まつこ

007/美しき獲物たちのまつこのレビュー・感想・評価

007/美しき獲物たち(1985年製作の映画)
3.3
うん…悪くないんだ。
私がこんなに詰めてボンド祭りをしているのが悪いんだよ…。ロジャー・ムーア・ボンド、マネー姉さんの見納め作品なのに個人的にはマンネリ感が否めなかった。

冒頭の雪山にはワクワクするし、片足スキーヤー・ボンドもカッコイイんだけど…鷲掴みってとこまではもうちょっと。理由は明解!世代を越えて愛されている作品をこんなに詰めて観ているから。今後ボンド祭りをされる方へ。お急ぎでなければ月2本くらいを推奨します。

作品の中で好きだったのは地獄の馬レースかな。ラストのゴールデンゲートブリッジでの戦いもなかなか見応えあり。60歳手前でこのアクション‼︎すごいですねぇ〜‼︎

悪役ゾリンが銃をぶっ放すシーンは何故かムスカ兄さんを思い出す。そのグラサンか⁈結局世界征服したいからか⁈

でも本作で一番痺れたキャラはメイ・デイかな。本当にカッコよかった‼︎初めは「えっ⁉︎今回のボンドガールはこんな路線なんですか⁈」とちょっとビックリ。リンダ・ハミルトン顔負けのゴリゴリ感‼︎取っ組み合いのキスシーンや彼女のラストは胸アツでした。

他にもパリでのアクションや夜の街のカーチェイスなどの見所がありました。

M役に立候補したというマネー姉さんことロイス・マクスウェル氏。時代が彼女を昇進させなかったけど、当時のことがもう少し早く分かっていたら彼女のMが見れたのかな。(個人的にはマネー姉さんで十分だけど♡)彼女以外のマネー・ペニーは考えられない。それくらい私は気付けば姉さんが大好きでした!

ユーモラスで甘いお茶目なロジャー・ムーア・ボンド。家族みんなで楽しめそうなあったかいスパイでした。お疲れ様、そしてありがとう。さぁ、次のティモシー・ボンドに参りますか‼︎