のすけさんの映画レビュー・感想・評価

のすけ

のすけ

映画(1800)
ドラマ(0)
アニメ(0)

メドゥーサ デラックス(2022年製作の映画)

2.6

ヘアコンテスト会場で優勝候補と目されていたカリスマ美容師が殺害される。
そして会場では、ライバルの美容師やモデルなどが足止めされ、犯人探しが始まる‥

作品のヘアスタイリストはレディ・ガガや有名ブラン
>>続きを読む

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

2.7

泥棒4人組が忍び込んだ家は、連続殺人鬼の家だった。閉じ込められた4人は脱出を試みるが‥というお話し。

暇つぶしにサクッと観る系の作品でした。
設定は面白いのだが、いろいろと都合の良すぎる展開と、所々
>>続きを読む

フォービア2/5つの恐怖(2009年製作の映画)

3.4

タイ産オムニバスホラー第二弾。
前作に続き『心霊写真』や『女神の継承』の監督が参加している。
前作がヒットしたようで1話増えて全5話のオムニバス作品になっていた。

どれも同じくらいの面白さでしたが、
>>続きを読む

断捨離パラダイス(2022年製作の映画)

3.5

ゴミ屋敷専門片付け業者「断捨離パラダイス」に入社した元ピアニストの真面目な青年が主人公。

「ゴミ屋敷」をテレビなどで見る度に「なんでだろう」と不思議に思っていた為、それを題材にした作品となれば興味津
>>続きを読む

うまれる(2021年製作の映画)

4.2

久々にすごい作品に出会った。

重い‥辛い‥苦しい‥
胸糞‥共感‥でも葛藤‥自分なら?‥怒り‥生と死‥愛‥涙‥

たった33分のショートフィルムにこれだけ感情を揺さぶらるとは‥完全に油断していた。
1
>>続きを読む

私はゾンビと歩いた!(1943年製作の映画)

2.8

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』以前の1943年のゾンビ映画。
ヴードゥー族の呪いによって生きた屍となる人々。

これはゾンビか?と言われるとなんとも微妙で、全然ゾンビ映画って感じじゃないしまった
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.4

ダメな似た者同士たちの恋愛群像劇。
この恋愛に共感ポイントはほとんど無かったが、こういう映画は好きなので純粋に楽しめた。岸井ゆきのいいねー。若葉竜也はいろんな作品を観る度に良さが滲み出てくる感じ。
>>続きを読む

きっと忘れない(1994年製作の映画)

3.7

ジョー・ペシ、ブレンダン・フレイザー、モイラ・ケリー、パトリック・デンプシー、ジョシュ・ハミルトン
モイラ・ケリーはあまり知らない女優だけど、雰囲気があって好きでした。このジャケのこの女優だけ妙に記憶
>>続きを読む

ゾンビ・ホスピタル(2008年製作の映画)

3.3

全く期待していなかったが、意外と頑張っていた!
イカれた医師の人体実験の為に隔離され出て来れなくなった妹を救う為に自らもイカれたフリをして精神病院に乗り込む主人公の兄。
イカれた奴等ばかりの中、数少な
>>続きを読む

福田村事件(2023年製作の映画)

3.5

1923年に起きた実際の事件の映画化。
朝鮮人が復讐に来るというデマを信じた村人たちが自警団を作り大人から子供まで次々と誤想防衛で殺してしまう。

なんとも言えない気持ち悪さ。なぜこんな酷いことを‥
>>続きを読む

マッチ工場の少女(1990年製作の映画)

3.3

マッチ工場で働く少女の復讐劇。

皆、無表情

担々と、黙々と、

言葉少なく、音楽が代弁

いとも簡単に、もっともらしく、えげつない中身をさらっと描き出す

絶望、怒り、Delete‥

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

3.4

トニー・スコット監督。
ジョン・トラヴォルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ。

トニー・スコット監督らしい安定した仕上がり。
ただ、人質の乗客たちがそんなにビビっておらず少し緊迫感に欠ける
>>続きを読む

ドリラー・キラー 劇場公開版(1979年製作の映画)

