Yuki

オフィシャル・シークレットのYukiのレビュー・感想・評価

3.7
実話。

2002年、「記者たち」でブッシュのゴリ押しで大量破壊兵器の保持を理由にイラク侵攻を始め、兵器は見つからないまま戦争を続ける。
兵器?そんなのどこ探してもないですよ?だから始めからずっーーと言ってるじゃないですか!兵器なんてないですってば!を政府が隠し続けて被害と犠牲者を増やすのを暴くお話。

2003年、本作では、特に決定打ないけど戦争やりたいからやっちゃうね☆国連で決議取ってないけどもう勝手に始めちゃうから私(アメリカ)を支持してねん。って英国に極秘情報を送ったのを英国側の秘密情報機関の正義感の強い女性が国民に向けてバラすってお話。さらには、なんかムカつくやつにバラされたしみんなからめっちゃめちゃ猛反対されてるけどそんなのほっとけばいいよねーwww私(イギリス)もやるやるー!って国民の意見ガン無視して戦争に参加する。

テネットの次に見たけどそれよりよっぽど置いてけぼりになりそうなスピード感と緊張感。

みんなの知ってる名前がバンバンでてきてるのにその誰一人も責任を取らずに、正義のために不正をしたただの国民をあの手この手で国家がイジメ。関係ない夫まで姑息な被害を受けて。

逮捕から起訴までも1年もかけて「すぐ不起訴じゃ見せしめにならないだろう?」って検察(国家側)。

不正に戦争を始めてる違法性を論点にしないためには不起訴以外の選択肢はないのに正義の為に秘密保持法を犯した彼女を苦しめ続けた陰鬱さ。

そのネチネチ鬱々の中で何度も色んな所からあなたは正しい事をした!と励まされてたのが救いだったけど戦争の犠牲者の数よ。。。。

オリンピック開催も国民と政府の超温度差だよね。みんななんかめっちゃ反対してるけどやるしwwwって言うブッシュ同じく政府の私物化ー


2003年のイギリスの法廷で昔の音楽家よろしくなクルクルパーマのカツラをみんなで被ってるのなんでなんよ。ってこの後ググろうと思います。法衣だけでよかろう。