けんいち

祈り 幻に長崎を想う刻(とき)のけんいちのレビュー・感想・評価

4.0
田中千禾夫の戯曲「マリアの首 幻に長崎を想う曲」の映画化。

原爆と戦争と宗教と。

時折、生々しい原爆の描写が挿入されたのが印象的。

語られていない、もしくは伏せられたままのエピソードは、今でも沢山あるのだろうな、と。