Bell

世界一初恋 プロポーズ編のBellのレビュー・感想・評価

世界一初恋 プロポーズ編(2020年製作の映画)
4.5
気合を入れて、2月21日公開初日の朝一番の上映回で見てきました!!

原作は中村春菊さんのBLコミック『世界一初恋』。

中村春菊さんのBLは、実は、私が商BLにハマったキッカケの作品。

『純情ロマンチカ』も『世界一初恋』も大好きです。
『世界一初恋』は雑誌での連載1回目からずっと追っかけていました。
単行本もアニメも、前回の劇場版も、私にとっての宝物です。

という訳で、今回の『プロポーズ編』も、とても楽しみに映画館に足を運びました。


出版業界を舞台に繰り広げられるBL。

今回の映画では、高野さんと律っちゃん、羽鳥さんと千秋、雪名君と木佐さん、桐嶋さんと横澤さんの4カップルのショートストーリーが描かれます。

職場の結婚式に出席した彼らが、それぞれ、自分達の「結婚」を意識して、プロポーズめいた展開に(//▽//)・・・というお話。
指輪だったり、親との会話だったり、スーツの話だったり、将来の話だったり・・・4組のカップルが結婚に絡んだやりとりをしていく様子がタマりません~。

以前に単行本の特典についてた小冊子のミニストーリーの映画化でした。

なので、展開は知っていましたが、久しぶりに見る、動いて喋る律っちゃん達にドキドキしましたです。

もう、甘い甘い、た~っぷり甘いひとときで、見ている間も、見終わってからも、ニヤニヤが止まりませんでした。

とにかく甘い世界でしたよ~(//▽//)

コミックスで読むのももちろん大好きですが、アニメになると、より作品の世界が広がりますよね。

アニメなんだけど、もしかしたら、どこかに彼らが働いている世界があるのではないか?な~んてリアルに想えて来ちゃいます。

特に律っちゃん推しな私は、律っちゃん可愛い、可愛い、可愛い~(≧▽≦)と、律っちゃんの表情や台詞のひとつひとつにめっちゃ盛り上がっちゃいました。

アニメの1期、2期、そして劇場版から、もう随分と時間も経ちましたし、そろそろ、3期があって欲しいなぁと切に思います。


そうそう。
今回の映画ですが、料金一律1500円で、上映時間も約1時間という短い物。

映画本編30分と、事前の投票で人気のあったアニメエピソードの上映30分・・・という内容で構成されています。

この人気投票のアニメパートは、週ごとに変わって行くのかな?

私が行った第1週は雪名君と木佐さんのエピソードでした。

来場者特典が変わる第2週も行く予定なので、次は誰のエピソードになるのか楽しみです。



今の所、4週全部通えたらいいなぁと思っています。

そんな訳で、これからも通っちゃいます、『世界一初恋~プロポーズ編~』。

全力で応援!!