みっちょむ

1917 命をかけた伝令のみっちょむのネタバレレビュー・内容・結末

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に命をかけすぎていて、人の命の尊さに対して戦争する事の虚しさが伝わってきた。
映画として見どころ作りがとても上手で、戦火の街を逃げ惑うシーンはまるでゲームのような動きでハラハラドキドキ。
濁流から逃れた後、川に漂う姿はミレーのオフィーリアのように美しく静か。メリハリがあってどのシーンも印象に残る。
英国の兵士が軽口を叩きあいながらお互いを思いやったり、上官もフレンドリーなところが人間的でよかった。日本だともっと息苦しいシーンになっただろうな。
撮影隊も主人公も頑張った、アカデミー賞ものだ。
深いメッセージというより、現実を捉えた秀作だった。