BoltsFreakさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

セクレタリー(2002年製作の映画)

3.1

最後まで見るとジェームス・スパイダーに子供の様なかわいさを感じる😁

息子の面影(2020年製作の映画)

3.1

今も昔も変わらないメキシコ国境エリアの闇の世界

吸血鬼(1967年製作の映画)

3.1

ポランスキーのヴァンパイアは非力で飛べないと言うもはや人間と大して変わらない

私のように美しい娘(1972年製作の映画)

3.2

ガサツで喧しく無神経且つ色気無し
松野明美を彷彿させる女に夢中になってしまったスタニスラスの悪趣味さを冷やかに観賞😂

アウトローブルース(1977年製作の映画)

3.5

設定ゆるゆるだけど古き良きアメリカらしさのあるとても良い作品

プロデューサーズ(1968年製作の映画)

3.0

最後がしっくり来なかったけどこの時代のstoryとしては結構楽しめる作品

モンテーニュ通りのカフェ(2006年製作の映画)

2.8

芸術的要素が盛りだくさん過ぎて人間交差のインパクトが薄れる

6年愛(2015年製作の映画)

3.1

これはどー見てもダンがダメだわ…
遊びたい盛りに1人だけって無理なのは十分理解するけど

とまどい(1995年製作の映画)

3.2

エマニュエル・べアール主演作を観賞
前作の自由奔放路線はここでも発揮してた

ホームドラマ(1998年製作の映画)

3.1

冒頭のシーンでフラッシュフォワードな展開かと思いきやそれ以上に狂気路線だった😅

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.1

まさかのPG作品
イーサン・ホークの無駄使い感ハンパない😂

オオカミとライオン(2021年製作の映画)

3.3

story的にも子供向け作品だったけど子供の頃のオオカミとライオンが可愛すぎた

幼い依頼人(2019年製作の映画)

3.2

無駄なことはせず価値(金になる)ある仕事をする
ある程度権力を持っている韓国人って人として腐ってると言うイメージが増してしまう作品

愛欲のセラピー(2019年製作の映画)

2.7

アデル出演作なので観賞
よく分からない作品だった

マンディブル 2人の男と巨大なハエ(2020年製作の映画)

3.3

冒頭の昭和歌謡っぽいBGMからハマる本作
「地下室の変な穴」もそうだけどこの監督発想が天才過ぎるwww

カンダハル 突破せよ(2023年製作の映画)

3.3

アメリカ国防情報局職員がアフガニスタン赴任時に体験した実話を基にした作品

久々に手に汗握る緊迫感満載の作品観た

世界で一番美しい少年(2021年製作の映画)

3.3

若くしてshowbizの世界に入った故に良くも悪くも現実が見えなくなり常識や価値観の醸成が出来ないって不幸な気がする