まおう

ヘイト・ユー・ギブのまおうのレビュー・感想・評価

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)
4.0
アメリカのベストセラーYA小説原作の今尚アメリカに色濃く残る人種差別とそれを取り囲む憎悪と暴力の連鎖を描くヒューマンドラマ。
【あらすじ】
アフリカ系の貧困層が多く住む地域に住みながら、大学に進学させたい親の希望で白人富裕層の子供が多く通う名門私立高校に通うヒロインのアフリカ系少女。
彼女は差別を恐れ、貧困層出身である事を周りに隠しながら白人社会に溶け込む為、学校では服装も喋り方も変え自分を殺しまるで二重生活を送るように日々を過ごしていた。
しかしある夜、幼なじみのアフリカ系少年が不当な職務質問の最中に白人警官に一方的に射殺されるのを目撃する。
白人警官が丸腰の少年を殺したにも関わらずメディアは白人警官を擁護し少年を貶めるような報道を続け、貧困層のアフリカ系住民らによるデモが激化する中、事件の唯一の目撃者となった少女は選択を迫られる…。
【感想】
現代の人種差別の現実を取り上げたシリアスで重厚な大人向けのテーマを高校生の少女の視点から非常に上手く描いた傑作。
お金持ちの通う名門校に通うことになった庶民のヒロインが…という日本の少女漫画にもありがちな設定にアメリカのアフリカ系少女を主人公に据えるとこんなにも恐ろしい世界が広がるのかと身震いする。
平和に生きる為に黒人でも白人でもない立ち位置でいることを強いられるヒロイン、当事者の意志を無視して暴走するデモ、マジョリティーがマイノリティーの気持ちを代弁する危うさ、過去から続くヘイトの連鎖の行き着く先…様々な差別問題の被害者と加害者双方が抱える問題を浮き彫りにし、わかりやすく噛み砕き、解決法を導く脚本が見事。