けんいち

アウシュヴィッツ・レポートのけんいちのレビュー・感想・評価

3.5
アウシュビッツ強制収容所を脱走した2人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートに纏わる話。

目を覆いたくなるほど収容所の描写がリアル。

残念なのは、誰の視点で描いているのか分かりづらい(特に前半)のと、レポートに関する描写が少ないこと。

観たかったのは“コレじゃない感”が残った。