夕月ゆかりさんの映画レビュー・感想・評価

夕月ゆかり

夕月ゆかり

映画(2117)
ドラマ(2)

援助交際ハイスクール(2007年製作の映画)

2.5

邦題あかんやつ。
原題で良かったのになぁ。

トリッキーなティーンズと痛い中年男性陣のゲーム交えたビジネス。

恋の描き方がチープで、ビジネスやな、あとコワイわ、女子高生。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.0

かなり重いし、描写がめちゃ痛いバイオレンス。
キライではないけと、痛い。

ラストシーンは好き。
住みたい。

初体験物語 未果のラブラブ大作戦(2009年製作の映画)

1.5

一昔前の少年漫画風?
知らないけど。

ある意味ワンダーランド。
ないやろ。

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013年製作の映画)

3.0

前半面白いシナリオ!
だけどなぁ。
特にフィナーレがなぁ、残念かも。
ドキドキはした。

トーキョー×エロティカ(2001年製作の映画)

1.5

題材考えたら、もう少しアートとかフィロソフィーとか盛り込んで欲しかったなぁ。

気怠いケモノとエゴ満載な。

ローマ発、しあわせ行き(2016年製作の映画)

3.0

ちょいちょい細かいところが気になりはしますが。
軽く楽しむには良いかな。

イタリア語の響きがすき。
女性を口説いたり褒めたりは、ラテン系ではあいさつであり、礼儀でもある。
共通だなぁ、ラテン。

マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋(2016年製作の映画)

3.0

軽快。
何だかハッピーな恋がしたくなる。
深くはないけど、軽妙な気づきと成長の物語。

もっと猟奇的な彼女(2015年製作の映画)

3.0

前作を引っ張り過ぎなければ、楽しめると思います。
けど、映画ファンにはなかなか難しいことでもあり。

個人的には、前作ファン、何回も観ました。
今作は、、、うん。
世界観だけ引き継いだ別作品として、お
>>続きを読む

ハナムコ失格(2017年製作の映画)

1.5

主演の演技、観ちゃおれん。
ストーリーありきたりなので、余計に気になった。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.5

私の笑うツボでした。
細かいところにおかしみをもってきてある。
キャスティングの妙もよし。

ただ、命の選択に対する視聴者の反応はホラーそのもの。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

4.5

愛の映画。
雪深い情景が世界観と非常に合う。
ただ、愛だけではなく。
感情の奥の方をノックされる感じ。
純で酷で、いたい。

好きだな、この哀しい感じ。

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

3.0

あまりにも静かに鈍痛が続く。
感想やら綴りにくい。
エンディングの光や表情に、あの音色。
なんとも筆舌に難いのだ。
きつかった。

ロンリー・ガール(2009年製作の映画)

2.0

何故映画にしたのか。
主題は?
家族という病。
パパもグランパも出てこない。
最悪な男、しかも見た目の魅力もない。
これは何?何を見せたいの?
タイトルこれやから、もうちょっとユーモアやポップさ混ぜて
>>続きを読む

不倫する肉体(2014年製作の映画)

3.0

子役の演技力に度肝抜かれて。
末恐ろしい。
将来が不安しかない。

孤独と渇望、虚無感がテーマかな。
愛慾とかのお話ではない。
もうすこし、バックグラウンドが丁寧に描かれていたらなぁ、と。
ストーリー
>>続きを読む

モデル 欲望のランウェイ(2016年製作の映画)

2.5

モデル業界のお話ありましたかね?
16歳であんな感じ、になるのかな。
時期尚早。
いろいろ怖いし、ダメだよね。
なんだか、微妙でした。

フォーゴットン・ドリームス(2011年製作の映画)

3.5

繊細で好もしく。
おっきな決定的な出来事が起きて、ドラマが展開する、という構成ではない。
果てしない焦燥、わかっているつもりでわからないパートナーのこと、続く日常がしんと描かれていたり。
良かったです
>>続きを読む

プラスティック(2014年製作の映画)

3.5

実話ネタですか!
いかれすぎていかしてる。
エンターテイメントとしては十分でした。

(2016年製作の映画)

2.5

意図的な音楽の使い方が印象的過ぎる。

人間の深淵なる闇と情と。
罪悪を重ねたくて洗いたくて。
何処に向かうか、デッドエンド。
かと思いきや。
影が濃いということは、
そこには純な光が存在するというこ
>>続きを読む

みじかくも美しく燃え(1967年製作の映画)

2.0

えーと。
飢えてるのに、ふっくら肌ツヤツヤに超絶違和感。
美しいがリアリティがなさすぎる。
生計感覚も危機管理もまるでできないのに、破滅しかない逃避行。
何を得た?
それは愛と呼べるのか?

MYTHICA ミシカ クエスト・フォー・ヒーローズ(2014年製作の映画)

2.5

ダークファンタジー?
鉄板からはずれん感じする、のに。
微妙なでき。
人物描写が適当すぎるからか。

お兄チャンは戦場に行った!?(2013年製作の映画)

3.0

なんだこれは、なにを見せられるんだ、という不快感が。
ラストシーンのヒロインですこーんっとした気分に変わる。
すごい!

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.0

期待以上。
人物描写もしっかりと描かれている。
意図や目的が明確でない部分もあり、深掘りしたくなるところもよい。

R246 STORY 「弁当夫婦」(2008年製作の映画)

3.0

いびつだが、ほっこりに持っていくとこが良い。
永作博美さん、キュートだな。

コズモポリス(2012年製作の映画)

3.0

これはこれで。
キライじゃないんだけど。
主題がいまいち。
何で映画にしたかったのかな。
セリフの言い回しや、世界観が独特。
枯渇、欲望、虚無、ないまぜ。

スワッピング 大人の休日(2017年製作の映画)

2.5

スーパーコメディです。
予想を反することはひとつも起こらない!
たくさん仮説立てたのに、残念💦

夏美のホタル(2015年製作の映画)

2.5

ヒューマニックで、人の心をぬっていく作品。
血のつながりや、それ以外のつながり。
人を描く。
主軸がやや弱い。

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.5

フレッシュな俳優陣の演技が良い。
見せ場や意外性があるようでないのが惜しいかな。

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.0

さすが、ドラン監督!

君と居ると痛い、
その痛みがあっても、
だからこそ、君と居たい。
君の想いは重い、
重いからこそ、想いと呼ぶ。

今世で頂いた肉体の性別が、
苦しめることもあるから。
なんのた
>>続きを読む

官能小説の女(2016年製作の映画)

3.0

主演ふたりに外的な魅力をあまり感じないのだが。
文学的な言い回しや表現も良く、映画の雰囲気に合っている。
ストーリーは大変好き、あと光と真っ暗闇の描写が美しい。
タイトルは内容に合っておらず、原題のま
>>続きを読む

SPACE JAM/スペース・ジャム(1996年製作の映画)

3.0

子どもの頃多分レンタルビデオで観た!
好きだった気がします。

ヴァン・ヘルシング(2004年製作の映画)

1.0

何か冒頭ですぐやめちゃった。
好みでなさげ&たのしめなさそう、で。

プロメア(2019年製作の映画)

2.5

Side リオ
Side ガロ

何このハイテンションと目がちかちかする色は。
という感じ。
内容は付いて行けるまで、ハテナマークだったが、繋がると面白そうなストーリーだな、と関心持てるかも。

カメリア(2011年製作の映画)

4.0

釜山舞台のオムニバス。
割と面白い構成。
何か考えてしまった。
生きていた、ここに在った、もう無いけれど、確かにそれは存在していた。
生命有るものは例外なく全て逝くのだけれで、そんなことを思いました。

>|