もえ

パラダイス・ネクストのもえのレビュー・感想・評価

パラダイス・ネクスト(2019年製作の映画)
3.5
映画館で観て良かった。
映像と、音と、演技で濃厚に表現されたサスペンス映画でした。特に印象に残ったのは音。屋台の調理器具を動かす音、嵐の時の波のざわめき、車の屋根に落ちる雨粒の音など、さまざまなノイズで不安や緊張を表現していて程よく耳障り、じっとスクリーンを見つめざるを得なかったです。これは映画館で観た方が繊細に感じられるはず。

映像も魅力溢れてました。ものすごくタイプでした。色温度が低めの映像に、台湾の雑多な裏路地や繁華街のカラフルな景色や、煌びやかな建造物の赤色が映えていて、観ているだけで楽しかったです。カメラワークもどストライク。比較的長めのカットが多く、リアルな時間の流れを感じました。観ながら考える時間がたっぷりあってよかった。

「今がある、それだけでいいじゃない」という言葉を噛みしめる島(シマ)の背中を見て、私もいろいろと考えさせられました。

巡り会った3人が文字通り「逃避行」しているシーンに流れる坂本龍一さんの音楽がまた、絶妙に心の奥の不安感を表現していて、幻想の中にいるような場面を生み出していました。

そして妻夫木聡さんの表情の演技にはいつも驚かされます…。身体に宿る闇を外に滲み出させる演技が本当に上手です。

一つひっかかったのは。
牧野と島(シマ)がその事件に関与するに至る経緯が全く描かれていなかったこと…。牧野が隠していることは早々にみなさん分かってしまうと思うのですが、「なんでそれをしたの?」という疑問が残ってしまったのが残念でした。

でも素敵な芸術作品を観ることができてよかったです。台湾行ってみたいな。