2.2

期待していたのだが退屈な時間が多かった。
ダサい劇伴と時代を感じるキャストと映像は嫌いじゃないんだが、ストーリーが分かりづらくつまらない。
ゴアも少なめ。
不思議な雰囲気を醸し出している作品なのでその
>>続きを読む

フォービア/4つの恐怖(2008年製作の映画)

3.0

タイ産オムニバスホラー。
『女神の継承』や『心霊写真』の監督が参加している。
物足りないっちゃ物足りないけど、オムニバス好きなのでなんだかんだ楽しめました。
個人的に好きな順 3→1→4→2

オムニ
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.6

優秀な作文を書いてくる生徒と、その才能を伸ばそうとする教師。いつしか現実と妄想の挾間で揺れ動き、破滅へと向かう。

中々面白かった。個人的には教師への共感度が低めだった為、高めに描いた方がラスト付近の
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.5

往年の名作を鑑賞。
観たことある気がしていたけどガッツリ初鑑賞でした。
豪華キャストで、当たり前だけど皆若い!
観やすい作りで予想外の展開もあり楽しめました。
ていうかスケキヨ‥のインパクトよ

弾丸ランナー(1996年製作の映画)

3.8

SABU監督デビュー作。
おもしろー。こんなデビュー作センスしか感じない。
当時Vシネマの役者だったSABUさん。「おもんない」と嫁さんに愚痴ったら「自分で書いてみたら?」と言われて書いたのがこの『弾
>>続きを読む

サンクスギビング(2023年製作の映画)

3.7

唐突にやってくるオーバーキル!
グロ描写もイーライ・ロス監督なので安定のクオリティ。
個人的には着ぐるみ着たままいきなり首を跳ねられるシーンと、スーパーのカート合戦で引っ張られて頭皮メリメリ‥が特にお
>>続きを読む

JIGSAW ソリッド・ゲーム/生存者は見た(2010年製作の映画)

2.5

くそ〜まんまとはめられたぜ。
配信のタイトル『生存者は見た』。
鑑賞後フィルマークスで検索するもヒットしない、あれ?ないのか?と思ったらやっと見つけた。タイトル『JIGSAWソリッド・ゲーム/生存者は
>>続きを読む

ジュラシック・シャーク(2012年製作の映画)

1.7

みんな大好きZ級サメ映画。

・キャストに緊張感ゼロ。
・死ぬときはとりあえず水中に沈む。
・サメほとんど出てこねー。出てきたけどやっぱり激しょぼ。
・サメが宙を舞って下から腹部分を見上げるシーンだけ
>>続きを読む

フィアー 新感染山(2021年製作の映画)

2.6

水質汚染による感染ゾンビ終焉もの。
好きなテーマなので他の方々よりは点数高め。でも低評価なのは分かる。
ゾンビはあまり出てこず家族愛をテーマにしたドラマ仕立てがメインなので仕方ない。
もうちょい見せ場
>>続きを読む

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

3.6

パリピ仲間たちと「90秒憑依チャレンジ」を繰り返す若者たちに襲いかかる恐怖‥A24作品。

中々面白かった。
憑依シーンや傷つけるシーンは上手くできていて見応え有り。
テンポも良いので一気に観れる作品
>>続きを読む

オリバー・ツイスト(2005年製作の映画)

3.6

ロマン・ポランスキー監督が送る、19 世紀イギリスを舞台としたオリバー少年の物語。

悪い大人たちがたくさん出てきてオリバー少年を苦しめる。オリバー少年はただ生きるしかなかった。
そんな中でも一握りの
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.4

豪華で渋い面々。いいねーこのキャスト。

いやー、全く気が抜けない映画でした。
難解と言うよりは、話しはそこまで複雑ではない気がするんだけど、大事な話しをさらっと流すし、あえて?とも思われる説明不足シ
>>続きを読む

