K

記憶にございません!のKのネタバレレビュー・内容・結末

記憶にございません!(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。笑える映画。
総理大臣が記憶をなくして、とてもいい人に生まれ変わるという話だったが、前の態度が悪すぎて何をしても周りから嘘だと思われてしまう、そんなことは日常生活でもあることだと思う。
人は生まれ変われる。
それを面白く描いていて、心も晴れやかになった。
三谷さんの作品はやはりいい。