Gyozaさんの映画レビュー・感想・評価

Gyoza

Gyoza

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

4.5

衝撃の実話
普通のセールスマンが
核戦争の危機を救う
スパイ映画だけど
実話なので ド派手な
アクションはない
だけど 緊張感が凄いのと
二人の友情が 良かった

赦しのちから(2019年製作の映画)

3.5

神に愛されてる
神に赦される
キリスト教の方は
スッと入ってくるかと
思いますが 私を含め
神をそんなに
信じていない方には
ピンとこないのでは
最後のレースシーン
少し 涙しました

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

3.0

あの名作の
日本版リメイク
Netflixで配信が
始まったので観ました
観る前に 思っていた事
キャスト陣を見れば
誰が 生き残るのか
想像出来る
これが 良い意味で
裏切ってくれるのか
気になる方
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

凄い 映画でした
ストーリー展開
伏線回収
まさかまさかの
まさかまさかー状態から
結末が 判明したと
思ったら そこからの
展開に ビックリして
ビックリクリクリ
クリックリ状態

ユー・ピープル ~僕らはこんなに違うけど~(2023年製作の映画)

3.5

白人と黒人
人種問題に宗教問題
この人種問題は
日本人には 理解
出来ないところも
あるかと思います
キャスト陣
結構 豪華でした

私は世界一幸運よ(2022年製作の映画)

3.5

条件の良い
イメケン恋人と
もうすぐ結婚する
主人公 幸せなのかと
思って観ていたら
主人公の過去の出来事が
だんだん分かってきて
衝撃の事実が
明らかになる
思っていたより
重い映画でした

ウォークラフト(2016年製作の映画)

3.0

完全に続編を
想定した映画
誰が 主人公なのか
いまいち 分かりにくい
オーク側かなと
思っていたけど
やはり 人間側っぽい
あの息子がどうなるのか
気になる

ポップスター(2018年製作の映画)

3.0

驚異的なショー
驚異的 驚異的 驚異的
驚異的 驚異的 驚異的
高く 高く 高く もっと
高く さらに高く
驚異的に高く

主人公 セレステ
ダンサー達と
ステージに上がる
直前にしていた
かけ声が
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

ピーター達が
とにかく可愛い
見ていて 癒されます
ピーター VS トーマス
二人の戦いも
何回か笑ってしまった
ちなみに 関根勤さん
旧芸名は
ラビット関根です

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

4.5

岡田准一さん
見た目が 悪っぽい
個人的には 正統派
イケメンより
似合ってました
松岡茉優さん
最高でした
MIYAVIさん
戦う時 ギターで
戦ってほしかった

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

3.5

クセルクセス大王
ビジュアルが
強烈すぎて 一度
見たら忘れない
血が 飛び散るシーン
毎回 スローになるのが
最高でした

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.0

安定安心のディズニー
メリー・ポピンズ
彼女は 何者なのか
登場する 数々の衣装が
豪華で 素敵でした
個人的には
お風呂の中に
入っていくシーン
気にいっています

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.0

日本では違法
安楽死
実在した医師を
モデルにして映画化
お腹が 空いている時に
観たので 劇中での
焼き鳥が 凄く
美味しそうでした

JUNG_E ジョンイ(2022年製作の映画)

4.0

ユーモア

もっとド派手な
アクション映画だと
思っていたら予想より
ヒューマンドラマ
AI兵士が テスト中に
毎回 同じ場面で失敗する
理由が 明らかになる
シーンが切なかった

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.0

台湾ホラー
学校 夜 雨
状況は 最高です
最初の方は
何故 そんな事に
なっているのか
あまり分からないけど
真相が 分かってくると
面白さが増します

マイ・バッハ 不屈のピアニスト(2017年製作の映画)

3.5

天才ピアニスト
少年時代
習得するのに
2ヶ月かかる
教習本をすぐに
終わってしまって
ピアノの先生が 両親に
もう私は 必要ないって
言っているシーンが
印象的でした

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

3.5

黒色のロングコート
処刑人の主人公
もうこれだけで
カッコイイ
シリーズ完結編
みたいですが
狼人間との戦いも
これで最後なのか

息子のままで、女子になる(2021年製作の映画)

3.5

自分らしく生きる

コンテストに
出場している
皆さん 表情が
輝いていました
カルーセル麻紀さん
あのコメント
本音で言っていたのが
良かったです

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

安定安心のディズニー
人は 見た目ではなく
中身が 大切なのだと
教えてくれる映画
そうなんです
人は 見た目ではない
中身です 中身なんです
見た目ではないです
お願いします
中身で 判断して下さい

