1917 命をかけた伝令のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿されたネタバレ・内容・結末

舞台は1917年、第一次世界大戦。
若きイギリス人兵士、ブレイクとスコフィールドには、敵地を通って前線にいる味方にメッセージ伝えるという重要かつ非常に危険な任務が与えられた。任務を遂行し、大勢の味方の命を救うことができるのか…


擬似ワンカット撮影ということだが、逆にそれを感じさせないほど自然で、臨場感・没入感が凄かった。屋内の探索は見ているこっちが緊張した。主役は無名だがチョイ役のお偉いさんたちが有名人で脇を固めていてよかった。
おもしろかったです!
全編ワンカットにする必要があるのかな、とか思ってたんですけど、こんなにもマッチするとは!
主人公目線でめちゃくちゃ緊張感あるんですよね!カメラの切り替わりとかがあると、意外と物語の区切りがわかっちゃうから無意識に気持ちのオンオフをしてるんだなぁって逆に思い知らされました。その点この映画はいつ何が起こるかわからない緊張間がずーーっと続いてて怖かったです。

どちらかというとフューリーやプライベートライアンといった泥臭さよりもハクソー・リッジやダンケルクのような象徴性というか、うまく言葉にできないんですがヒーロー映画っぽい感じというかそういった感じが強いなと思いました。

そのため戦争の悲痛さや不毛さというよりも、見やすいあっさりとした(なんか不謹慎に聞こえそうですが)感じを受けました。戦争映画にどういうものを求めるかは人それぞれですが、最近のハリウッド戦争映画はこういった映画の傾向が強くなっている気はします。

正直ダンケルク並みにあっさりしてしまうとあまり好きではないのですが、この1917はそこまでにはならずにちょうど良いバランスでした。しかしプライベートライアンほどは見終わった後の余韻が残ることはなく、一抹の物足りなさを感じるのも事実ですが。

途中の癒しの赤子のシーンや歌を聴くシーン、最後砲弾の中を走るシーン、ラストシーンなどはリアル性が薄れる分宗教的な超越性、幻想性を感じさせる描写で、戦争の悲痛さというよりもあっさりとしたヒーロー像を感じさせるものでした。少しやり過ぎ感は感じましたが、嫌いではなかったです。
臨場感すごい、編集なしレベル
カメラワーク
なんやかんや使命は果たせたのか
根性
ワンカットで撮影しているのが売り?なんだと思うこの映画は、内容や映像に誇張とかが少ないリアルな戦場を映しているんだろうなと思いました。

歩兵目線で、戦場での1日を後ろからついて行ってるような感覚になる映像で、敵兵がいるかもしれないっていう中歩き続ける緊張感とかがリアリティがあって良かったです。

ストーリー的には序盤にお前死ぬんか!?となる所が見どころでした。あとは終始頑張って〜😱って感じのテンションでみてました。

敵の罠だから突撃するな!を伝えるために2人を敵がいるかもしれない環境に送り出す。そもそもこの作戦はもうちょっと成功率を上げることを考えた方がいいだろ。と突っ込まざるを得ないのがオモシロポイントでした。
命をかけた伝令は攻撃中止についてもあるけれども、自分の命を救ってくれたブレイクの意思を継ぐためでもあったのかもしれない。
臨場感は戦争映画において不可欠なもの。
これは、劇場で観たかった映画だ〜、。
この内容を一発で撮ろうとするのは頭がおかしいとしか考えられない。
一発撮りだから映画の中の時間経過と現実の時間経過が一緒になる。これによる臨場感がえげつない。
最近観ました
20'9月16日(水)まとめて備忘録

ワンカット風な演出コンセプト観る前からとても楽しみでした!😌

ほぼ無名の俳優さんを起用してあるのですが、彼らの演技もよい意味で素人感が残っておりリアルでした。

途中CG噛み合ってない?これは明らかに狙いにいっているよね(少し大げさでは)なシーンがあり 少し冷めてしまいそうになりました。 が全体的にはgoodです。(辛口失礼)
ワンカット長回しによりじわじわと迫る静から動へ、安全域から危険域への緊張感がすごい。これはゼログラビティの冒頭でもすごく感じたこと。
移動を伴うワンカット撮影は背景も緻密に設定されているので移動しているシーンだけでも間が持つ、成立するので新しい命令を前線に伝えに行く、それだけの話なんだが2時間見応えのある映画になっているという、お見事です。
戦争映画はけっこう観てきたが、本作品はこれといった戦闘シーンもなく伝令を伝えて作戦を成し遂げるまでにそんなにドラマ的要素を感じなかった。戦闘シーンだけが戦争映画じゃないとわかっているが、ただ本作品は『魅せる』を意識しすぎて内容が薄い気がした。
第一次世界大戦中のヨーロッパが舞台。イギリス陸軍はドイツ軍の戦線後退が罠だと看破したものの、ドイツ軍に電話回線を切られてしまい最前線の連合軍に罠の存在を伝えることができない。陸軍将校は攻撃中止の伝令を二人の青年将校に託すのだが......という話。

最前線に向かう兵士の1日をワンカットのように撮影している。監督は「007 スカイフォール」などで知られるサム メンデス。彼の祖父の従軍時のエピソードが作品に反映されているらしい。

映像の迫力と美しさに圧倒される作品。
序盤は死体と汚泥にまみれる閑散とした戦場を敵襲に怯えつつ進む二人の兵士の姿を追う静かな展開なのだが、一方の兵士が戦死する前後から一気にダイナミックで緊迫感あふれる映像へとテンポアップし、そこから画面に釘づけとなる。
特に夜の街での戦闘シーンは暗闇の中、炎の明かりだけで街並みが顕になる演出となっていて幻想的ですらあった。最前線の緑広がる風景の雄大さを見せた後に本作最大の乱戦が始まるというメリハリの良さも絶妙だった。
主人公は多くの命を救った英雄であるはずなのに、任務の後に残るのは親友を失った心痛とこれからも続く戦争の虚しさというのも物悲しかった。それでも主人公が愛する者のもとに帰れることを示唆した終わり方なのは救いだった。

伝令の相手である大佐役がベネディクト・カンバーバッチなのはビックリ。
>|