ふぉう

リンドグレーンのふぉうのレビュー・感想・評価

リンドグレーン(2018年製作の映画)
3.8
ロッタちゃんが大好きで、気になったのでみてみた。内容としては、彼女の少し壮絶な人生の部分であり、どのように作家になったのかという部分は描かれていない。そのため、見終わったときには、少し気持ちがどんよりしてしまった。
少し期待をしていた分、ああああと思う部分があったが、これが人生なんだなと感じた。