qudan

岬の兄妹のqudanのレビュー・感想・評価

岬の兄妹(2018年製作の映画)
4.5
物語はひたすらマイナスに突き進んで行くが、時折プラスに転じるというか、不幸と幸福が背中合わせになっているのが興味深い。

今まで閉じ込められていた妹が売春することによって外の世界に出て、多くの人たちと接点を持つ、その物語構造がまぁ強い。

妹の気持ちはわずかにしか分からないのでお兄ちゃん目線で見るわけだが、妹への愛憎ないまぜの人間味ある感情がそこかしこに表現されている。

売春先で出会う人々もキャラクターとそのバックボーンが良い。特に小人症の彼とのくだりは良い。

話自体はシンプルっちゃあシンプルだけど、なんとも言えない感情にさせてくれる作品。