くうさんの映画レビュー・感想・評価

くう

くう

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.0

えっ……あの傷ってバツ〇〇の証だったの……()

キレキレのアクションと色美しい絵作りは素晴らしく、いつまでも見ていたい。

しかしファイナルということでいっぱい召喚したゲストのおかげでツッコみどころ
>>続きを読む

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.6

全く事前情報はなく、ホラーだと思い込んで観に行ったら、メイヘムの歴史だった。現実はホラーよりも怖い。

よく「罰が当たるなんて嘘だから自由に生きなさい」みたいな説教ツイートを見るけれど、バチは当たるよ
>>続きを読む

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

2.9

中盤からツッコみが止まらないドラゲナイ。

最初の方は集中してハラハラ見ていたのだけれど中盤から、いやいやどうしてあんたはこの子の家を?とか、●●手配されてるはずなのになぜここに?とか、何より●●って
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.3

吉田大八監督だから、もっと苦い話になるのではないかと思っていたけれど、思っていたよりずっとエンタメ!ふつうーーにエンタメ!

面白かった。ゲラゲラ笑えるという意味ではなく、展開に目が離せなかった。めち
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

ノマド生活への憧れを持つ者は、この映画を見て自由の楽しさと厳しさを同時に知ればいいと思う。…と言ってしまうほどリアル。

寒さ熱さ排泄、期間労働の厳しさ…物語というよりもドキュメンタリーの趣。それでも
>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.0

ご近所の小さな事件を元スパイの妻が解決し、公安の夫が生温かく妻を監視するという、日常の中の異常が楽しかった連ドラから、突然のゴージャス設定な劇場版。

「ホタヒカ」といい日テレは楽しかった連ドラの記憶
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.1

オンライン試写。

結果、このウンディーネの「夫」はあっちだったの?

情念強すぎる人たちの現代版御伽噺。太古の神々は大抵恋が大好きで自分勝手で恐ろしい。

水と陸の分断と、ドイツの分断の歴史を絡めて
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

そうか…「ミナリとは、そういう意味だったのか。おばあちゃんが持ってナリ」とは、そういう意味だったのか。おばあちゃんが持ってきた種。水を呼ぶ物語。

アメリカンドリームを求めて海を渡る若き夫妻の間に初め
>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.1

日本のタイムスリップものとして頑張ったと思った。もう高校生には遠い高校生キャストのみなさんのトップアスリートっぷりが素晴らしい。

(結局、戦国だと濱田くんが持っていた武器が一番意外性があって強いのか
>>続きを読む

アウトポスト(2020年製作の映画)

3.8

マスクして観ていて、爆撃音が凄いので、「やめてやめて急いで急いで死なないで死なないで!」と口から出てしまっていたかも知れない。もう終盤はずっとそんな感じ。

2008年アフガニスタン紛争のキーティング
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

2.9

冒頭から暴れまくる竜也を見て「スクポリ…」と言ってしまったのは私だけではあるまい(私だけか)。

アクションに見応えはあるものの、ストーリー運び的にはどうも入り込めない部分が多く、あ、そういえばWOW
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.2

終わって「なるほどねっ」と言ってしまう。

まぁ、そういう方面の話だと思ってずっと見て来たから……。

結局テレビ放送のまま終わっても良かったのでは?とか長いよ…とか思いつつも、この読後感にちょっと泣
>>続きを読む

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)

3.2

2013年5月から1年余り、シリアでISの人質となっていたデンマークの写真家ダニエル・リューの体験を描いた実話ベースの物語。

この後、ネットに流された衝撃的な「映像」が記憶に残っている。

主人公よ
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.3

最後まで違う意味(←)でドキドキしながら観た(えっ…だって…キャスト●●なのにやってないの??ほんとうに?(←キャストで見るな))。

親から与えられた苦痛の成長記録が心の病をもたらせる。支配の歴史の
>>続きを読む

MISS ミス・フランスになりたい!(2020年製作の映画)

3.0

オンライン試写。

フランスのジェンダーレスモデル、アレクサンドル・ヴェテールを主演に、性別に悩む男性がミス・フランスを目指すという「負け犬」人生からの脱却応援歌。

ミスコンというヴィジュアル正義イ
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

観終わってすぐに、斜め前に座っていた人が「つまらねぇ」と言いながら立ち上がり、私の中の三上が危うく立ち上がりかけたわ。感情を…抑えるのは…難しいよね…。

そして、この映画を「つまんね」と言えちゃう人
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.1

オンライン試写。原作は未読。

今、高校生役が出来る役者の中でも最高の人材を集めたなという印象のキャスト陣。この顔ぶれだからイジメがテーマでも、きっとキラキラした話になるのだろうと信じて見ていた。
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.0

吹き替え版オンライン試写。

大魔女役の朴璐美さんの迫力ある吹き替えがアン・ハサウェイの熱演にピッタリ合っていた。ハンジさん声の大魔女。

しかし、アン・ハサウェイ主演ということだけれど、主演はオクタ
>>続きを読む

樹海村(2021年製作の映画)

2.9

恐くはなかったけれど、歴史的にもやっぱり霊より人間が怖いよねのJホラー。家族の物語として切ない。

山田杏奈ちゃんがとても良かった。国宝級イケメン神尾楓珠くんがこんな所でーー!!?と思ったけれど最後ま
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.6

これは面白い!

