03さんの映画レビュー・感想・評価

03

03

映画(138)
ドラマ(1)

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.7

これを撮ったこと自体に意味があると思う。
クレアは生きることを許す事で、自分の精神がけして屈していない事、身体を弄んでも家族を殺しても尚、心はお前のものではないと表明したので、復讐しなかったのは納得だ
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

2.8

普通にめちゃくちゃ面白かったけど私の中の倫理が星3以上をつけるなと訴えてくる…。
終始めちゃくちゃ不愉快だけどそれを上回る圧倒的映画撮るの爆うまオモロ力で情緒がぐちゃぐちゃになる。殺人の話なはずなのに
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.3

お得意の軽い女性スパイものなんだけど、上司の残酷ロシアンおばさまボスや、主人公の彼女のフランス人の坊主頭の超絶美形女子など、結構女同士の関係が面白かった。男女関係なく周囲を利用しまくるけど、結局色恋関>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

3.8

とても面白かった。
やってること、シチュエーション、話してる内容に鼻に付くとこがあっても、観ていて嫌な気持ちになることがないのが不思議だ。会話や撮り方全部、大袈裟に脚色されたとこがあんまりなく、軽やか
>>続きを読む

ヘンリー(1986年製作の映画)

3.3

良い映画!
同じような題材でも、アングストとは似て非なる感じだった。抑えきれない殺人衝動、という感じではなく、もっとラフな印象。価値観や考え方が次々スイッチしていく感じで、さっき話していた人が、今はも
>>続きを読む

リサと悪魔(1973年製作の映画)

3.2

ホラーというか?という感じで、なんか民俗学というか志怪小説でありそうな話だった。マヨヒガとかそっち系。大きな館で理不尽でロマンティックで一方的な愛に晒されて、起きた時には夢か幻か、みたいな。女優さんが>>続きを読む

映画 ギヴン(2020年製作の映画)

3.2

自分は話も登場人物も一切知らない状態で、友人に連れられて鑑賞。
ほんとに60分?と思わせる、ぎゅっと詰まった中身の濃い構成。やや駆け足なところもあるけれど、私のように原作を知らない人間でも、事前に名前
>>続きを読む

ワーニング その映画を観るな(2019年製作の映画)

3.3

原題の方が5億倍いいだろ。
これは怖いのか?怖くないのか?という感覚で見てしまったけど、最後の畳み掛ける恐怖シーンはもはや「祭り」でウケてしまった。ホラーを愛した人たちの話で、みていて楽しくなれた。前
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

なんか前見た時より遥かに面白かったのでびっくりしてしまった。なんでだろう。話について行くのに必死で、ディテールまで気が回らなかったからかな?
しかし本当に全てを装置みたいに映画の中で使って行くから本当
>>続きを読む

私はゴースト(2012年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気が好き。
なんといっても素晴らしいのが75分で終わる親切設計。ループもの〜種明かしまでふくめてこの時間で纏めているのが本当に観やすくて良い。初めは主人公の声も外の鳥の声も消えうるように小さいが、
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

4.0

個人的にとても好き。
ボタニカルスリラーの皮を一枚剥くと、とりわけ女性が担わされがちな、仕事と家庭の両立と苦悩という普遍的なテーマが内包されている。周囲がおかしいのか、自分がおかしいのか、観ているこち
>>続きを読む

ひなぎく(1966年製作の映画)

4.5

ものすごく面白かった!
勝手な印象でポップなガールズ面を押し出した映画なのかと思ったら、完全に破壊と破滅の話だったのでガッツポーズした。確かに姉妹というのは(私も妹がいるのでわかるのだが)揃うと、向こ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.0

怖過ぎんだろ!!!!
普通に胸糞悪〜って感じの、女がなんの落ち度もなくいたぶられるクラシックなホラーで、逆に新鮮だった(私はあまりみないから)。
あー、これが元ネタかとなる箇所が多数あって、始祖はすご
>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

3.2

うーん、面白いんだけど…。
栄枯盛衰を128分で描くのはいささか無理があるのでは?という感じの駆け足で、序盤はそのスピード感も良いんだけど、全部が一定爆速で進むので、感情移入しづらいところが散見されて
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.0

明確にnot for meだなー。
映像はグッとくるものがあるし、描かれる断片的な要素も好み。感情の流れの描き方がとにかく丁寧で、レコーダー片手に泣いてしまうところなんかは、静かにふつふつと湧き上がる
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.8

