きしだギレンホール

ステキな金縛りのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

ステキな金縛り(2010年製作の映画)
2.2
ある殺人犯の弁護を請け負った主人公のエミだが、彼のアリバイは「落ち武者の幽霊のせいで金縛りにあっていた」というとんでもないものであった。彼女はとりあえず、被告人が幽霊に遭遇したという旅館に向かうが…。

冒頭から、エミというキャラクターがとことん肌に合わなかったです。おそらくギャグなのでしょうが、エミの飛ばす余計な一言にとにかくイライラさせられっぱなしでした。私が演劇調の演技を得意としていない点も、彼女を好きになれない要素ではあるのでしょう。しかし、それにしても鼻に付く言動が多かったように思います。
また、全体を通してやや冗長に感じました。テンポを阻害してしまうギャグを削るなどして、2時間強くらいがバランス良かったんじゃないかと思います。