Yuki

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビューのYukiのネタバレレビュー・内容・結末

3.4

このレビューはネタバレを含みます

モリーとエイミーがお互いのことを褒めまくるシーンはすごい好き。「私最高、あなたも最高」が体現されていた。
人気者の像がこれまでの作品と違うのもよかった。

けど、現実ではない異世界の話のようだった。理想が詰められているというか。
例えばモリーとエイミーがニックのパーティーに行くシーン、他の作品だったら「なんかあの2人が来てるんだけど笑」って周りの子がヒソヒソみたいな展開になりがちだと思う。そしてそれが、現実に近いんじゃないか、少なくともそういうネガティブな要素がほぼないのは現実から遠いのではないかと思った。アメリカの典型的な青春作品の型に私の頭がハマっちゃってるだけかな。
異世界の話として見たならすんなり受け入れられたけど、現実世界に近いものとしてみたから、なんか違和感があった。
いろんなパーソナリティーの人が当たり前に存在してるのはもちろん素敵なことだけど、なんだろうなぁぁこの違和感。優しい世界すぎる、かな。

あと、冒頭にRBGの写真が出てきたのが印象に残った。日本ではつい最近話題になってるけど、アメリカのフェミニストの間では本当にキーパーソンだったんだなと。