くう

MINAMATAーミナマターのくうのレビュー・感想・評価

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)
3.3
水俣病は義務教育を通った日本人ならば誰でも聞いたことだけはあるはずの公害病である。

「病」というよりも人災による犠牲者。被害者家族の怒りの大きさは映画を見る前から想像できる。しかし主人公のモデルの方の人生については存じ上げなかった。

なので、「水俣病についてはともかく、映画の中で主人公に与えられている苦難についてこそ訴えた方がいいのでは!??」と思ってしまった。

この時代だって日本は法治国家のはずだぞ、おい、と思いながら見ていた。後で案外史実だと知り2度ビックリ。

(というか、あれって本当に社員の仕業だったの?雇った輩がやらかしたのかと思っていた。史実と照らし合わせると何度もビックリするわ…)

ヒーローっぽさ全開で人災と闘うわけではなく、カメラと目線で史実を追って行くジョニーの佇まいが、いい感じに老けていて良い。外見キャラなり切り時代も終わったなと思ったけれど、ユージン・スミスの写真を見たらソックリだった…さすがとしか言えない。

「入浴する智子と母」の撮影シーンは実物の作品も映像に出て来て気高さに感動する。これを見たら世界の心は間違いなく動く。そう思える納得の1枚。撮影風景まで美しい。