評論男さんの映画レビュー・感想・評価

評論男

評論男

ナタ転生(2021年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

いやー
迫力のある
戦闘シーンでした
自分の本当の姿が
自分の後ろに現れる
私は ジョジョの
スタンドを思い出しました
個人的には ある人物の
正体を明かすシーンが
凄い カッコ
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

ニヤニヤしている
西島秀俊さん
真顔をしている
佐々木蔵之介さん
目力が 強すぎる
高嶋政宏さん
熱すぎる
市原隼人さん
そして 最後に
寝顔が 可愛すぎる
本田翼さん

以上
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.0

どうも
評論男です

ソニックと
ドーナツ卿
2人の友情に心が
温かくなりましたが
そんな 2人より
目立っていたのが
悪役のジム・キャリーさん
凄い 生き生きしてて
顔芸や独特の動きで
何回か 笑っ
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

2.5

どうも
評論男です

まず この兄弟
名前が シスターズ
兄弟なのに シスターズ
気に入りました
キャスト陣が 曲者揃いで
期待値が 上がりました
それにしても 川に
投入していた
薬が 気になる
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.0

どうも
評論男です

物語の進み方が
スローペースだと
思っていたら
3部作との事
ヒロインが 何を
したいのかよく
分からなかったけど
サービスしてくれる
シーンがあります

以上
評論男でした

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.0

どうも
評論男です

元妻と元妻が
同居することになる
展開が 面白く
飾ってある絵を
外したり また元の位置に
飾り直したりする
シーンが 好きです

以上
評論男でした

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

2.5

どうも
評論男です

私 おそ松くん
全然 予備知識ないのに
映画を観てしまって
おそ松って 名字だと
思っていましたが
下の名前だったとは
ビックリして
シェェーー状態

以上
評論男でした

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

序盤から
違和感がずっと
あったまま物語が進み
終盤で ある事実が
あきらかになると
とんでもない展開に
マンハッタンの橋は
封鎖できても 日本の
レインボーブリッジは
封鎖で
>>続きを読む

善き人に悪魔は訪れる(2014年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

この映画は
教えてくれる
決して 知らない
マッチョな男性を
家の中に入れては
いけないと
終盤で ある事実が
判明するのですが
なるほど だから
そういう事だったのかと
唸って
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

藤原竜也さんが
猟奇殺人者を
演じていたけど
藤原竜也さんの
熱狂的なファンの方なら
藤原竜也さんにだったら
縄で 首を
絞められても良いって方も
いるかもしれない
ちなみに
>>続きを読む

シークレット・ジョブ(2019年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

まさか動物園にいる
動物が 偽物だとは
思わないから
人が 着ぐるみを着て
動物になりきる
かなり 大胆な作戦です
でも 世界中
頑張って探したら
自分で ペットボトルの
フタを
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

まず タイトルを見て
ビックリしました
私の事を 知らないのに
どうして 私が
まともじゃないと
分かったのですか
個人的には
成田凌さんの
笑い方が ツボでした

以上
評論男
>>続きを読む

ジェクシー! スマホを変えただけなのに(2019年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

スマホは 人間が
操作する物なのに
人間が スマホに
操作されています
AIが さらに進化したら
本当に こんな事が
起きるかもしれない
スマホと人間の
ある行為が 衝撃的です
>>続きを読む

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

車の運転テクニックが
凄すぎます だが
そんな運転をしていたら
タイヤのゴムが すぐに
なくなり タイヤ交換の
時期が 早くなるので
タイヤ代が 心配に
なりました

以上
評論
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

感動の実話
ダンガル ダンガル
ダンガル ダンガル
娘達に レスリングの
才能があると
知った父親が
ダンガル ダンガル
ダンガル ダンガル
娘達に レスリングの
練習を 強要す
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

主人公役の
俳優さんの顔が
オードリー若林さんと
中井貴一さんを足した
感じで 若林さん
頑張れと思ってたのと
妹役の女優さんが
片桐はいりさんに
似ていて これも
片桐はいりさ
>>続きを読む

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

ソウが 新章として
帰ってきました
続編でもなく
リメイクでもなく
新章として
私 観ながら
そうきたか
そうくるか
そうだったのかと
何度も 何度も
そう思ってしまった
ラスト
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(2014年製作の映画)

3.0

どうも
評論男です

Filmarksの諸君
いきなり冒頭で
波動砲の封印から
始まり デスラー総統が
登場しない 個人的には
波動砲を撃たない ヤマトは
スペシウム光線を撃たない
ウルトラマンに 匹
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

