砕け散るところを見せてあげるの作品情報・感想・評価

「砕け散るところを見せてあげる」に投稿された感想・評価

藍住

藍住の感想・評価

5.0
とてもとても誠実な映画だった。
久しぶりに「良い邦画を観た……」という充足感でいっぱいになりながら映画館を後にした。
誰だってヒーローになれる。
愛は時空を超える。

玻璃が清澄と一緒に過ごすようになって笑顔が増え、彼女の世界が広がっていく時、清澄は玻璃の幸せを心から願っている。
そのシーンで流れる清澄のモノローグの優しさに泣いてしまった。
凄惨ないじめのシーンがあって胸が詰まるけどそれに対して絶対にNo.を突きつけて弱者に寄り添い連帯をする人達までちゃんと描いているので凄い。
今年観た邦画そういう弱者を泣ける要素として消費して終わるものばかりだったから心の底から感動してしまった。

清澄の友人役だった井之脇海は『コールドケース』での怪演っぷりが凄くて印象に残ってたけど今作でも素晴らしかった。
彼のこういう演技が観たかったから嬉しかった!
そういえば堤真一が化け物みたいな役を化け物みたいな演技で演じ切ってて震えた。
堤真一、演技が上手いことをすっかり忘れていたので(ファンなのに最近の映画選びがあまり好きじゃないので本当に忘れてた)戦慄した。
そして何より中川大志と石井杏奈がとてもとても良かった。
人を見捨てないという中川大志の力強い眼差しと、少しずつ輝きを取り戻す石井杏奈のはにかんだ笑顔。
二人の何気ないシーンでも泣いていた。
誰かの手を取り合って世界は回り出す。
その瞬間を丁寧に切り取ったこの映画を愛おしく思う。

私が好きな映画やドラマの魂を全部引き継いでて好きとしか言えなかった。
ラストシーンも本当に良かったなあ。
この映画は魂がインターステラーでダークナイトでザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス (ブライマナー)なので、どれかが好きな人は絶対に観た方が良い。
今年の上半期ベストには絶対入れたい。
良い映画だった。
展開が凄すぎる。

時間があったので、軽い気持ちで観ましたが、これがなかなかの衝撃的作品でした。
ヒーローの変身ポーズなど、こんなノリで進んで行くかと思いきや、って感じです。

マニアックな所もあり、まさかの展開とまさかの描写で受け付けない人もいるかもしれないが、私はそのおかげで心に残る忘れられない作品となりました。

過激なシーンもありますが、やさしくて一途な正義のヒーローの話でした。

彼はヒーローをつらぬきました。
shiori

shioriの感想・評価

3.5
前半、イジメから救ってくれたイケメンと友達の青春話かと思いきや堤真一演じるパパが出てきてからのじめっとした怖い雰囲気。
堤真一の演技が本当にやばいやつ過ぎ。悍ましい。
石井杏奈も清原果耶も役に合ってた◎
上映が終わる前に駆け込みで鑑賞。

不思議な作品でした。

石井杏奈はどこかこういう影のある役が本当似合う。
舞台は高校。正義感の強い主人公清澄は、激しいイジメにあっている女の子玻璃に手を差し伸べる。暗くどもりもあった玻璃だったが、徐々に心が通い合うように。

イジメがテーマの青春ものかと思っていたら、後半とんでもない展開に。

前半のイジメとほのかな恋愛部分も悪くない。が、ちょっと間が悪かったり「尻が直角にクロスしてるから大丈夫」みたいな笑いで滑っている場面が散見され、やや微妙な感じも。
それが、あるシーンから一変。一気にアドレナリン爆発する傑作だった。
素晴らしいスーパーヒーローの映画、舐めてました。

なんとなく『ミスミソウ』を思い出す感じだったね。
ユアヒーロー

強いことだけがヒーローの条件ではない。
「心が」強くて、他人に優しい、絶対に負けない!それこそがヒーローであり次の世代…何千と先の世代にも受け継がれていくんだろうな。だってさ、かっこいいじゃんかやっぱり正義のヒーロー。必ず最後に愛は勝つって知ってるじゃん、わたしたちって。

線を引いた場所からそっちとこっち、もう戻れないことは重々承知。それでも行動に起こしたのは優しいからだけじゃないよ「好きだったから」単純な理由それだけだ。むしろほかに必要だった?いらないだろ。

何かダメだと思うことがあって、それを止めに入れる勇気と心がある。トイレの高いところから手を差し伸べてくれた瞬間から絶対的なヒーローなんだ。スーパーヒーローの御生誕です。

にしてもあまりにも禍々しい車と家と「え?燃やすよ」なんてあっさり真顔で言う人久しぶりに観た。めちゃくちゃこわい。車で逆走してくるときからもう後ろにでっけえUFOいたもんな。悪の親玉として完璧。あ〜こわかった。

清原果耶ちゃんは今作も抜群に上手いし、井之脇海のバランスが半端なく良い。わたしも変身ポーズやったらかっこよくなれるかな。おしるこ食べるかぁ。

自分のためには戦わず、どんなときでも悪事も見逃さず、誰かのために力と勇気を奮う、そして絶対に負けない。そんなヒーローが見事に砕いていた。つまりは砕け散ったところを魅せられたんだろうな。
竹内

竹内の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

濱津さんが出てきたところが自分的ピーク
前半びっくりするほどセリフ頭に入ってこなかった

一緒にいった子が怖いのびっくりしててかわいかった^_^
k

kの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作の空気感を丁寧に描こうとするのが伝わってよい、特に前半の2人の掛け合いを長めにとるのは効果的すごくよい、商店街のシーンが特に素晴らしかった。まとめ方もうまい、そんでキャストもよい。が原作の叙述トリックが映像にすると呆気なく感じるのは勿体無い。
ariii

ariiiの感想・評価

3.0
観るかずっと迷ってて何も考えずにTwitterでその旨呟いたら、面白いから観て!とたくさんリプが来たのでその日に観に行った。

終始苦しかった。
観終わったあともしばらく心が苦しかった。

いつも思うけど人間がどう育つかの8〜9割は親に責任があって、気付いた頃にはどうしようもできなかったりする。

みんな誰かに認めてほしくて、愛されたい。
私を愛して!と叫べたらいいのに。わかってくれたらいいのにね。
でも大丈夫、愛は続いていくよ。絶対に。

石井杏奈ちゃんほんっとうにすごかった。蔵本玻璃役、大変だっただろうなあ。
中川大志くんひたすらにイケメンでした。
松井愛莉ちゃんと清原果耶ちゃんもとても良かった。本当の姉妹のようで、似て見えた。
キャストがとても豪華でした。
四畳半

四畳半の感想・評価

3.7
劇場で鑑賞

細かい展開のさせ方に不自然な所は多々あるがそれ以上に尊いヒーロー誕生譚でした
腕っ節ではなく心の強さこそがヒーローの秘訣であり、その意思は周りに伝染し引き継がれ繰り返す

堤真一演じる父親は今年のベスト悪役候補入りです
どうしようもない卑近な悪
演技もとっても良かったです

ちょっと不満点あげるならラスト
そこまではじっくり積み上げてきた割に最後は駆け足気味に感じたというか理解が追いつかなかった
単純にこっちの読解力不足なのかもしれないが
>|