逃げた女の作品情報・感想・評価

逃げた女2019年製作の映画)

도망친 여자/The Woman Who Ran

上映日:2021年06月11日

製作国:

上映時間:77分

あらすじ

「逃げた女」に投稿された感想・評価

2021. 初ホンサンス

音が悪い気がしたが、
内容は良かった。
少し寝てしまったので正確な判断はできませんが、おもしろいと思えませんでした。
オムニバス的な反復や重複する妙は、波の押し引きのようで、ジワジワとしたヒロインの内面のようにも。只、シュチュエーションが乏しい会話劇は、字幕だと伝わりにくいこともあり、退屈なことも。ズームイン・ズームアウトなどの的確なことも良く分からないが、猫の仕草と情念のマッチさや、狭い空間での窓の背景やアイテムは効果的に。酒と煙草(と猫?)の出会いや鉢合わせや、過去と現在をイメージさせて、その先に起こる出来事を喚起させるアプローチに何とも言えない気持ちになる。
m

mの感想・評価

3.6
「はちどり」のヨンジ先生と「お嬢さん」の秀子様の共演は私得すぎた。ありふれた日常会話だけで素敵な映画撮れるんだな〜!
フラフラしてて周りの言動に流されがちなガミが今後何を思いどう動くのか気になる。 もっと自由でいいんだよーってガミと同時に自分にも言い聞かせたくなった。
ayuka

ayukaの感想・評価

3.4
女は何から逃げたのか。出演していた全ての女性が何かから逃げていた。
特別な日常の延長みたいな映画。
Chii

Chiiの感想・評価

3.4
なんとも言えん…
前に見たホンサンスのが好きかな。
でもこの噛み合ってなくて噛み合ってそうな会話とか、独特な間とか、やめられないのよ

でも独特なズームがクセになる、お、来た来たって笑

4者4様の生き方と恋愛感、生活に余裕があって文化的な仕事をしてるという共通点が良い。やっぱり"普通の"恋愛は現代において贅沢品よ…
それとも単に監督の周りにそういう人が多いから?笑

りんご食べたくなって帰りに買ってしまった
全編ほぼ、ワンシーンワンカットの長回しで構成される。
ひとつのシーンごとに、ズームインもしくはズームアップする箇所が必ずあるのだが、観ていてこれは余計だったように感じた。引きの構図、ロケーションは素晴らしいだけに勿体ない。これがあることで映画のその場面から距離をとることになってしまう。
後半になっていくと慣れるのだが、やはり作品の構成との噛み合わせは悪いように感じる。

筋立てらしい筋立てはない映画だが、核心を避けて進む人物たちの会話が、逆にある種の緊張感を産み、寒さと温みの混在するような映像の空気感に親和していた。
女性の映画らしい魅力。女優が絶妙な地味さでいい味だしてる。
chidorian

chidorianの感想・評価

3.8
ホン・サンスの作品は何本か観ているけれど、劇場で観るのはこれが初めてだったりする。
食事と会話をクールに淡々と、あの独特のズームやパンを使って撮影するスタイルは今作も変わらないけれど、内容は時代の流れに沿ってアップデートされているように感じた。
つまみ食いをするように観ているので、制作年順に観ていくと、変化がよりはっきりわかるのかもしれない。
途中に挿入される、猫の苦情を言いに来る男のシーン、面白かったけど唐突で不思議。男はずっと後ろから撮られていて顔が見えない。パンフレットに「猫の男(Cat man)」として載っていたので笑ってしまった。
この作家性の強さは、受け付けない人もいるだろうが、好きになると堪らないものがある。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
女が旧友を訪ね、それを3度繰り返す。具体的なことは殆ど何も明らかにされぬまま、映画は完璧なまでの反復を行う。反復により様々な点に目がつく。例えば外的な男性であったりする。この配置は『燃ゆる女の肖像』を連想した。男性をほとんど登場させず、女性だけで社会の生き辛さを言い切ってしまう。鑑賞難易度はとても高くあまりおすすめできないが、とても面白い映画だ。
kurage

kurageの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

主人公ガミは、夫の出張中に友人たちに会いにいく。結婚して5年、初めて夫と離れたと皆に伝えるが反応はまちまち。
友人宅での会話は、脚本はある?と思うくらいリアル。
最後のミニシアターのシーンを通して、ガミが今どんな心境でどのような立場に縛られているのかということがシンプルに描かれていた。

この映画を観て、女ともだちの家に遊びに行きたくなった。現実でも、家にあげてもらうと招いた側の現在位置が感じられ、理解が深まることが多い。今何を大切にしているのか、それに目を耳を傾けるだけで相手に対する新しい発見が生まれる。もちろん自分にも。

『逃げた女』というタイトルはこの映画にとても合っている。ガミは夫の愛のポリシーを語り、言い訳にすることで、大切なものを放棄している。久しぶりに邦題に大きくうなづいた。
>|

あなたにおすすめの記事