のすけさんの映画レビュー・感想・評価

のすけ

のすけ

映画(962)
ドラマ(0)
アニメ(0)

Cosmetic DNA(2020年製作の映画)

2.3

期待はずれ。
いろいろ拘って作ったのは分かるんだけど、演出も悪いし映画に入り込めないで終わる。

おろかもの(2019年製作の映画)

3.6

んー、良かったのかいまいちだったのか、評価難しい作品だった。
難解で胸糞系かと思ったら意外と皆いい人達でさっぱりしてて、大きな事件に発展しそうでしないし映画としての厚みはないんだけど、でも最終的には面
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.6

アニメーションとしてカンヌで史上初の審査員特別賞を受賞した作品。
おーー、、、これは中々のマニアックさ。
かなり独特の作風がクセになるかもしれない。
不思議と年代を感じさせないのが凄い。
フワフワと変
>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

3.0

外れの少ないリーアム・ニーソンということで、こちらも比較的安定作品。
CGしょぼいし展開も物足りないが、一定ラインは保っている感じ。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013年製作の映画)

3.3

バックパッカーを狙った実話ベースの連続殺人鬼もの。
頭吹っ飛んだりと予想よりもゴアっていてよかった。
でも実際の事件を検索してみたらもっとヤバそうだった…おそろしや。
自身旅人だった時期があるけど、声
>>続きを読む

REVENGE リベンジ 鮮血の狩人(2020年製作の映画)

2.5

いろいろ中途半端~。
以前の『リベンジ』とは別物?
突っ込みどころ多いがまあまあ楽しめるって感じ。
かあちゃん甦ったのが一番びっくりした…息子トドメ刺そうぜ。

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.3

震災と結びつけないほうがよかったのではないかと個人的に。
日本人にとって震災がとにかく重いので、作品が重視したいであろうポイントがぼやけてしまう感じがした。
佐藤健の危うさがうまくミスリードしていてそ
>>続きを読む

クリフハンガー フォールアウト(2022年製作の映画)

3.3

邦題を『クリフハンガー』にするあたりでまた日本の駄目さを痛感。
思ってた感じと違ったが、短い時間でさくっと観るには丁度よい出来でした。
もう少し次の展開があるとよかった。
岩登りは『フリー・ソロ』を観
>>続きを読む

ピータールー マンチェスターの悲劇/ピータールーの虐殺(2018年製作の映画)

2.5

セットや衣装は本当に当時のようであり素晴らしいが、演説中心でダルめ。
155分の中で無駄なカットが多く飽きてしまう。

しかしこういった史実があったことは興味深い。集団心理。日本の戦艦大和と同じような
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.2

これは凄い…リアリティが半端ない。
こんな実話があったとは。ほんと恐ろしい。
ロビーの俯瞰のカットも妙に怖いんだよなー。なんだろうこの不思議な臨場感。

観ていて緊張感MAXで疲れ果てた…。それだけ素
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

177分と勇気のいる作品だが、結果凄かった。やっぱ普通じゃないライリーノース…

長いから気合い入れて観たが一気に見せる不思議な力があった。
ひたすら暗く、まるで演劇セットの中だけで繰り広げられる舞台
>>続きを読む

暴力脱獄(1967年製作の映画)

3.4

ポール・ニューマンかっけー。
リチャード・ギアと同じような男の色気が出ている。
でも面白いのだが、ちょっとすっきりしない終わり方だった。
ポール・ニューマンは無冠の帝王らしい。不思議…
この作品でもジ
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.6

デ・ニーロが出演作の中で一番好きと言ったらしい作品。
かっこいいな~若かりしデ・ニーロ。歳取ってもかっこいいけど。相手役もいい。
最後はどっちを取るのか…
娯楽要素盛りだくさんで楽しめる。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.4

こんな学校あるんだろうか…ないよな。。。まずはそこ。
そして、現代の遺伝的カニバリズムってあるのだろうか…ないよな、と思いたい。あったら怖いぞ…

今までありそうでなかった描き方。
ラストのオチもいい
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

最高…。いいわーこれ。
ルピタ・ニョンゴがまさかのコメディゾンビ映画って感じだが、いい役してます。

生きるか死ぬかの場面で最後まで子供に気づかせず職務を全うした主人公に拍手。人間として成長する男性キ
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.5

好きなタイプの作品なのだが、「光」の監督なのを見てなるほど…音だけ異常にうるさい…
いい映画っぽさが出ているのだがなんか物足りないあの感じ。
でも、なんだかんだ最後まで気になって観ることができた。
>>続きを読む

