あとり

砕け散るところを見せてあげるのあとりのレビュー・感想・評価

2.8
原作未読。
作風が作風なだけにアニメ化した方が良かったのでは…とも思ったが井之脇海さんがそこに存在するだけで得られる安心感が唯一の救いだった。

後半とある人物が出てきてからの暗雲の立ち込めるような空気…おぞましかった。

ひたむきさ、弱さ、残酷さ、脆さ、尊さ…歪な中に色々詰まってた。
様々なレビューを読むにつれタイトルに込められた意味に思いを巡らせる。