ひな鳥ピヨーさんの映画レビュー・感想・評価

ひな鳥ピヨー

ひな鳥ピヨー

映画(2326)
ドラマ(250)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

3.5

ラストシーンで帰還してるね。
・イウォーク族でも思うけど熊モデルって可愛く思えるから不思議...着ぐるみ多数出演
・愛する不安ゆえに暗黒面に堕ちたアナキンの父性爆発回…まどろっこしい言い回しの兄妹

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.6

ヨーダはボケたかと思ったよ…茶目っ気、笑
・ロマンスからのランドと再会でどうなる!?ハンソロ
・決闘からのベーダの衝撃告白
・大活躍のチューバッカ
見所満載で壮大な特撮には時代を感じる...

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

4.2

ルース最高裁判事のドキュメンタリー
夫婦の愛が大きいだけに喪失感すごい…
映画よりもこちらの方がグッとくる。
就き続けることで象徴的にも勇気づけている!
"特別扱いは求めません 男性の皆さんお願いです
>>続きを読む

カンフー・パンダ3(2016年製作の映画)

3.7

集大成で一番面白い!
龍の戦士になっても変わらず陽気でファンシーなポー
"奪われるんじゃなくてポーの分が増える…"父ちゃんズの愛にもキュン
肉球気功に癒されたいー

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.9

初めて観た時は凄いなーと思っただけでちんぷんかんぷんだったことが時系列だと起こっている事象が明解!
このep.からで関係図を推測するの無理な気がする…
変わらないキャラクターデザインには脱帽だし、この
>>続きを読む

カンフー・パンダ2(2011年製作の映画)

3.5

~ラーメン屋さんのお父さんに育てられるようになった経緯編~
出自って人格形成にも繋がるから知りたいよ。
1 からの成長率半端じゃない!

アメリカン・パイ(1999年製作の映画)

3.5

童貞卒業協定~決戦はプロムの夜~
足の引っ張りが的確にヒットしてる、笑
なんだかんだでみんなのハッピーエンド
※食べ物は大切に…

カンフー・パンダ(2007年製作の映画)

3.6

ユキヒョウのスペックvs.パンダの食い意地
相撲なんかでは食べるのも稽古っていうし身体は資本だね。
このラーメン食べてみたい!

ビアンカの大冒険/ゴールデン・イーグルを救え!(1990年製作の映画)

3.5

親子の再会までは描かないの?
捕まった動物たちもどうにか救出されたことを願います。
ビアンカも良かったね!

ビアンカの大冒険(1977年製作の映画)

3.5

チームプレーだね。
好奇心の塊を好きになると苦労する
アホウドリ航空はスリリング、笑

リトル・マーメイドIII/はじまりの物語(2008年製作の映画)

3.7

ベンジャミンのキャラクターが絶妙に好きなんだけど女の趣味悪い、笑
トリトンの気持ちを思うと…。
時に、無神経で自分勝手に生きれる人が事態を好転させる。

リトル・マーメイドII Return to The Sea(2006年製作の映画)

3.5

孫に会わせずトリトンの存在も隠して、自分は好き勝手やっていたのに壁を作ってメロディーには我慢させるって...
知らずに変人扱いされてるのに年齢のせいにするなんて…アリエル…

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.5

サトシすごい!
ってなってからのミュウツーたちの立ち去り方…ファンタジー、笑
ピカチュウの気持ちは伝わるけどなかなか大胆な…

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

ファルコンGET!
恋愛・御守り・相棒チューバッカ...etc.
度胸とハッタリで人生を切り開く
カタコトでも話せたハンの教養スゴくない?

ザ・シンプソンズ MOVIE(2007年製作の映画)

3.5

海外ならではのウィットに富んだ作風!
グリーン・デイとか残念すぎ、笑
毒吐きまくるシンプソンズは現実にいたらなかなかのクセ強

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.8

真実を導き出す困難よりも不正解でも大多数の安心感を優先させてしまおうっていう思想ね…
根強く刷り込まれた黒人差別で冷遇される現実を受け入れてしまう。
悪意さえも抱かずに当然と思っている怖さ

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

パロディ感!
ピーターが亡くなってスパイダーマンが6人
バンクシーってよりかはデジタル現代アート風ではある。

わが谷は緑なりき(1941年製作の映画)

3.5

数学の例題に抗議する母親、笑
炭坑夫を素晴らしいと言う母親
現状と息子を見て先を見据える父親
右肩下がりの事業に頼りきった町で一寸先の闇を感じる。

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008年製作の映画)

3.5

~ジャバザハットの息子誘拐抗争、スカイウォーカー初めてパダワンをとる~

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

3.8

犬猿の仲で縁結びされてもね…笑
娘の幸せを願う良いパパじゃん!
溺愛されていたから叱られたりお姫様扱いしてこないのが新鮮だったのかな?

