BRIDGESさんの映画レビュー・感想・評価

BRIDGES

BRIDGES

映画(94)
ドラマ(0)

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

-

ジェイソン・ボーン
人混みに 紛れて
逃げる時は
決して 走らない男
ジェイソン・ボーン
他人の車を
運転すると
無茶な 運転する男

いいね 73

任侠学園(2019年製作の映画)

-

義理人情に 熱い
登場人物たちの
キャラも 個性的で
面白かったです
桜井日奈子さん
少し 性格の悪い役
新鮮でした

いいね 82

3人の信長(2019年製作の映画)

-

3人の中で
誰が 本物の
織田信長か
実は 私は
3人とも 影武者で
本物は 別にいると
予想しながら
観てました
私の予想が
当たっていたかどうか
気になる方は
是非 観て下さい

いいね 75

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

-

片目を 失っても
また 戦場に戻る
PTSDになっても
私は 正常だと
言って 戦場に
戻ろうとする
シーンとか
印象に残っています

いいね 76

感染家族(2018年製作の映画)

-

新しい
ゾンビ映画
ゾンビなのに
レタス大好きとか
面白かったです
登場人物
それぞれの
キャラも
良い味を
出してました

いいね 72

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

-

冒頭のゲーム画面
懐かしい そして音楽
何度も ドラクエだと
思いながら
観てました
最後の展開は
ビックリしたけど
個人的にはありでした
サブタイトルを
見れば この展開も
納得です
ちなみに 私
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

-

正直
期待しすぎました
でも お爺ちゃん
良いキャラだったし
キメ顔 最高でした
あの終わり方は
続編あるのでしょうか

いいね 59

マレフィセント2(2019年製作の映画)

-

想像以上に
良かったです
油断していたので
3回も 泣いてしまった
油断さえしなければ
それにしても
マレフィセント
ロン毛だったとは

いいね 88

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

-

松田翔太さん
あの変態
ストーカーキャラ
最高すぎました
ヒロイン役の
女優さんが
山本舞香さんに
変わりましたが
個人的には
山本舞香さんの方が
好きです

いいね 70

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

-

ヒロインは
登場するけど
ラブシーンが
一切ない 潔い
肉弾格闘アクション
空中で 回転しながら
回し蹴り
カッコいいです

いいね 61

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

-

中山美穂さんの
新しい魅力が
発見できる映画
妻への復讐で
108人と
セックスをする
登場人物たちの
キャラが 中々
ツボでした

いいね 68

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲(2017年製作の映画)

-

登場人物
各方面から
苦情が こないかと
心配になりました
ヒロインの髪型が
サザエさん
みたいでした

いいね 57

デビルズ・ソナタ(2018年製作の映画)

-

完成しては
いけない曲
弾いては
いけない曲
弾くと ある者が
やってくる
ヒロイン
サービスショット
多めでした

いいね 53

(2018年製作の映画)

-


日本では
非日常の物
なので 手に
入れたら 無敵に
なったような
気持ちになる
分かるような
気がします

いいね 43

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

-

ラストの実際の
映像が 凄すぎでした
劇中で よく流れる
あの音楽が 耳に残る
主人公が 捜査官だと
言っているのに
話を聞かないで
暴行する 白人警官の
あのシーンが
印象的でした

いいね 70

劇場版パタリロ!(2018年製作の映画)

-

バンコランの
ファーストネーム
ジャックとは
初めて 知りました
キャストの皆さん
楽しそうに
演じていたのが
印象的でした

いいね 35

殺し屋(2018年製作の映画)

-

殺し屋
映画なのに
ド派手な
アクションは
ありません
主人公が
仕事前に 必ず
靴を 磨いているのが
印象的でした

いいね 53

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

-

もし
スーパーマンが
不良だったら
まさに そんな
映画でした
そう考えると
本家DCの
スーパーマン
真っ直ぐな青年に
育って 本当に良かった

いいね 81

ジェミニマン(2019年製作の映画)

-

相手が 自分の
クローンだから
戦い方が 似ている
アクション 観ていて
面白かったです
クローンだって人間だ
劇中で 印象に
残っている
セリフです

いいね 75

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

-

イ先生
私は よく
騙されるのですが
今回は 誰が
イ先生なのか
当たりました
ラストシーン
どうなったのか
気になる

いいね 74

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

-

4人が
帰ってきた
これだけで
私は 高得点です
今回もルールが
炸裂していました
ビル・マーレイさん
エンドロールで
大活躍は 必見

いいね 83

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

-

帰ってきた
サラ・コナー
登場して
いきなり見せ場
そして あのセリフ
この映画の
主役は 誰だか
分かっているだろ
そう言っているような
気がしました

いいね 73

女子ーズ(2014年製作の映画)

-

有村架純さん
高畑充希さん
桐谷美玲さん
この3人を
同時に観れるなんて
なんて贅沢な
映画なんだ
これだけで
個人的には
高得点です

いいね 82

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

-

2700キロ
確かに
過酷な旅だと
思いますが
荷物は 全部
ラクダが
背負っているので
映像では あまり
大変そうには
見えませんでした

いいね 69

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

-

赤い風船
某ディズニーの
某プーさんは
大好きですが
この映画では
恐怖の象徴
思っていたより
子供時代のシーン
多かった

いいね 65

王宮の夜鬼(2018年製作の映画)

-

吸血鬼とゾンビを
合体させたような
モンスター 夜鬼
少し軽い王子と
そんな王子に
振り回される
お供のキャラ
このコンビが
中々 面白かったです

いいね 71

アド・アストラ(2019年製作の映画)

-

常に 沈着冷静
心拍数は 80の男
そんな 主人公が
ある意味 魅力的で
映像が 綺麗な
映画でした

いいね 60

愛がなんだ(2018年製作の映画)

-

愛がなんだ
愛とはなんだ
相手の都合に
合わせすぎて
都合の良い人に
映画の中で
登場した
王様と家来の話
この話が 印象に
残っています
幸せになりたいっすね

いいね 70

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

-

フードを 被って
弓矢アクション
某ゲームを
思い出しました
弓矢アクションは
かなりの見応えが
あると思います

いいね 65

ホームステイ ボクと僕の100日間(2018年製作の映画)

-

他人の体に
入って
100日間で
自殺の真相を
つきとめる
全然 想像して
いなかった
展開でした
管理人のキャラが
ツボでした

いいね 91

アス(2019年製作の映画)

-

自分の分身が
襲ってくる
時々 流れる
あの音楽と
主演の女優さんの
顔が 怖かった
ラストは 見事に
騙された

いいね 62

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

-

復讐のために
5年かけて
準備をする
その執念が凄い
最愛の人を
殺されたら
誰だって
ライリー・ノースになる

いいね 71

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

-

行動が 大胆に
個人的には
もうちょっと
大人しくしていたら
状況も変わっていたはず
そう思ってしまった
エンドロールでの
あの映像は
仕込みなのか
どうか気になりました

いいね 75

惡の華(2019年製作の映画)

-

究極のドSと
究極のドMが
出会った
感じの映画だった
きっとこれも
ある種の青春
だと思います

いいね 48

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

-

20秒後
トイレに来て
ノックは 2回よ
私も 美女から
こんなお誘いを
受けたいです
それは さておき
何故 消えたのか
事件なのか
事故なのか
そのあたりが
ハラハラしました

いいね 65

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

-

犯人が かなりの
キレ者で 見応えが
ありました
何故か 途中から
犯人を 応援
してしまい
完全に 犯人目線で
観てました

いいね 100

>|