Vocalise

パラサイト 半地下の家族のVocaliseのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.2
今年の映画初めを今日と決めていたので、観てきました。これでいいかなと不安もあったのですが、“映画を見た!”という満足感のある帰りとなりました。

観賞中に頭を過った『万引き家族』もそうでしたが、よくこんなことを思い付くなという展開や細工…予備知識ゼロで見て本当に楽しめました。
一見安直だったり大袈裟なような場面もすべて必要だっと思える完成度だったと思います。

軽やかな笑いから、次第に一筋縄ではいかない苦い笑いに変わっていきました…キャストも見ている自分も。そう転じていくきっかけははきっきりしているのですが、それがなんのてらいもなくスムースで、なのに確実に自分の気持ちも表情も変えさせられたのはしてやられたという感じです。

韓国の格差問題は表面的にしか知りませんが、それでもこの作品が伝えてくるもの揺さぶってくる感情は押し付けがましい一元的なものではないところがよかったです。

リビングの窓が画角と合っているのがとても洒落ていて皮肉めいていてすごく気に入りました。
比喩や暗喩がうまく組み込まれていたのも好みでした。

エンディングの切なさと表現法は、スパイク・リー監督の『25時』と非常に濃く重なりました。