Utoさんの映画レビュー・感想・評価

Uto

Uto

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

決してドンチャン多めの映画ではないし、かなりの長尺映画なのにどっぷり浸かれるほどの臨場感、深さのある映画。一瞬で見終わった印象。
シンプルな復讐ストーリーと山川の大自然映像美、独特な撮影方法、レオナル
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.6

いわゆる脱出系映画。
その類の映画の中でも細部のクオリティがかなり高い部類だと思う。
内容もよくある感じで演技も惹かれなかったけど、とにかく謎解きギミックの手が込んでるしテンポ良くてめちゃ楽しめた。
>>続きを読む

アウトフィット(2022年製作の映画)

3.4

ちょうど良い面白さ。
特別なストーリーではなく、激しいドンパチがあるでもなく、展開が読めないでもなく、程よいマフィアサスペンス?的な内容。
ただ、稀なシチュエーションと主人公の有能さで終始満足感高め。
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

3.3

特別捻ったストーリーは無いけど、激キモクリーチャー蔓延る世界での主人公成長ストーリーが王道で見てて爽快。

アンビュランス(2022年製作の映画)

3.0

途中まではありそうで無さそうな展開が続いててかなり引き込まれてたけど、終わり方すんごいモヤッと。
思いの外兄弟が害悪すぎて最後のまとめ方が納得できなかった。

あと、画角が鬼のように切り替わるから死ぬ
>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

3.6

改めてスラムダンクは面白い漫画だと実感。
最後に見てから時間が経ったはずなのにキャラの特徴や背景が滲み出てきてて鳥肌。キャラの魅力とか会話のやり取りに味がないとここまで記憶に残らないと思う。
漫画タッ
>>続きを読む

名探偵コナン ハロウィンの花嫁(2022年製作の映画)

3.5

コナン史上上位に食い込むくらいの良作。
謎解きはあまりないものの爆弾取り付けられてスタートという変化球ストーリー。
降谷、小五郎、松田、高木と色んなキャラのかっこよさが際立ってて良かった。あと何といっ
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

2.5

マーゴットロビーは言うまでもなく超絶綺麗ということを再認識できる映画。
茶番型コメディは完全に肌に合わず。

男性社会への問題提起的なノリが鬱陶しかった。人間、男女がある以上どうしようもなくね?

セーヌ川の水面の下に(2024年製作の映画)

2.8

登場人物サメ以外みんなアホすぎん?見ててイライラする系。
人結構グロめにいかれててびっくり。自主作成映画ぽい雰囲気だったから心配したけど、サメのクオリティは👍

熊殺すなとかいう過激派動物愛護団体の人
>>続きを読む

ゴジラ-1.0/C(2023年製作の映画)

2.7

この作品はゴジラの迫力メインの映画だと思ってるのでその点モノクロだと魅力半減。
個人的にモノクロ耐性無いのもあるけど見続けるのが苦痛だった。
ドラマ部分に焦点を当てる分には良いかもだけど内容が内容だし
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.8

うーん🧐
面白くないとは言わないけど、最後本当にコレで終わり?て感じ。
サスペンスというほどのものでもないしイマイチどこを楽しめば良いのか分からず。
この作品の好評部分を聞いてみたいところ。

“それ”がいる森(2022年製作の映画)

1.3

2000年代初頭のCG?着ぐるみ?
このクオリティで俳優雇おうと思える勇気がすごいわ。関係者一同時間の無駄やろ。

リプリー(1999年製作の映画)

3.4

何者かになりたいけど、物真似でしかなりきれないマッドデイモンの演技がすごすぎ。
物語も起承転結で雰囲気が全然違くて中弛みする気配無し。
この手の物語は個人的に嘘がバレる瞬間を目で覆いたくなる。🙈

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

2.6

面白いとは思えず。
当時のエンタメとしては話題になるほどの作品だったのかもだけど、今ある映画と比べちゃうと何の異彩も放ってないかな。ありふれたギャグスプラッター映画。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.4

冴えない青年がハッカーグループの一員として悪さしてく話。正直最後のドンデン返しはオマケレベル。イカした演出多めでドンデン返し無くても十分楽しめる。
無駄なシーンも少なく淡々と進んでいくから見やすいしオ
>>続きを読む

ブルービートル(2023年製作の映画)

2.7

既視感モリモリ映画。(悪く言うとパクリ)映画あまり見ない人からすれば無難におもろいと思うけど、戦闘から内容まで終始あの映画のアレが引っかかってるから虚無だった。
原作知らないけど、コンセプトともなんか
>>続きを読む

