ゆっけ

長いお別れのゆっけのレビュー・感想・評価

長いお別れ(2019年製作の映画)
5.0
ぎゅーっとしたくなるほど愛おしい映画。

『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督最新作。オリジナルではなく、中島京子さんの原作小説があるのですが、前作と同じく、何度も何度も笑えて泣かせるー。過去とつながる、日常のちょっとした"優しさ"が、感動の秘密。

認知症を患い、少しずつ家族のことも忘れていくお父さん。それを見守るお母さんや娘二人、その孫。それぞれ、人生において悩んで生きているのですが、お父さんの存在自体が何かの障害になるのではなく、支えになっていくんですよね。

もちろん、認知症になった方の家族がどれだけ大変かということも描かれているし、綺麗事で終わるわけではないのですが、辛い話なのではなく、自然な笑いがあふれる家族の映画でした。

本当に愛おしくて、ずっと観ていたかったです。

『湯を沸かす〜』もそうだったんですが、出てくる人たちみんないい。
特に、お母さんが可愛すぎて可愛すぎてやばいです。はじめのハロー、バーイから、下をずっと見るあのシーンまで。

そして、一つ一つのシーンに意味が出てくるのが良いんです。特に、「立派だ」というシーン、電車でのシーン、誕生日の帽子のシーン大好き。

素敵な家族のかたち。観終わったあと、幸せな気持ちになりました。