スライス(2018年製作の映画)

2.0

くそーー‥つまんね〜‥
A24でもこんな失敗作あるんだな。
オープニングは若干期待できたが、そこから見事に失速。
まー眠くなる眠くなる‥
最後はまさかのあっち系でしたが、まあそれも最後となってはもうど
>>続きを読む

カウントダウン(2012年製作の映画)

3.1

『バッド・ジーニアス』『プアン』の監督の長編デビュー作ということで鑑賞。

大晦日、3人の学生達は部屋に招いた薬の密売人と一夜を共にするが‥
テンポが良いのか悪いのかよく分からない流れだったが、次の展
>>続きを読む

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.4

1人の警官が国家権力に飲み込まれていくお話し。
嘘‥隠蔽‥暴力‥
安定の韓国節が効いていて見応え有り。
結局のところ主人公の稚拙さが目立ち、"家族のため"は後付けであって、他人よりも自分のことに固執し
>>続きを読む

I ~人に生まれて~/人として生まれる(2021年製作の映画)

3.6

14歳のあなたが、もしなんの相談も無しに両親の判断だけで性転換手術を施されたら?

というお話し。
男として生きてきた主人公は、突如学校で下半身が血まみれになりトイレに駆け込む。焦った両親が病院に連れ
>>続きを読む

学校II(1996年製作の映画)

3.6

再鑑賞。
またまた豪華布陣。
この頃のこういったシンプルで泣かせてくれる分かりやすい映画を観るとなんか嬉しくなってくる。
個人的には1作目の方が断然好きですが、2作目の方が好きと言う人がいるのも、なん
>>続きを読む

ファミリー・ディナー(2022年製作の映画)

3.2

太り過ぎで自信が持てないシミーは、料理研究家の叔母の家にお世話になる。必死にダイエットに励むシミーだが‥ついにその家の異変に気付く‥

イースターの日に向けて物語が進んでいくのだが、そこに至るまでの流
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.8

長いけど長さを感じさせない良作でした。
印象的なシーンや言葉があってよかった。

・作中のプロデューサーと準監督むかつくー!
・正論を振りかざす学生、落ち着け、お前もちょっと変だぞ。
・スマホショップ
>>続きを読む

デシベル(2022年製作の映画)

3.6

爆弾ものと潜水艦もの、2つ同時に楽しめる作品。
物語のベースは「潜水艦もの」ですが、メインは「爆弾もの」といった感じ。

『潜水艦もの(と言っていいのか微妙だが‥)に外れなし!』を体現するかの如くしっ
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

3.8

再鑑賞。数十年ぶり。
伊丹十三監督。山崎努、役所広司、渡辺謙、宮本信子、安岡力也‥
渡辺謙と役所広司若くてびっくり。誰か分からないよ‥
地味役で津川雅彦や松本明子が出ていたりと豪華。

不味いラーメン
>>続きを読む

バーナデット ママは行方不明(2019年製作の映画)

3.7

リチャード・リンクレイター監督、ケイト・ブランシェット主演。

冒頭テロップ‥
「脳の"割引機能"って知ってる?例えばプレゼントがダイヤのネックレスで大喜び。めちゃウキウキするけど、翌日はウキウキが少
>>続きを読む

陽はまた昇る(2002年製作の映画)

4.0

1970年代初頭、ビデオテープカセット規格『VHS』誕生までの実話を元に作られた2002年作品。
当時業界8位のビクターの高野鎮雄という事業部長がモデルになっており、窓際に追いやられた高野とVTR事業
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.7

予想より面白かった!
長いですがあまり気にならず楽しめます。
ホステスの素性を見破る場面が好き。
ラスト正面至近距離での打ち合いでそれしか当たらんのかい!というツッコミどころと、サイコボーイ室岡のサイ
>>続きを読む

>|