怪物の木こり(2023年製作の映画)

2.9

演技が厨二病なんよ。
アクションといい、セリフといいなんか変身しない仮面ライダーを見てる感覚。
ストーリーはマルパクリでは無いけどどこかで見たような内容。
面白かったとは言い難いけど見終わった後は思い
>>続きを読む

MEG ザ・モンスターズ2(2023年製作の映画)

2.4

メグ2作目。
視聴者の分際でこんなこと言いたくないけど、まじセンスないわ。
1作目同様金かけたB級映画。

名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)(2023年製作の映画)

3.4

やっぱりコナン映画は黒ずくめが絡んでナンボ。
たまには灰原回もあり。

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)(2024年製作の映画)

3.0

謎解き要素多めのtheコナン映画。
内容は非常に可もなく不可もなく。
いつものアトラクションぶりも少し控えめ。

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

マイルドな精神病棟映画みたいな内容で最後まで無難に見れたと思った矢先、しょうもないドンデン返しで絶句。

面白くは無い。シャッターアイランドとは似ても似つかないレベル。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.3

ボーダーライン2作目。
前作の続き。
前作同様の緊迫感、作り込み半端なく面白い。
ただ物語の軸が定まりきってないから見る側がすごい苦労する。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.2

ボーダーライン1作目。
物語のエグさと音楽の緊迫感がすごかった印象。総括良い映画だったと思うけど、ストーリーがハッキリしないから見にくいのがん〜てところ。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.6

コスパクッソ悪いけど、それも込みでタランティーノ?めちゃ面白い。

タランティーノ作品あんまり見慣れてない状態で映画館視聴した時はかなりつまらない印象あったから、多分見る側の見方、事前情報でかなり印象
>>続きを読む

トランスフォーマー/ビースト覚醒(2023年製作の映画)

2.4

久々のトランスフォーマー。
大好きなシリーズだけど、今作に惹かれる部分熱くなれるシーンは皆無だった。
登場人物が違うだけで何度も見たプロット。
トランスフォーマーの大迫力CGも若干安っぽい。
ビースト
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.1

クワイエットプレイス2作目。
もろ前作の続きで設定理解できてる分内容に幅があって本作の方がおもろい。
ほぼウォーキングデッド的なノリだけど、短い映画だし会話から掴めるキャラの魅力とかあんまり無いからど
>>続きを読む

デューン 砂の惑星PART2(2024年製作の映画)

3.7

DUNE2作目。
1作目はMacBookで本作は映画館で見たけどこんなに違うもん?それとも2作目がすごいだけかな?

世界観の作り込みは1作目同様半端無い。
で、ストーリー自体はシンプルで捻りないし、
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

この短さで充分楽しめた。
激こわクリーチャーと映画の静けさで緊張感がかなりあって映画館で見たらかなり面白かったと思う。
最後の終わり方だけイマイチ。

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.9

これぞ映画!脳死で誰でも没頭して見れる、最高かよ。
このクオリティのCGを映画館で見れなかったのが残念で仕方がない。
タイムトラベルと親子愛とエイリアンという題材を全く喧嘩することなく完璧にまとめ上げ
>>続きを読む

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

2.5

ダイハード4作目。
前作よりもぶっ飛んだ内容、演出になってる。もう無茶苦茶すぎて内容が入ってこない。
アクションシーンはカット多めでごちゃごちゃしてて残念。

大人になって気づいたけど、細かい設定、話
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

2.9

スターウォーズみたいな世界観でスターウォーズよりも映画としてカッコいい重厚感があった。音楽とかもなんかすごぉい。
けど、肝心の内容はおもろくなりそうで良くわからん展開のままEND!

雰囲気、映像がす
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.9

IMAXで視聴。正直映画館じゃなきゃ見続けられないくらいテンポ早いし内容むずい。(歴史的背景が所々わからん!)やぱりノーラン映画は複数視聴必須を実感。

一切無駄のない会話での鬼テンポのストーリー展開
>>続きを読む

MEN 同じ顔の男たち(2022年製作の映画)

2.1

途中まで絶妙に気持ち悪くてどういう話の展開なのかワクワクしてたら、最後なんなん?意味わからんて。気持ち悪いだけのクソ映画でした。

解説読んだけど思想強すぎてキモいわ。

途中までの期待値と気持ち悪い
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.5

めちゃオモロい。
アクションが想像の2倍迫力あって日本映画のそれじゃ無い。岡田准一がすごいのか映画がすごいのかはわからん!
テンポも非常に良くて進行に関係する最低限のみだから、深みは出ないけどその軽さ
>>続きを読む