くう

189のくうのレビュー・感想・評価

189(2021年製作の映画)
2.9
児童虐待の事実と、人不足、人材不足、専門科不足で忙殺される児相の実態が描かれる。

子供という弱者に対して隠れて行われる卑怯な暴力に切り込む。…ちょっとステレオタイプな脚本と演出ではあるけれど。

泣かせようとする演出など、映画よりも24時間テレビの中のドラマ辺りが良かったかも。

それよりこれ、本当に実体なら問題ですよ、都知事。

本当に児相の対応がこんなものならネグレクトもDVも無くならないよなぁ……と思う。

ネットワークが出来ていないという話にもビックリ。そういう意味では見て良かった。

DV恐い吉沢悠、すっかり社会人っぽくなった中山優馬くんもリアリティのある演技。夏菜さんの正義感っぷりも良い。