中庭

恋するふたりの中庭のレビュー・感想・評価

恋するふたり(2018年製作の映画)
3.8
一般的な映画美学とは少し別の場所で戦い続けたであろう染谷俊之という俳優の強固な顔つきと身ぶりの歴史を、あどけない少女が揺さぶり、突き崩していくという脱構築的な狙いがまずあるとしたら、この映画の物語はそのかけ合いに非常にマッチして広がりを見せる素晴らしいものであったように思う。高速道路を背景にした土手でのきわどい追いかけっこは、意味を欠いた純然な戯れであるからこそあれほど胸を打つし、ラブストーリーの手前で踏み止まる二人の口論はどれもバディものの魅力に満ちていて、活き活きとしていた。道を間違えたレンタカーが三叉路で立ち往生しているフィックス・ショットや、屋根の上に置かれたペットボトルの水の揺れから受け取れるものなど、印象的な画も多く楽しんだ。