リュカさんの映画レビュー・感想・評価

リュカ

リュカ

  • List view
  • Grid view

Happiness is: スヌーピーと幸せのブランケット(2011年製作の映画)

3.0

いつか自然に手放すときがくるまで
ぐっと握っていても、いいよね。
大人になっても怖いこと、
不安なこと、悲しいこと、
あるんだもの。

いたずらはやめて! スヌーピー(1983年製作の映画)

3.0

大冒険だよ、チャーリーブラウン

短篇がいくつかの48分尺。

チャーリーのじんましんとか
キャラ毎のプチエピソードとか。

タイトルと内容が違う気がするよ。

スヌーピーのモトクロス大会(1975年製作の映画)

4.0

フェアプレーだよ、チャーリーブラウン

スヌーピーのテニスからの
パティがモトクロス大会のお誘い。
マーベル仮面時々出てくる(笑)
チャーリーがほんと可愛い。
かぼちゃヘルメットと
こつこつ頑張る姿。
>>続きを読む

その道の向こうに(2022年製作の映画)

4.0

Apple TV+配信の映画には
画が美しくて。
色彩、光彩、構図、シナリオ、音楽
が非常によいと感じるものが多くて。

本作もそうです。
冒頭から既によい。
生身の人が感じる負の感情と
美しい四角い
>>続きを読む

フィンガーネイルズ(2023年製作の映画)

3.0

ファッショナブルな
ラブストーリーと思ってたら
全然違った。

SF的設定なのに
爪のシーンが生々しすぎる。
科学と原始的さの両方と
思考、思念で感情や定義を
計測しようとする
難解な新たな考え方で
>>続きを読む

がんばれ!スヌーピー(1977年製作の映画)

3.0

短い夏だったね、チャーリーブラウン

強烈なキャンプで
チャーリーは散々だね、
女の子がつよこわ回。
焼きマシュマロの絵面が可愛い。

いたずらスヌーピー(1968年製作の映画)

3.0

君の犬だよ、チャーリーブラウン

20分ちょっとのショート。
このスヌーピーはかなりヤンチャ。


サーカスだよ、チャーリーブラウン

ビビちゃんなプードルとの恋、失恋

チャチャ・リアル・スムース(2022年製作の映画)

3.0

ヒロインが魅力的。
途中中弛みしてしまったが
総じてよいドラマでした。
パーティの盛り上げが職になる、
日本でもあり得るかな?

22歳だと日本ではまだまだ
ひよっこの子ども。
欧米だと家を出るのが早
>>続きを読む

ハラ(2019年製作の映画)

4.0

思春期からモラトリアム期
というだけても悩みどき。
家族、恋愛、勉学、友情
アイデンティティ、人種、宗教。
繊細な時期を等身大に描く。

詩やスケボーが効いててよい。
終わり方の終わりじゃない感じも。

ザ・バンカー(2020年製作の映画)

4.0

いろんな差別的棲み分けが
見え隠れしながらも
お金にまつわるたくさんの
欲や策略、保身。
見応えある応酬。
キャラも個性が立ち
おもしろかった。

スヌーピーの選挙活動(1972年製作の映画)

3.0

生徒会選挙だよ、チャーリーブラウン

チャーリーの扱いに対して
チャーリーはすごい。
凹んでも立ち上がりがはやい。


スヌーピーのいじめっ子と勝負!

ビー玉勝負の回で
チャーリーがんばる。

スヌーピーとクリスマスのお芝居(1985年製作の映画)

3.0

スヌーピーのスケートレッスン

ペパーミントの演技、よき。
スヌーピーコーチがいろいろ
おかしいけど可愛い。

スヌーピー誕生(1991年製作の映画)

4.0

別の邦題でApple TV+配信されている
スヌーピーアニメがたくさん。
原題がわからないから
mark確認が大変(笑)

スヌーピーの家族

スヌーピーママや兄弟たち
チャーリーブラウンとの出会い。
>>続きを読む

パーマー(2021年製作の映画)

5.0

これは私の好みな感じでした。
子どもとの関係性の変化で
ストーリーが展開していく。

法や常識は全然真理でも真実でも、
ないじゃないか、と
改めて感じる。
一体私たちは何がしたいのかな。

それにして
>>続きを読む

マクベス(2021年製作の映画)

3.0

なるほど、
シェイクスピアの戯曲なんだね。
シェイクスピアは
ロミジュリやハムレットくらいしか
よくは知らなかったので。
ちょっとマクベスの世界観に
戸惑ったのだけど
モノクロの画は美しい。

でも好
>>続きを読む

Sharper:騙す人(2023年製作の映画)

4.0

これは粋でした。
中々な騙し合いで
途中おや?もしかして?
でも違いかもしれんし、
などと思いを逡巡するのも
音楽や画の素敵さを
じっくり楽しむのも
どちらもよきかな。

粋な映画で、演者も良かったし
>>続きを読む

史上最高のカンパイ!〜戦地にビールを届けた男〜(2022年製作の映画)

4.0

大変豪華なキャスティング。
ベトナム戦争舞台に
行動の妙味と情報操作について
考えさせられる内容。
日本も大戦中に一般市民は
情報操作による情報を
鵜呑みにしていた状態だと
簡単に推測できるし
殆ど事
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

