mitakosama

人体のサバイバル!のmitakosamaのレビュー・感想・評価

人体のサバイバル!(2020年製作の映画)
2.9
元は児童向け学習漫画とのこと。ロボコンを目的に観に行ったのだが、作品としては併映の今作の方がメイン。

人体の中に入り身体の仕組みを視聴者に伝えるという内容なので、はたらく細胞みたいのかな?と予想してた。

ジオというサバイバルに強い少年が主人公。ジャングルから来た少女ピピと再開。
科学者で医者のノウ博士と助手のケイはナノサイズに縮小する治療用マシン・ヒポクラテス号を開発。
ピピの身体に入り脳腫瘍を見つけてしまいちに挑む。

児童用ということもあり、なんかギャグも下品なニュアンス。医療ネタでもあるので鼻血やウンコも話に自然に盛り込めているのだが。
アニメーションも正直言ってそんなにレベルが高い訳じゃ無い。
それもあり、トリコを見た時の感情に似てるわ。