nonoさんの映画レビュー・感想・評価

nono

nono

映画を愛しています。ただの雑記

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

5.0

何がすごいってそんなの説明できないが、ただならぬ映画だということだけは確かである

小さな悪の華(1970年製作の映画)

3.6

あぁ確かにフランス映画を見た、という感じ
小生意気で血も涙もないような金持ちのワガママ娘大嫌い。。って4回くらい思ったけどそういう云々置いといてただただ脆く儚くうつくしい。
少女が女になる前のあの麗し
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

黒人が最もうつくしいと思う

little sharon black
鑑賞後ジャケットよく見るとおっ!てなるね

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

2時間ひたすら異世界、異空間、異音響。恥ずかしながら見終わってまずハテナ。ではなぜ割と高得点なのかと言えば、もうなんせ脚本が凄いから。
SFあんまり見てない人間が言うのもあれだけど、この類いのSFは稀
>>続きを読む

ハーフェズ ペルシャの詩(うた)(2007年製作の映画)

3.0

宗教色が強い国って少なからず怖いイメージあるけど、とても人間的に強い国だよなぁと思う。この映画でイランに行った麻生久美子が撮った写真&メモが載ってる本があって、それがとても魅力的過ぎて今作を見た
"イ
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

-

狼好きだーーもののけ姫で狼たち手懐けまくってるサンに憧れた時のあの感じ、、狼すきだわ 美しい

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

-

板尾さんやめてくれ、、、なんかもうもはやシュール、、寂しい
行定監督だからもう少し期待してた

子宮に沈める(2013年製作の映画)

-

ずっと避けていたものを見た見てしまった。あ〜〜という感じ何も言えない。後味が悪いのなんて覚悟してたがこんなにか、、精神的に参った

信じられないことに今日本では親の虐待やネグレクトで一週間に1人のペー
>>続きを読む

クラークス(1994年製作の映画)

3.9

なんでこんなに知られてないのかが謎すぎる!ジャームッシュを退屈じゃなくして小ネタ添えた感じ!面白いしリズムいいし音楽も良し!

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.7

なんて気味悪い映画だ
橋の上に立ち赤いワイシャツを着てほくそ笑む浅野忠信のあの表情をみた瞬間、自分でも驚くほど背筋に悪寒が走った。見てはいけないものを見た、そんな感じ

隣人(1952年製作の映画)

3.8

同胞に親切なれ、か〜!なかなか面白いこれ!小学生なんかに学校で見せても良さそう。テーマも撮り方も面白いし50年代を感じるようで感じない

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.8

i scream
you scream
we all scream
for ice cream
ジャームッシュの白黒三大作でダントツこれが一番好きだった

証言(2015年製作の映画)

-

女性が女性として生を受けたことを悔やむような社会ではいけない
こういうことは永遠に根絶できないんだろうか…悲しい

ピンクリボン(2004年製作の映画)

-

「今の映画がつまんないのはね、みんな穏やかで分別臭いからだよ」これは総じて時代の流れを捉えた一言だと思う
ピンクは奥が浅いようで割と深い

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

-

未だかつてこんなにサイケデリックな性描写のある映画を見たことがない。芸術的やらアートやらうたわれてるがそんな表現は陳腐とすら思える
この狂気と化した愛を自分の中に消化吸収できるほどまだ私は大人ではない
>>続きを読む

光にふれる(2012年製作の映画)

-

辻井信之さんのピアノが好きで久しぶりに聴いてこれをみたくなった
これピアニストのホアンさん本人だったんだなぁ。2人に通ずるのはとても優しい顔をしてるところ。映像とても綺麗だった。ただホアンさんだけをも
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

-

タケシ映画はなんてったって音楽がいいよなぁ、、見終わって10回はこのチンピラがぁ!!って言ったし岸部一徳の涙袋に惚れ惚れした
日本のおじさんたち超かっこいい

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

-

1よりビヨンドが好きだった。ヤクザ映画、、??と疑いの目だったのにいつのまにかこら面白いぞと前のめりになっちゃってたよね
加瀬亮様様様様

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.3

初めから終わりまで秀逸過ぎる。原作が大好きでずっと見るのを躊躇っていたのをとても後悔
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない。人生は他者だ」
原作を読み終えた時、題通り永い言い訳を
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.1

同じ戦争映画でも戦時中を描いたバリバリの戦争映画よりある意味もっともっと惨いのかもしれない。
カンボジアの地雷博物館で、地雷ひとつ約200円という安価すぎる値段だったという説明を聞いたのを思い出した

彼のオートバイ、彼女の島(1986年製作の映画)

-

若い時の竹内力がえらくかっこよくて竹内力って分からなすぎて笑う

戦火の馬(2011年製作の映画)

4.2

なんでこんな名作を今まで観てなかったんだ……スピルバーグはこの舞台を観て「ハートを鷲掴みにされた。もう映画を作らざるを得なかったんだ。あの感覚は到底言葉では表現出来ない」と言っていて、即監督する事に決>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

-

人形ずっとあのケースに入っとってほしいお願いだけん

お嬢さん(2016年製作の映画)

-

控えめに言って、
エロティッッッッッック!!!!!
というところなんだけど、これは凄い。どっと疲れるけど終わり方がスッキリなのでモヤモヤは残らない(まあ総じて気持ち悪いけど)
コクソンぶりにハラハラし
>>続きを読む

探偵物語(1983年製作の映画)

3.9

最高。。。薬師丸ひろ子になって優作さんとチークダンス踊りたいし酒飲み過ぎて優作さんにおぶわれながら家路を辿りたい

天使の涙(1995年製作の映画)

3.7

喋らない金城武もかっくいい。なにより映画の色調がかっくいい。私もバイクの後ろに乗って"今のこの暖かさは永遠だった"って言って哀愁顔したい。ウォンカーウァイ作品に出る女の人がはめるサングラス全部可愛い説

光陰的故事(1982年製作の映画)

3.6

皆言ってることだけれどエドワードヤンがずば抜けている
4もすきだけど。なんならオムニバス4本とも普通に好き

狼少女(2005年製作の映画)

3.8

展開が王道ではあるが、にしてもマーク数少なすぎて悲しい。もっと知られてもいい名作

>|