タツキ

逃げた女のタツキのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.7
普通に面白かったけど、それ以上でも以下でもない。覗き見るように、それ以外のものを排除するズーム、インターホン越しの切り返し、映画と、様々な見る/見られるの映画。数パターンほどの会話シーンがそれらの演出によって、映画としてのリズムを獲得し、面白く見える。ただ、ホン・サンスにはまた『次の朝は他人』的な映画を撮って欲しい。