モナコ

ボストン市庁舎のモナコのレビュー・感想・評価

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)
-
広大な新自由主義の国で地方政府の民主的な機能がどれほど大事なのか、またいかに色んな人の努力や対話で成り立っているのかが垣間見える どんな場でもこれだけ会議の目的、論点、対処が具体的なのは本当にすごいな 対話の場で言葉が形骸化して死んでいないことがそのまま民主主義が生きていることを意味するんじゃないかとすら思える 多様性が可能なリベラルな地域だから市長もこういうことができるのかなと思いきや、教会での退役軍人とその家族が集まり戦争の思い出を語るいかにも保守的な会に顔を出してスピーチしてたり、ボストンに旅行しただけなら見えないであろう部分が可視化されていたのもよかった