Uzukiさんの映画レビュー・感想・評価

Uzuki

Uzuki

映画(258)
ドラマ(6)

ベイブ(1995年製作の映画)

3.8

ほんわかしてるけど、心にぐさっとくるテーマ

ニキータ(1990年製作の映画)

3.9

やっていることはほとんど変わらないのに、どんどん華麗になっていくニキータの幅の広さに感心した

ソウ(2004年製作の映画)

3.9

予測がつかない面白さと恐ろしさが相見える

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

刑務所がメルヘンチックになったり、ブラウン一家が犯人探しに躍起になったり温かさを感じる作品

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.6

アクションは本編と遜色ない出来だと思うが、情報漏洩しそうだからといって、裏切ってもない丹精込めて育てたエージェントを簡単に消すってのがなんだか腑に落ちない

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

前作の面白さを殺さない上で、頭脳プレイとアクションの両方を混ぜながら、ボーンが何者か明らかになっていくのが魅力的

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.9

指紋残すようなヘマをボーンはしない
エンディングの入り方がイカしてる

アリスのままで(2014年製作の映画)

4.0

アルツハイマーには脳死の一種に近いものを感じさせられたし、このような状況になったときの死生観についても考えさせられた

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.8

ものすごく面白いかと訊かれたらそういうわけでもないけど、かといって退屈とは思わない不思議な作品

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.3

恋愛要素がメインなのはいいけど、ゾンビがいる世界という設定が死んでいる

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.5

映像の迫力には拍手を送りたいが、個人的にはストーリーがしっくりこなかった

>|