4.0

この夫妻のキャスティングが
パーフェクトに作品とマッチ。
シナリオもとても良かった。
現実か創作かはたまた
単なる想像というか妄想か⁉︎

かなり面白かったぁ。
漫画も可愛いしね。

スワン・ソング(2021年製作の映画)

5.0

自分が同じ立場なら?
選択を逡巡させる機会。

科学の発達やイノチの倫理観、
感情、家族、病、違和感、絶望、
葛藤と受容と決断。

深いところへと沁み入る作品。
自らの肉体、心とどう向き合うか。

>>続きを読む

ビーニー・バブル(2023年製作の映画)

3.0

出てくる女性たち、とても好き。
主人公がイヤな感じだから
余計に際立ってるのかな。
傷付いた自分を大人になっても
癒さないままバブル期真っ盛りを
生きたあわれな男性。

カラフルなぬいぐるみ、衣装も
>>続きを読む

9/11 その時、司令本部で何がおきていたのか(2021年製作の映画)

4.0

この類のドキュメンタリーは
どのサイドがつくったか、で
同じ題材で全く別の
あるいは真逆と言えるような
作品になる可能性が十二分にある。

アメリカから見た9.11の実情や
見え方に衝撃的に共感したと
>>続きを読む

レイモンド&レイ(2022年製作の映画)

4.0

結局人はみな、聖人でもなく
極悪人でもなく
それぞれに光と闇を宿している。
ただそれだけで。
自分の価値観の枠に
家族だからと言って
入れ込むことなどけしてできない。
ただそれだけで。

でも血縁のあ
>>続きを読む

空はどこにでも(2022年製作の映画)

4.0

ポップでカラフルな画が可愛い。

つらく悲しい出来事に
ずっと浸っていたかったのは
罪悪感からで。
人生に向き合って
自分の人生を楽しむことを
受け入れたい。
つらくて、傷付いて、逃げたくて、
でも本
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

2.0

なんだか微妙な作品でした。
いやとか悪いとかでなくて。
人物描写が微妙。

ボーイズ・ステイト(2020年製作の映画)

3.0

日本では成り立たないのだろうなぁ、
と考えさせられる。
自分の意見を主張することの恐怖、
ないのかなぁ。

若者のエネルギッシュさ。

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

4.0

最初はありがちな夫婦の危機
ドタバタ系かと思いきや。

それは父と娘の時間であり
パートナーの信頼とかだったり。

とても素敵な夫婦だ。
なんかほっとした。
男性も愛や受容を求めてた。

カム・フロム・アウェイ(2017年製作の映画)

5.0

視点やまなざしが素晴らしい。
実際に起きたこと、
しかも重いテーマをミュージカルに。
チャレンジング、とても良かった。

とにかくいろんな立場を
味わってみれる。
自分が常識とかマジョリティ側とか
>>続きを読む

フィンチ(2021年製作の映画)

5.0

太陽フレア終末、
リアルですなぁ。
もう来年ですなぁ。
けどいつか再生するのだな。

人と犬とロボットの
生と繋がりの旅路。
めちゃヒューマニックで
エモい作品。
観れて良かった。

チェリー(2021年製作の映画)

3.0

序盤はまだ楽しく観れたが
帰郷後のストーリーは
若気の至り、トラウマでは
済まないほどきつかったなぁ。

PTSDについては
きちんと学んでおくべき。
何故なら殆どの人が
もっている症状だから。

>>続きを読む

ファミリー・プラン(2023年製作の映画)

3.0

一番好きなエンヤのナンバーの
使いどころ(笑)
EDも楽しい。

ストーリーが王道に
バタバタしていて大変笑える。
あり得ない家族感。
すごい訳わかんないテンション。
とにかく笑かす。

末っ子の可愛
>>続きを読む

ゴーステッド Ghosted(2023年製作の映画)

4.0

むやみやたらめったら面白かった。
ラブロマンスかな、と思いきや
なんのその。

ヒロイン、すきだわ、
美しいし可愛いしかっこよい。
アクションシーンも凄かった。
期待以上でした。

筋書きもわかりやす
>>続きを読む

STILL:マイケル・J・フォックス ストーリー(2023年製作の映画)

3.0

バックトゥザフューチャー、
死ぬ時まで内容忘れないと思う。
子どもの時に何回も金ローで観た。

難病を患っても時折見かけて
世界を勇気づけているように
見受けていた。
こんな苦労やこんなユーモアが
>>続きを読む

自由への道(2022年製作の映画)

4.0

ウィル・スミスさんの熱演、
実話元ネタという背景。
見るに痛々しくおぞましい光景だが
引き込まれた。
画が美しく、瞳の強さが
際立っていた。

それにしても私たち人類の歴史は
血塗られている。
同じ地
>>続きを読む

Fate/Grand Order -First Order-(2016年製作の映画)

3.0

全シリーズ観ていないが
FSNのあのセイバーが
何故こうなってんの?と
気になってしまった。
やはし前シリーズを
全編見たいなぁ。
ゼロも見なくちゃだ。

fateおもしろき。

>|