イントゥ・ザ・シー(2014年製作の映画)

3.4

実話漂流もの。
1942年とだいぶ昔の話し。ラストに本人写真も出てきました。
1600キロ…34日間…
あんな小さなボートでよくぞ。。。
機長を赦す2人が素晴らしかった。
本来気がおかしくなってしまう
>>続きを読む

エリザベス -狂気のオカルティズム-(2017年製作の映画)

3.1

いきなり14歳の女の子の誘拐シーンから始まる。あんな堂々と。
でもこれ実話。しかも被害者本人のナレーション付きという珍しいパターン。
イカれた夫婦との奇妙な共同生活から犯人逮捕までを描く。
映画では語
>>続きを読む

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.6

2人ともかわいい~~。初々しいね~。
好きな曲引っ張り出してきてこれをMVに使いたいって感じ。

一分間タイムマシン(2014年製作の映画)

3.4

ちゃんとオチがあって面白い。
恋愛ショートムービー

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.4

んーなんだろうこの感じ。
面白いは面白い。
中山美穂、最後は素敵な奥さんだったのが救い。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.6

3作目。アクション相変わらず凄い。
ストーリー性は弱いが、アクションでカバーできるくらいその点はとにかく凄い。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.3

シュワちゃんとリンダ・ハミルトンが出ているだけで満足。
主役の女優2人がいまいち…完全に配役ミスっている気が。
安定した面白さはあり。

インビジブル・ウィットネス 見えない目撃者(2018年製作の映画)

3.1

『インビジブルゲスト』という作品のリメイクらしい。
普通に観れば普通に面白い。

エスケイプ・ゲーム(2019年製作の映画)

1.0

つまらなすぎて離脱…
復活して確認したがやっぱりつまらん…
0.8

Uターン(1997年製作の映画)

3.8

なんだろう、内容は地味なんだが、なんか不思議と楽しめた。
豪華キャストで送る、どこか変な田舎町のちぐはぐコメディサスペンス?的な。
有名キャストがちょい役でいろいろ出てくる。
派手な面白さはないが、映
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.8

タランティーノの脚本をオリバー・ストーンが監督。いろいろ揉めたようだが、オリバー・ストーンのぶっ飛び具合も凄い。
脚本も作風も演技も、いろいろセンスを感じる作品。
ウディ・ハレルソンとジュリエット・ル
>>続きを読む

人喰族(1984年製作の映画)

3.0

小学生の時に友達と観てトラウマになった作品…
それ以降、なるほど!ザ・ワールドや世界不思議発見などで部族が登場すると、全部人喰族だと思っていた…
有名な吊り上げシーンは痛々しい。

食人族 VS 首刈族(1986年製作の映画)

1.0

食人族一瞬しか出てこない…すぐやられる。マニアック…。
実話とあるが不明。
物語としてはそこそこ成り立っている。しかし、、、
0.8

食人族2(2004年製作の映画)

1.3

1のリメイク。
部族はそれが普通と思って生活しているのを考えると、一般的な生活をしている現代社会の我々の方が、もしかしたらおかしいのかもしれないという考え方もできる。

食人族(1981年製作の映画)

2.8

小さい頃友達と恐る恐る鑑賞したな~。
こんなの子供に見せちゃいけません!

グローリーデイ(2016年製作の映画)

3.6

タイトルとは裏腹に、誰も浮かばれない。
さすがの韓国映画。腐った警察は健在。「俺は疲れてるんだ」を5回くらい言い放った警官が特に腹立つ。
そしてあの女…
親達も最悪。

善人である少年たちでさえ、立場
>>続きを読む

テイカーズ(2010年製作の映画)

3.3

んー。普通におもしろいがいろいろ残念な部分もあり。

ザ・ベイ(2012年製作の映画)

2.9

寄生虫かー…怖い。
でも一番びっくりしたのは監督がバリー・レヴィンソンということ。

感染列島(2008年製作の映画)

3.5

皆若い…いい演技している。
当時観たら『ふ~ん』で終わっていたかもしれないが、コロナの後だと伝わってくるものがある。今を予見していたかのような内容。コウモリや都市封鎖…
血を吐くから怖い…

エマージェンシー 見知らぬ2人(2014年製作の映画)

3.0

ジャケでB級スリラーと思いきやヒューマンドラマ。船上で男2人が人生を振りかえり自分自身を取り戻していく。
他人を救うことで、自分も救われるのか。
ラスト、意識朦朧とする相手を必死に助けるシーンがよい。
>>続きを読む

>|