5.0

どうも
評論男です

広瀬すずさんの
魅力が 大爆発してました
ジャパァァン
小ネタと伏線の
回収が 見事でした
ジャパァァン
堤真一さんの
下唇が 突き出ていたのが
面白かったです
ジャパァァン
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

全編 日本が舞台の映画
カッコいい女性の
ガンアクション
良かったです
miyaviさん
ギターで 戦うのかと
思っていましたが
普通に 戦ってました

以上
評論男でした

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.0

どうも
評論男です

ヒロインが 最後
紅白歌合戦の時の
小林幸子さんみたいに
なってました
最後に これだけ
言わせて下さい
アァァーーーッ
アー アー アー アー
アー アー アー アー

以上
>>続きを読む

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

犯罪者集団に
育てられた 主人公が
自分の秘密を 知った後の
覚醒が 凄かった
終盤で 明らかになる
真相の数々が
韓国映画って
感じがしました

以上
評論男でした

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

邦画で ここまで
やってくれるとは
正直 思って
いませんでした
あのシーンは
邦画にしては 攻めて
いたのではないでしょうか
最後に これだけ
言わせて下さい
西島秀俊さん
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

主人公が パソコンを
盗んだのが 一番悪いのに
全然 悪くない友達達が
巻き込まれたのが
かわいそうでした
ショットガンの音を
ダウンロードして
再生する あのやり方は
感心して
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

この映画を
観た後 あなたは
SNSをやめますか
それとも 続けますか
後半の暴露大会が
壮絶すぎて 私は
この展開 好きです
序盤に ヒロインの
サービスタイムあります

以上
>>続きを読む

ヒキタさん! ご懐妊ですよ(2018年製作の映画)

4.5

どうも
評論男です

私は 未婚なので
妊活が こんなにも
大変なのが 分かって
いませんでした
伊東四朗さんの
嫌々だぞ
この台詞の後の行動と
濱田岳さんが
主人公より先に
泣き出すシーンが
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

5.0

どうも
評論男です

この映画は
良い映画ではなく
素晴らしい映画です
すべてが 最高すぎました
アクションも良いのですが
終盤にあるロマンチックな
シーンが 個人的には
好きです

以上
評論男でし
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.5

どうも
評論男です

リー・ワネルさん
この映画で 才能がさらに
アップグレードしたのでは
ないでしょうか 個人的には
そう感じました
ちなみに 私は
女性からは 私の存在
透明人間です

以上
評論
>>続きを読む

ヒーズ・オール・ザット(2021年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

ヒロイン役の女優さん
初めて観る方でしたが
表情が クルクル
変わって可愛かった
ヒロインが 貧乏なのに
お金持ちのフリをする
某ドラマの
松嶋菜々子さんを
思い出しました
最後
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

主人公が
死んだ息子が
残した音楽で
立ち直っていく
映画なのですが
終盤のある真実が
あきらかになると
今までの見え方が
180度変わる ある意味
どんでん返し映画で
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

3.0

どうも
評論男です

ホラー映画かと
思っていたら
どんでん返し映画でした
ド派手な服装をした
女性が 履いていた靴に
トゲトゲが いっぱい
付いていたけど
あれは 金属探知機に
反応しますよね

>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

個人的には
こんなアパートには
住みたくない
ランキング 1位です
みんな良い人達だと
思っていたのに
ヒロイン役の女優さん
可愛かったのと
ラスト好きです

以上
評論男でした

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

幽霊よりも
人間が 一番怖い
そんな映画です
がまんできないよーーー
この台詞は 個人的には
名言だと思います
最後に これだけ
言わせて下さい
大島麻衣さんの
セーラー服姿を
>>続きを読む

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

4.0

どうも
評論男です

被害者にとっては
時効がきたからといって
犯人を許せるわけではない
犯人の身代金の
受け取り方が
凄い参考になります
あの方法があったとは

以上
評論男でした

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

どうも
評論男です

88分 主人公と
同じ状況で
映画が 進行して
想像力が 試されます
終盤に 明らかになる
誘拐事件とある秘密に
私は しばらく
思考停止しました

以上
評論男でした

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.5

どうも
評論男です

個人的には
シリーズで 1番好きな
映画です 今回の敵は
ハリウッドで
最も怒らせては
いけない男
ジェイソン・ステイサムさん
そして ラストの
あの演出は シリーズを
観てきた
>>続きを読む

>|