EDDIE

パラダイス・ネクストのEDDIEのレビュー・感想・評価

パラダイス・ネクスト(2019年製作の映画)
3.4
楽園とは?秘密と問題を抱える島と牧野の交錯。相容れない2人に芽生えたものとは。

いやはや深いですねぇ。このタイプの作品を手放しで「傑作!」って言えるほどリテラシーを上げたいところですが、想像力に頼る部分も多く、今の自分のレベルではスコアもこんな感じです(笑)
ただまったく飽きがこなかった!

島を演じる豊川悦司は口数少ないし、喋ってもひと言ふた言。何を考えているかはわかりませんが、とにかく芯の強い人。
対する牧野は妻夫木聡が演じますが、島とは対極的でとにかくお喋り。だけど、底が知れない。芯の強い島はまだいいですが、この牧野はもっと何を考えているかわかりません。妻夫木くん適役だと思います。
あの屈託のない笑顔、だけど時折1人の時に見せる闇のある表情。
この2人の演技を見るだけでも観る価値ありますね。

そして、2人が旅の途中で出会う少女シャオエン。台湾女優のニッキー・シエが演じます。彼女の登場が起承転結でいう「転」の部分で、それでいて凄く魅力的。
だからこそ彼女の迎える運命があまりにもツラく、突然すぎて整理しきれない中で、物語がクライマックスに向かっていきます。

それにしても本作は音楽との調和がよく、バランスのとれた作品でした。
音楽は坂本龍一が担当したとのことでしたが、全体的にセリフで説明しすぎない脚本構成で、それをいい感じに音楽が補完してました。

ラストシーンはなぜか映画パピヨンを思い起こさせられましたが、島の起こしたアクションがまた深く、色々と考えさせられました。きっとこれは私の中でスルメ映画。噛めば噛むほど味わい深い作品になりそうです。また観たい。