だま

復讐者たちのだまのレビュー・感想・評価

復讐者たち(2020年製作の映画)
-
ホロコーストを生き延びたユダヤ人たち。終戦後にも終わらない迫害。想像を絶する痛みや苦しみを味わった彼らに復讐なんて無意味だと言えるだろうか。自分が彼らの立場だったらどうだろうか。それでも復讐が生み出すのはさらなる悲劇だけ。それを想像する力が人間にはあると信じたい。

アウグスト・ディールが本当に素晴らしくて。ふたつの選択に引き裂かれ。ぎりぎりまで葛藤するマックスの混乱が生々しく伝わってくる。目や表情の動きに感情が溢れていて深く引き込まれた。『名もなき生涯』の静かな佇まいも印象的だったけど。今作の激しい慟哭も目に焼き付いている。