長いお別れの作品情報・感想・評価・動画配信

長いお別れ2019年製作の映画)

上映日:2019年05月31日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「長いお別れ」に投稿された感想・評価

Wakano

Wakanoの感想・評価

-
遠く遠く行っちゃうのねぇ。

お母さんが可愛くって
愛情が深くて、素敵やったなぁ
山崎努は本当に凄い役者だと思う。認知症老人のボケていき方、姿勢、全てに説得力があった。

〈あらすじ〉
2007年、父・昇平(山崎努)の70歳の誕生日パーティーで久々にアメリカから帰省した長女の麻里(竹内結子)と次女の芙美(蒼井優)は、厳格な父が認知症になったことを母から知らされる。2009年、芙美はワゴン車でランチ販売をしていたが、売り上げは伸びなかった。麻里は夏休みを利用し、息子の崇と一緒に実家へ戻ってくる。昇平の認知症は進行していて、「帰る」と言って家を出る頻度が高くなっていた。ある日、いなくなった父を捜しに出かけると、妹の芙美の中学時代の同級生(中村倫也)と一緒にいた。
山崎努さん本当すごいおじいちゃんだ…。
キャストが素晴らしい。
こんな夫婦になりたいよねぇ。

蒼井優ちゃんの良さがめちゃくちゃ分かった。

良作だと思います。
最後はもうちょっと違う感じがよかったなぁ。
認知症になった
お父さんと
それを取りまく
家族の話し。

母の松原智恵子の
認知症になった
旦那に変わらず
深い愛だったり

不器用な旦那への
憤りが募る竹内結子の
歯痒い愛だったり

蒼井優の
上手くいかない
愛だったりと

愛がテーマ!

遊園地のシーンは
1番グッと来たし

母の入院中に
父の病室に向かった
シーンもグッと来た!

ネットでの竹内結子と
喋らない父との回線で
竹内結子が寝落ちで
息子とお爺とのやり取りも
真は腐ってなくて安心出来た!

素朴な作品。
tamita3

tamita3の感想・評価

3.8
認知症を患った老人とその家族の物語。

優しい気持ちになれる作品。
い

いの感想・評価

4.7
お盆にテレビで流れてるのを観ました。今日、実家から帰ってきたところでした。個人的な話ですが、うちの家は貧乏で古い家で、母は父の悪口ばかり言います。父は今年71でまだまだ元気ですが、悪態をついてばかりです。帰っても居心地のよくない家もあるんです。先祖に手を合わせこそしますが、家族のこと、ずっと好きじゃありませんでした。映画を観ても、こんなに美しいものだとは思えません。それは私の経験からです。でも、こんなふうになりたい、という、希望ではありました。お母さん、悪口ばかり言わないで。お父さんと仲良くして。お父さんもお母さんのこと愛して。せっかく一緒にいるんだから助けあって、たまに笑っていて。生きているんだから楽しく過ごしていて。そういう、当たり前なことで、観終わったあとも、胸がギュッとなります。
meee

meeeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

豪華俳優陣!

毎日介護をする人は、距離が近ければ近いだけこんなに冷静でいられない。心の余裕は映画の姿よりもっとないと思うし、日々なにかに追われヒヤヒヤする気持ちだと思う。もっと家族と意見がぶつかるし、正解を探す道も見失ってしまったり。
病気している本人もどんどんモヤがかかるような状況をこんなに綺麗に認めていくことも難しいはず。もっともどかしさがあるはず。
環境整いすぎではないか?と思った。

4人で家族になっていて、誰も覚えていない時間がお父さんには大切な家族の時間になっていたことにとても感動した。

お父さんにとっては、娘もとても大切なんだけど、お母さんが1番の理解者なんだよなぁ。夫婦ってすごいなぁ。子どもの知りえぬ、言わないだけで踏み込めない領域が確かにあるんだよなぁ。

東家はどこにでも居そうだけど、とても立派で家族思いの愛に溢れた素敵な家族。なかなかいないんじゃないかな。
それぞれ壁にぶつかる葛藤する姿はあったけど、誰も誰のことも責めてなくてすごくよかった!!

感情移入しちゃって会いたくなる映画。

寝る前△
色々考えちゃう。会いたくなっちゃう。
家族4人の演技が素晴らしい。やっぱり有名な俳優さんってすごいんだな。監督も有名な人なんだね。タカシと漢字マスターがリモートで挨拶するシーンが好き。あとやっぱりメリーゴーランドのところも。随所で泣ける。ロンググッバイ。素敵な映画だな〜
RPRA

RPRAの感想・評価

4.4
避けられない罰。
ただただ悲しい。
無力感。
わかるけど、わからない。
なんで?
どうして?

あ〜あ〜あ〜🤯🫠😫
泣けますね(´;ω;`)

邦画が好きで良かった。

配役も素晴らしいです。

親、家族に会おうと思いました。
>|

あなたにおすすめの記事