タンドリー忍

僕のいない学校のタンドリー忍のレビュー・感想・評価

僕のいない学校(2018年製作の映画)
-
自主映画を撮り始めた頃の懐かしさと、これから待ち受ける世知辛さ、ままならなさ、が交互に押し寄せてくる。
画が変にプロっぽすぎたりアートっぽかったりなどせず、質の高い自主映画という感じなのが、さらにその感を増幅させる。
題材に非常に真摯に誠実に向き合った結果のアンチカタルシスなストーリーなのだと思いました。