レベッカ(2020年製作の映画)

3.0

主人公が
夫の屋敷で働く
メイド達から
前妻のレベッカと
比べられて 少し
バカにしたような目で
見られているシーンが
印象的でした

THE RESCUE 奇跡を起こした者たち/ザ・レスキュー タイ洞窟救出の奇跡(2021年製作の映画)

4.0

奇跡の実話
救出が 本当に
ギリギリだったのが
分かるドキュメンタリー
色々な場面をカメラで
撮影していましたが
救出に 失敗していたら
この映画
どうなっていたのか
少し 気になりました

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

安心安定のディズニー
お子様が 観ても
大丈夫な映画
全てを知っている
雰囲気を出す
フクロウ
仕草が可愛い
ネズミ
そして 主人公が
魅力的でした

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

この画像で
コメディ映画だと
勝手に想像していた
結構 シリアスな映画
人口増加問題
これの解決策が
人間のサイズを
小さくする
アイデアが面白かった
ちなみに 私は
人としての
器の大きさは
ダウン
>>続きを読む

うちの執事が言うことには(2019年製作の映画)

2.5

ジャニーズ
ファンの方には
たまらない映画だと
思います
主人公と執事が
最初 あまり
仲が良くない所が
面白かった

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

4.5

最高の料理が
楽しめる
高級ディナー
参加出来るのは
招待された人だけ
料理を出す前に
毎回 シェフが
手を叩いて
料理の説明をするけど
音が 店内に響くので
毎回 私もビクって
なりました

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.0

感動の実話
とにかく
劇中の音楽が
最高すぎて 歌詞が
物語と一致していた
隣人のお爺さん
幼馴染の親友
親友の父親
新しい友達と先生
ナイスキャラでした

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

4.0

カワバンガ

爆破大好き
ハリウッドの破壊王
マイケル・ベイ監督
今作では 監督ではなく
製作なので 爆破と
破壊が 少し
大人しかった
これが 監督だったら
恐らく もっとド派手に
爆破していたと思
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

4.0

冒頭で いきなり
ダンブルドア先生の
秘密が 明らかになり
その内容に 私は
ビックリして
ビックリクリクリ
クリックリ状態
魔法バトルはかなり
見応えがあり
ダンブルドア先生
強すぎる

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

4.0

あの名作映画の
日本版リメイク
主人公 2人が
男性から女性に変更
病気という
共通点がなければ
出会ってなかった
住む世界が違う
2人のキャラ
個人的には
社長秘書役の
ムロツヨシさん
最高でした

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

4.0

衝撃の実話
私の好きな
脱獄系の映画
脱獄の方法がお見事
あの時代だから
成功したっていうのも
あるかと思いますが
それでも
執念が凄かった

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.0

この画像を見た時
この2人のラブラブ
カップルの話かと
思って観たら
全然 違いました
主人公が とにかく
流されっぱなしなのに
モテまくるから
話が ややこしくなる
そんな主人公に
イライラしながら
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

4.0

序盤で いきなり
エンタープライズ号
撃墜されるのが
かなり ショックな
展開で しかも
あるキャラは
今後の進路を決めて
船を降りる 決断をする
このシリーズ
終わってしまうのか

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断(2017年製作の映画)

3.5

悲しいお話でした
途中から 私は
警察ではなく犯人側を
応援してしまった
あのキャラ達も
少しだけですが
登場していたのが
良かったです
北村一輝さん
演じるキャラ
カッコイイ

ホワイト・ノイズ(2022年製作の映画)

3.0

有害な物質が
事故により漏れて
人々が 緊急に避難する
パニック映画だと
思っていたら
後半は違いました
エンドロール
登場人物達が
スーパーで
買い物しながら
商品を持って踊るの
最高でした

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(2022年製作の映画)

4.0

アバター
超ヤバター

すいません
言いたかっただけです
3Dで 観たけど
映像の飛び出しが凄く
目の前どころか
4回ぐらい
私に映像が
ぶつかりました
すいません
嘘です

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.0

前半は 兄が主役
後半は 妹が主役
劇中での音楽が
印象的で個性的でした
兄が 髪を金髪に
染めていたけど
高校生なのに校則違反
大丈夫なのか
心配になりました

>|