みっちょむ

ミッドサマー ディレクターズカット版のみっちょむのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

不快感120%
まず、とっても不快な音声にやられる。電話の音に始まり、ダニーの泣き声、スマホのバイブ音、音楽、赤ちゃんの泣き声、歌声、共感の叫び…
映像も逆さまに道路を走る車にもういきなりウンザリする。体力消耗。
ヘレデタリーと同じく怖いというよりザワザワする。

儀式の在り方などカルト的なところが見どころなようだが、最近社会派の映画をみていたせいか、国や組織を作る時に必要な人間の選別、ナショナリズムみたいなものを感じながらみていた。
表面的な興味・好奇心にのみ動く人間、疑問を持つ人間、洗脳されて迎合する人間、真に共感する人間、どういうタイプが政治家や組織に弱いのか、今日はそんな風にみてしまった。

最後は女の復讐劇のようでもあったけど、思う通りに操られてしまったようであんまりスッキリはしない。
あの場所が1番必要だったのはダニーだから仕方がないのか。
フローレンス・ピューとても魅力的な俳優だったのでストーリー・オブ・マイ・ライフみにいきます。