ざっきーさんの映画レビュー・感想・評価

ざっきー

ざっきー

映画(43)
ドラマ(0)

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

変なお話しだったなあ。
主人公の悪戦苦闘と、ラドクリフ君の怪演(?〕で、まあ楽しめた。
最後の、純愛が見方によってはキモチワルいものとして扱われる、いたたまれなさがイヤな感じで、よい。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.1

打ち上げから月面着陸までの、リアルな特殊効果による映像が、ストーリーに説得力をもたせている。
デイミアン・チャゼル監督作って、どれも最後までのタメと最後のハジけ具合が、気持ちいい。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと長く感じたけど、娯楽アクションとして、とても良かったよー。
色々なメカの海洋生物的デザインが秀逸。
シチリア島での逃走&バトルのシークエンスが最高!

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良いと言えば良いのだけど、ディスティ・ノヴァの出番がほぼ無かったのが、不満。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ハードなシーンもあったけど、思ったより、ハートウォーミングな映画でした。
イーストウッドの泣きそうな表情が印象的。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

デコボココンビの珍道中。お互い、絶対譲れない所と、お互いを敬う所と。
終盤の酒場でのライブが最高。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.9

かなり面白かった。アクションもストーリーもちゃんとしていて、普通に面白い。女性クルー役のルビー・ローズがカッコイイ、男前!

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

意外と面白かった。敵モンスターの迫り具合やキチキチキチという関節音が、マジ怖い。田舎の農場という舞台がよい雰囲気。ストーリー的には、あまりにムチャだと思うけど、それが気にならず、ノれました。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

テレビCMの「パパ、飛びま〜す」でお馴染み。
次々と襲いかかるピンチに屈せず、ド根性で立ち向かい解決していく主人公に引っ張られ、退屈しなかった。ただ、あるスイッチの場所があまりにピンチを招く為だけの設
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.6

ほぼ原作に忠実に作っているし、主役の無表情は役に合ってるでしょう。北川景子と柳楽優弥の演技がよかった。映画の終わらせドコロが難しい話ですな。

食べる女(2018年製作の映画)

2.9

面白いことは面白いんだけど、最終的にみんな全てうまくいき幸せになる、という感じが、少しお約束的でイマイチ。期待値、上げ過ぎたかも。
キョンキョンと鈴木京香は歳を取ったなあ、と感じたけど、よく考えたら、
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.8

ドロドロヒューマンストーリーマンガの映画化。原作もそうだったけど、いろいろ心が抉られる。イヤな感じ(イイ意味で。)主役の安田顕も良いけど、やはり伊勢谷友介の悪役がとても良かった。どんな役をやっても、さ>>続きを読む

ノーマーク爆牌党(2018年製作の映画)

2.7

往年の傑作麻雀マンガの映画化。もう少し、原作のもつ理論的な部分と、それからギャグ風味とを出して欲しかったな。(当大介が男前過ぎて違和感。)爆牌を打つ瞬間の効果はオモシロい。関係ないけど、鉄壁保役の矢本>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.5

4回泣けますと言われている映画、泣かなかったけれど、2回ジワリときました。いい奴ばかりて、悪人のいない世界の映画は、今ひとつ盛り上がらないなあ。でも、ラストのタイムパラドックス的な展開は好感、そして有>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.0

良くなかった。プレデターが前に出過ぎ。やっぱり、第1作の隠密感が良かったよね。あと、AVP1作目も良かった。その他はいただけない。でも新作が出ると観てしまうのです。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

日本の誇るあの傑作マンガとの類似点があまりに多くて驚いた。大味な「寄生獣」といった印象。映像としての、ヴェノムのオドロオドロらしさ、凶々しさ、気色悪さはすごく良いけど、ただ予告編で見ちゃってるしね。#>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

2.9

「ヒッチコックとリンチを融合させた悪魔版ラ・ラ・ランド」は正にそんな感じだけど、何やらホドロフスキー風味も。雰囲気はいいがストーリーが散漫、もっとライド感が欲しかった。変な映画でした。
(なぜかウィキ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

これはオモシロかった。全編PC画面の中という異色作。ネット上で娘を探し続け、自分の知らない娘の姿がどんどん出てくる、その父親の気持ちに引っ張られてストーリーが進んでいくライド感がよい。あと、導入部の最>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作とはまた別のひりつく感じが良し。「最後のジェダイ」ぷりのベニチオ・デル・トロ、渋い、渋すぎる。無口なおっさんと少女の組合せは「レオン」「トゥルーグリット」「LOGAN ローガン」にも少し通じるかも>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.7

前半は割とリアルな感じで乗れたけど、後半は何だかなあ、、。北川景子は相変わらずイイなあ。

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.4

面白かったのですが、元のテレビ版を観てないので、多少、置いてきぼり。特に名取とその一派は素晴らしくカッコイイけど、背景をよく知ってから観たかったかな。

(2018年製作の映画)

3.5

まあまあ面白かったです。リリー・フランキーの刑事役の胡散臭さが非常にヨカった。主演の村上虹郎も味がある。設定とか昂りとかは、狩撫麻礼×松本大洋マンガ「リボルバー」を想い起こさせました。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

評判はよくなかったけど、自分的には面白かったですよ。ブリキの兵隊とマザー・ジンジャーの巨大ロボが悪夢的な無機質さで襲いかかってきて、いい意味でキモかったです。
ただ、「モーガン・フリーマン、だしときゃ
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラストの闘いの舞台設定(ハリケーンが襲う住民避難後の無人の街〕が好き。主人公デンゼル・ワシントンの一本筋が通った精神性が好き。
終盤、正義を貫くデンゼルワシントンに、その正義の矛盾を訴える敵役、それを
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

子供から老人まで、役者陣が皆よかった!特に取り調べ室の安藤サクラの演技には震えました!最高!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

トム・クルーズ、頑張り過ぎw。最後の最後まで最高のアクションが用意されていて、サービス精神旺盛。素晴らしい。

>|