ざっきー

ノーマーク爆牌党のざっきーのレビュー・感想・評価

ノーマーク爆牌党(2018年製作の映画)
2.7
往年の傑作麻雀マンガの映画化。もう少し、原作のもつ理論的な部分と、それからギャグ風味とを出して欲しかったな。(当大介が男前過ぎて違和感。)爆牌を打つ瞬間の効果はオモシロい。関係ないけど、鉄壁保役の矢本悠馬が知り合い(女性)に似過ぎてこわい(笑)#eiga