自分の子供が何を考えているのか、善なのか悪なのか、そんなことは実の親だってなかなか分からない。

予告でだいぶ話が分かっちゃってるからな、と思っていたけれど、それ以上の不気味さがあっ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

「花束みたいな…」が恋の一大叙事詩だとしたら、こちらはあるクラスタに属する一大叙事詩。

主人公と主人公の立場周りの流れるような時系に飲まれる。全く褒められたことをしているわけではないが、その立場の切
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

青春の輝きとか、ヲタクからの卒業とか、恋の始まりのパーティ感とか、もう、なんか、あの頃に向かって駆け戻りたいっっ!!と心から思う。

あの時代に戻った自分の人生をそのまんま振り返ったような切ない切ない
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

2.9

内容を把握しないで行ったので、初めの方は主人公のトラウマも幽霊描写もなかなかJホラーっぽくて良い!と思ったのだが、蓋を開けてみたら志尊くんと岡田将生のいいラブストーリーだった(違わない)。

えっと、
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

2.6

リモートものは小さい画面の中でドタバタするよりも後ろにチラチラ何か映っている!くらいのゾゾゾが一番怖いと思うのだけど、どうしても派手にドタバタしたいのか……

(何が起きてるかよく分からなさ過ぎて怖く
>>続きを読む

大コメ騒動(2019年製作の映画)

3.1

大正7年、富山の漁村の主婦たちが米の安売りを求めて運動を起こした。

シベリア出兵に伴う軍隊への供出、それを見越しての投機筋による価格つり上げなど、歴史背景をとても分かりやすく解説。

女性が物言えな
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.8

カバーも怖いし、近隣のGEOではホラーの棚に入っていたのでホラー映画だと思い込んでいた。

霊より悪魔より、弾圧の歴史と人間の方が怖いという話だった。本当に、恐いし悔しい。ヒロイン・クレアの悲しさと憎
>>続きを読む

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

3.0

夫婦それぞれの事情と秘密は身につまされる部分もあり、次々と出てくる大人の事情にケラケラ笑いながら見られるコメディ……だと思って観に行ったのだけれど想定外にウェットな感じだった。

それぞれのエピソード
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.8

年明け劇場一本目に見る価値ある、今だからこその感染物語。

人間は共通の大きな敵がいても団結せず利権のために内輪もめする……からの「家族一緒だから…」には泣けた。

結末は韓国映画っぽい方向ではないけ
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.8

劇場納めにしようと思って、時間的に合ったので選んだ1本がとんでもない2020年の名作邦画だった。

なんなの、このグサグサ来る感じ。見ながら何度泣いたか分からない。私の中にもAがいるじゃん…。

感情
>>続きを読む

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

4.0

なんて気持ちのいいストーリーだろう!と、心から言える映画。

オンライン試写で年内に見させていただいたけれど、年明けに体験すれば勇気や夢が貰える一年になるだろう。あきらめない心。今の時代にピッタリ。
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

2.8

原作ファンの息子の反対を押し切って行った。

アニメも未見なので特にキャストに不満なく、年齢よりも、もう舞台は日本でいいじゃん…の方に違和感(笑)

北川景子さんの怖い顔演技、好き。美人は恐くても美人
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.9

「ふわっとしてる」し過ぎ。

見終わって、めっちゃ『レッドクリフ』見直したくなった。新解釈、を期待したりカッコいい史劇を期待したりせず、福田作品と常連キャストを楽しみたい方が観る三国志。

時々笑える
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

2.8

三浦春馬主演では最後の公開映画。眼光鋭く、力強く、幕末から明治へ時代の変革期を演じる。

内容はともかく、春馬が目的で観に行く方はぜひED後のテロップまで見て劇場を後にして。とりあえず内容は……近代史
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.8

18世紀、貴族が住まう孤島の館。豪華なドレスも煌びやかなパーティもなく、質素な暮らしと裸体、燃ゆる炎の美しさ。

自由に生きられない女と自由が孤独だった女が出会う。「自由」を象徴する音楽の使い方が素晴
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

3.0

ニシジ&ゆり子のいる所に爆弾あり……。

いや、最後はさ、全観客がツッコむと思うんだけど。when?where?how!!!!!?

個人的には倫也くんと西島さんの並びに100点以上付けたい(いいもん
>>続きを読む

真・鮫島事件(2020年製作の映画)

2.3

名前を言っちゃいけないあの人……じゃなくて、あの事件。正直、決して見てはならない……感じだった。

30分くらいの「世にも奇妙な物語」にまとめたら良かったのかも。

コロナ禍リモートホラーというアイデ
>>続きを読む

>|