るシーンが続出!鑑賞するのではなく、体感するニュー・ホラー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだコイツーーーーー!!! めっちゃいいやん、、、 ワクワクしちゃった! ちょっと鼻から喉出るんじゃないかってく…

>>続きを読む

フォローさせて頂いている方のコメントで、怖くはないけど面白いという事でずっと気になっていました。 噛み合わない台詞と…

>>続きを読む

ドッペルゲンガー

製作国:

上映時間:

6分
2.9

あらすじ

友達とテーブルを囲み、酒を楽しむひととき。インストールしたてのスマホアプリを自慢し合っては、デジタル時代の変化を満喫していた。ところがそこにドッペルゲンガーが紛れていた。

おすすめの感想・評価

【使われてるのは・・・】 ちょっと前に、笑えるような、でもちょっぴりゾッとするような体験をした。 職場の休憩室でちょ…

>>続きを読む

水曜日の朝10時、起き抜けにベッドに座って鑑賞 朝一に受けた松坂大輔引退の一報……いろんな人の色んな思い出を見てたらエ…

>>続きを読む

2人のローマ教皇

上映日:

2019年12月13日

製作国:

上映時間:

125分
4.0

あらすじ

名優アンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライスを主演に迎え、カトリック教会における歴史的転換点の裏側を描き出す。フェルナンド・メイレレス監督作。

おすすめの感想・評価

やっぱ宗教色強めなのかな〜知識が無いと難しいかな〜と思ってたけど全然大丈夫だった。日本でも評判が良いだけのことはある。…

>>続きを読む

神の声より君の声 保守と改革、正反対の性質を持つ二人のシンプルな会話劇ながら監督がフェルナンド・メイレレスだからか撮…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

未見『シークレット・アイズ』のオリジナル 終身刑。 おぉ。。。 そうくるか!なオチには久しぶりにゾワゾワしました☆…

>>続きを読む

脚本うまいなあ。 どんでんとかじゃなく、東野圭吾さんのような織りなすタイプ。 アカデミー外国語作品賞もなるほど‼️の一…

>>続きを読む

家へ帰ろう

上映日:

2018年12月22日

製作国:

上映時間:

93分
3.8

あらすじ

ブエノスアイレスに住む 88 歳の仕立屋アブラハムは、ブエノスアイレスからマドリッド、パリを経由して、ポーランドに住む 70年以上会っていない親友に最後に仕立てたスーツを届けに行く旅に出る…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

よく知らずにスカパーの無料放送を録画したので アルゼンチンの偏屈爺さんの家族の物語かなんかかな? と思って観ていたら、…

>>続きを読む

元々が涙腺弱々なので、最近は歳もとって号泣必至。 ジジイが可愛げなさすぎて、と、思っていたけど、気づいたらジジイを全…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブエノスアイレスのオリンダ(リタ・コルテス)のレストランに青年ペーター(アドリアン・ウィツキー)がやってくる。ペーター…

>>続きを読む

ブエノスアイレスの小さなレストランを舞台に、レストランの女主人である一人の中年女性がドイツ人青年との出会いをきっかけに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

♪ キスをして3つ数えろ   時計仕掛けの夜が始まる 全身に塗られたニトログリセリンッ! 肌の上で弾けて踊る汗がエロ…

>>続きを読む

元カノ未練タラタラ男vsヨボヨボじーさん! いやぁコレだけで既に熱い!実に熱い映画ですな! ほんとボグリアーノはマニ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『孤独は人を貧しくさせる』 と語る元ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏の孤独、そして仲間との壮絶な12年間を描いた作品。…

>>続きを読む

ウルグアイの軍事政権下で人質となった三人を描く。解放後はそれぞれ活躍し、一人は大統領にまでなったけれど、人質となった1…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほんのりチリのフェミニズム風味が混在する、カルト集団で育った少女の成長譚というか気づきの物語というか。 12歳のタマ…

>>続きを読む

感想川柳「偽物は 世間に出れば ボロが出る」 レンタル店でパッケージ借りでした。。(。_。)φ 12歳の少女タマラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジャケ写に惹かれて鑑賞。 それにしてもジャケ写が秀逸! そして想像よりめちゃめちゃ素敵なロードムービー。 無駄なBGM…

>>続きを読む

長距離トラック運転手ルベンは上司の頼みで、パラグアイからブエノスアイレスまで、シングルマザーのハシンタとその赤ん坊の娘…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

#twcn アルゼンチンの法廷供述のシーン、定義が難しすぎて全然わからなかった。 そもそも時系列シャッフル映画だと…

>>続きを読む

2つの事件の裁判が時間軸をズラして描かれるという変則的な法廷ドラマである本作は、事件の全容は観客には提示されず、息子が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めちゃ良かった。 植民地支配とお役人仕事の両義的不条理に、官能的でユニークな色彩と音の息遣い。 土地に留められる魚の話…

>>続きを読む

エンド・オブ・トンネル

上映日:

2017年01月28日

製作国:

上映時間:

120分
3.5

あらすじ

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

事故で妻子を失い、車椅子生活になった男ホアキン。生活費のため家の2階をストリッパーのベルタとその娘に貸し、二人との交流…

>>続きを読む

なんだかんだ楽しめた 考察がやばい! 真正直な展開は読めたし、分かりやすかったけど まさかまさかの凄い考察を考えて…

>>続きを読む

108時間

上映日:

2019年04月19日

製作国:

上映時間:

107分

ジャンル:

2.7

あらすじ

ある劇団が新作舞台の準備として、今は廃屋となっている精神病棟を使うことに。 その舞台は昔の前衛的な演劇グループが創作したもので、108時間眠らずにいた女性の悲劇のストーリー。台本はある…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

(ネタバレ一切なし) この映画に対する持論等はブログに記載しております。 https://pottereiga.com…

>>続きを読む

108時間眠らずにいた女性の悲劇を描いた舞台の主人公を演じる為に、演出家の命によって、自身も108時間眠らずに過ごすと…

>>続きを読む

彷徨える河

上映日:

2016年10月29日

製作国:

上映時間:

115分
3.8

あらすじ

アマゾン流域の奥深いジャングル。侵略者によって滅ぼされ た先住民族唯一の生き残りとして、他者と交わることなく孤独に生き ているシャーマンのカラマカテ。ある日、彼を頼って、重篤な病に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「彷徨える河」 〜最初に一言、傑作。私が2010年から2019年の10年間で選んだベストテン暫定(惜しくも外野になっ…

>>続きを読む

コロンビアの俊英 シーロ・ゲーラ監督作品 20世紀初頭の白人探検家の手記をモチーフに、アマゾン流域の先住民文化を描い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2021年6月3日 『朝食、昼食、そして夕食』          2010年スペイン・アルゼンチン製作 監督、ホル…

>>続きを読む

ん〜これは観てよかった、大好き💕 4回訪ねたスペイン🇪🇸の料理🥘🥓🦐🐟が懐かしく食べたくなった🤤 原題『18comi…

>>続きを読む
>|