なんで外伝からみたんだろ。
最低限の知識は入れてから観たから特に問題なく楽しめた。とにかくアクションは観ていて気持ちが良いし(カンフー系は数あるアクションの中でもとても好き。体の使い方が美しいので!)
>>続きを読む

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983年製作の映画)

3.8

家庭が不和な時にあんな風に取り持ってくれたらそら寅さんのこと好きになっちゃうよね。竹下景子さんがめちゃ可憐で良い。

男はつらいよ 知床慕情(1987年製作の映画)

3.8

もうここまでくると寅さん、妖怪か妖精かみたいになってて笑っちゃった ツンデレジジイかわいいし。

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980年製作の映画)

3.8

男はつらいよシリーズ初めて観たけど、お、おもれえ…。
自分が生まれる前の映画を観る時って基本的にチューニングをむりくり合わせて観る感覚があるんだけど、これに関しては必要なかった。キャラクターの描き方が
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

怖すぎるだろ。
オチだけ毛色が違くて嫌だった(怖くはあった、むしろ一番怖い)けど、総じて完璧に近い出来では?
読んで字の如く、残り続ける穢れに触れてしまっただけで恐ろしい因果に絡まれてしまう様は、正し
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.5

前評判がアレなので、超絶胸糞悪くなるのを覚悟でみたら拍子抜けするほど観やすかった。なんともちゃんとしたカルト映画って感じ。
全編にわたってかなり淡々としていて、描いていることのエグさの割にカメラワーク
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

酔った。
IMAXで観たら音がズンドコ響くし視界は目まぐるしくて完全に三半規管がやられてしまった。
事前知識0で観たけど構成は途中でわかるからそこらへんはあんま気にならなかった。顔みんな似てるから誰が
>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

3.6

結構好き。
勝手にポスターからホラーだと思ってて、まあそうなのかもしれないけど、とにかく分類しづらい感じ。序盤の監禁や釘打ちヒャーなとこは間違いなくホラーなんだけど、中盤の展開とかはドキュメンタリーみ
>>続きを読む

WAR ウォー!!(2019年製作の映画)

3.8

全てにおいて、ありえん景気が良い。
爆発、アクション、煌びやかなダンスシーンなど、全部爆発的に景気が良いので、観ているだけで「なんかしらんがまあこれが正解!」となる強さがある。
ストーリーも難し過ぎな
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

-

奇天烈な女児ポルノ。
どうしても個人的な嫌悪感が先に立って、客観的な作品の評価ができないので星がつけられない。

ねらわれた学園(1981年製作の映画)

2.5

薬師丸ひろ子さんが可憐だな〜と思ったけど、他、どこにチューニング合わせてみればいいのか全くわからなくて終始疲れた。終盤の展開がかなりカルト的なんだけど、そこに至るまでは割と凡庸な青春モノっぽい描写を入>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

気持ちいい〜映画。
元々ギャンギャンうるさい狂犬タイプが好きなので、主人公の刑事さんに好感を抱けた。この映画を楽しめたのはそこにあると思う(マ・ドンソク兄貴はみんな好きでしょ)。
殺人の追憶を観たひと
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.7

タランティーノ監督の作品って他はワンハリくらいしか見たこと無い気がするんだけど、なんか観てる間はほーん…って感じなのに、観終わった後に思い返すと、なんか面白かった気がするな…?という感想が出てくるから>>続きを読む

ナイト・ウォッチャー(2020年製作の映画)

3.2

結構好きかも。
アスペルガーの主人公と聞くとシンプルシモン、障害を持つ息子が事件に巻き込まれるで母なる証明をそれぞれ思い出してしまったのだけど、結局どっちにも振り切れない感じがあって、悪くいうと口当た
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.5

‪めちゃ出来の良い映画だった…。
透明人間としてのアプローチの仕方が考えうる限りで一番最悪。
基本は「control」の映画で、エイドリアンは自分の身体や人生のみならず、周囲の全てをcontrolしな
>>続きを読む

KILLERMAN キラーマン(2019年製作の映画)

3.5

ジョン・ウィックの製作陣〜とか宣伝打たれると、これも主人公がバキバキに人を倒しまくるのか?と先入観を持ってしまったが、そんなことはなかった。自主規制R15+とのことだけど派手な人体欠損とかないし。
>>続きを読む

カルト(2012年製作の映画)

4.5

かなり最高。面白いというより、好きな映画。
Jホラーの"ヤバイ"としか形容しようのない、背中に冷や汗をかくような空恐ろしさがキッチリ描かれているために、異質な存在のNEO様がその世界線のお約束をなぎ倒
>>続きを読む

>|