スカイ・ハイ(2005年製作の映画)

3.7

さすが、両親ヒーローだと7+7光!
自分で気付けただけ偉いと思うけど?
グウェンの統率力には年の功と執念を差し引いたとしても脱帽
勝手に仕分けされて劣等感植え付けられた承認欲求と負のパワーは強い

キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム(2010年製作の映画)

3.5

1では養成合宿なテイストだったけど、2ではロックをテーマとしたキャンプが本質だったと思い出させる内容

音楽を売り文句にしていてトップが仲悪いから競合するけど好みの問題だからどちらも需要はある。

キャンプ・ロック(2008年製作の映画)

3.5

超人気の歌手に会って、実は気さくな人だったとしても緊張とか萎縮することもなく対等にコミュニケーション取れるってどんなメンタルの娘なの…?
現代歌姫版シンデレラ~歌声を探して~

ホーカス ポーカス(1993年製作の映画)

3.7

元から性格悪いのかブスブス言われてひねくれたのか…
ハロウィーン伝説を軽んじちゃいけない。
マセた妹と大人ぶりたい兄の一夜物語

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

3.8

電球がどうなるのかと見ていたら恐怖...
そもそも一矢報いる為だけよ…?
一瞬のプライドに生きるって泥臭くも熱い。
最後の歩いていくシーンでハラハラさせられたけどユーモアってリスキー

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.8

SNSがあれば閉鎖的な町に住んでいたとしても世界と繋がれる!
合言葉は"汝の隣人を愛せよ"
おとぎ話みたいにみんな幸せになるストーリーなんだけど…別荘が断捨離になったとしても元旦那には天罰を望む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.1

量産型漫画原作映画
~地味で引っ込み思案だった女の子がモテ男子バスケ4人組と仲良くなり公私共にキラキラ生活おくる
映画化でコンパクトにすると途端にチープになる。

プール(2009年製作の映画)

3.4

タイだとしても、どれだけ高級住居なの…
リタイアで海外田舎リゾート生活に憧れる人の理想像だね!
家に壁と扉が無くて野良犬や虫がいたら…うーん。
好きに生きる人に憧れはする

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.3

いつになったらラーメン屋の峯田くんが歌い出すのかと期待していたんだけど…
BGMの挿入歌でしかない。
鉢以外でストロベリーフィールド畑なんて初めてみたわ、自分っていう存在意義

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.7

結局は育った世界が似てる者同士なのかよ…って思ってしまうところだけど、反発していただけで相手を想う価値観が違う人とは幸せになれない。
浮かれただけかもだけど悪びれないのは…ね?とにかくハッピーエンド

ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-(2020年製作の映画)

3.7

"生まれは変えられないけど未来は変えられる"
果たしてそうだろうか?過去はいつまででもつきまとうし一つ一つの選択が未来を左右する…
甘やかしたり誤魔化したり妥協の繰り返しが悪化させたともいえる。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

身体に染み付いた臭い?
半地下物件なんて日本ではなかなか住居イメージないなー。
大雨で水没する店舗は下水のにおいがするから線香で消している…
同類相憐れんだらみんな幸せだったのかな?

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

1.0

ゴールデンラズベリー賞ものだね。
ルパン風?
尋常じゃない能力を持ちながら結城中佐のもと"暗躍する"D機関を目立ちたくてしょうがないド派手スパイに仕上げてどうする...
陳腐な恋愛話も加えて原作の面白
>>続きを読む

チア男子!!(2019年製作の映画)

3.5

『ウォーターボーイズ』な男子だけどチアする青春大学生チーム"BREAKERZ"
それぞれに挫折や劣等感や心の葛藤を乗り越えながら自分達が頑張ることでみんなを応援する。
高く翔べ!
姉役で唐田えりかさん
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.1

そんなに天才じゃない…
超お嬢様と貧しい家庭青年の学園プライドラブコメディ
橋本環奈は貫禄出てるけどいつまで制服役を演じるんだろ?

>|