ひな鳥ピヨーさんの映画レビュー・感想・評価

ひな鳥ピヨー

ひな鳥ピヨー

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

3.0

最悪から逃れて人生少し上向きになっても新たな最悪が追いかけてきて覆いつくす

空想や物語の中でなら幸せな結末を紡ぎ出せる。リアルを脚色してフィクションにしたら、辛いことだって糧になって報われるはず…
>>続きを読む

白蛇:縁起(2019年製作の映画)

3.4

暗闇を美しくファンタジー描写できるってCGアニメーションならでは?
で、中国ビューティーな世界観って突き詰めるとドラマにしろ映画にしろ似た感じの演出になるんだね。既視感

一瞬、ドフラミンゴのイトイト
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.5

トラブルの原因は無自覚なマナー違反からかも…

これってあおり運転に限らずにトラブル全般にも同じようなことが言える気がする。
"自分に甘く他人に厳しく"強く怒ったほうが悪人になるけど、他人の事情に無関
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.4

『シザーハンズ』じゃなくガンズハンズで、スター取ったマリオじゃなくドラッグ摂取で無敵

呑んだら乗るなじゃなく呑んだら書くな

『ファイト・クラブ』もそうだけど、主催だけじゃなく需要供給で殺し合いに熱
>>続きを読む

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.5

アメリカのコメディ映画にありそうな感じ

人は見た目の印象じゃわからない!
パイロットの休憩室映っていたね。意外なところでこだわって製作しているのかな?

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.5

第二弾の『唐人街探偵 NEWYORK MISSION』でも思ったけど、どうやって撮影許可とってるんだろ?
エンドロール見るとグリーンバックだからVFXもあるんだろうけど本当にリアル

ほとんど日本人の
>>続きを読む

尚衣院 サンイウォン(2014年製作の映画)

3.6

ドラマ『私はチャン・ボリ!』観ていたからか、聞き慣れた用語だった。
韓服はそれだけ伝統とルールあるんだなって思う反面、斬新さも評価されると。

“勝てば官軍負ければ賊軍”
嫉妬や劣等感だとしても生き残
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

3.7

真面目に生きてきても不条理に不幸なら、いっそのこと甘い言葉で一時でも癒してくれる神にすがって堕ちてみる?

“泣きっ面に蜂”じゃないけど、カモ名簿然り弱ってる人間ほど付け込まれる…

夫であり父親の自
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.6

~東西の壁を気球で越えようとした家族たち~

『ある画家の数奇な運命』では、意外とすんなり行っていたよ。
分断したら社会主義と資本主義になるのなら、せめて選択の猶予期間あればいいのに…

大使館への駆
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.5

プログラマーならハッキングでセキュリティの脆弱性を見つけるけど、スタローンだから監獄を脱出してみせることでシステムの穴を見つける

筋肉だけじゃなく化学知識や人間観察のあの手この手で抜け道を探す

>>続きを読む

音響生命体ノイズマン(1997年製作の映画)

3.0

あれだ。
イラストのスライドショーみたいな感じで10秒くらいのショート映像をストーリー性をもって繋ぎ合わせたみたいな?

フィンランド民謡とかなのかな、和やかなはずなのに変に奇っ怪で不気味

ザ・ハント ナチスに狙われた男(2017年製作の映画)

3.6

過酷な行程を生き抜くのに必要なのは…

この時代に善意で連携して受け渡しできたのが奇跡

希望を捨てちゃいけないって言うのは簡単だけど、もう自分じゃどうすることもできないこんなに絶体絶命が続いたら生き
>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.7

何か、内容に憶えがあると思ったら主演松たか子の『ラストレター』だ。
岩井俊二監督自らが中国版で制作してからすぐに邦画でも制作するってリメイクでもないし不思議

姉妹だから余計に疎遠になっても縁は切れな
>>続きを読む

飛べない鳥と優しいキツネ(2018年製作の映画)

3.4

そんなつもりなかった、悪いとは思っている。それで終われる話でもない

現実逃避でもしなきゃメンタル保てないけど、現実には逃げ込める場所なんてない
唯一の逃げ場もサービス終了で詰んでる…
バーチャルから
>>続きを読む

この世で俺/僕だけ(2014年製作の映画)

2.0

まず、台詞がごにょごにょ喋っているから聞き取り難い。それなのにパンク部分はうるさい

選挙で赤ちゃん誘拐する考えも非道いが、返せなくなったからと面倒みてあげてもそれだって優しさも責任感もそこじゃないし
>>続きを読む

13デイズ(2000年製作の映画)

3.6

JFKって何なんだろ?
歴代大統領がいたとしても、終わり方も壮絶だし在任期間約三年なのに就いていた時期もそうなのかもしれないけどあまりにも濃厚でインパクト大だし重要案件に関わりすぎているのに若いし…
>>続きを読む

唐人街探偵 NEW YORK MISSION(2018年製作の映画)

3.5

団体芸みたいなジョークなのか笑いどころはココだってのは空気感でわかるんだけど…んー、国際的な笑いのツボの壁?

謎解きの脳内をハイテクに可視化しているとか近年よくみる演出だし、悪くはないんだけど脚本が
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

3.7

反省や改心ってどうやったらできるんだろ?それが持ち味で芸の肥やしって言ってしまえばそれまでなんだけど…
なんとかなっちゃったら変われないし、でも悔しい

(私だって私なりに頑張ってる!
誠実さとか直向
>>続きを読む

甘き人生(2016年製作の映画)

3.5

消化不良で闇を抱え続けたのは結果論で時間や自然の成り行きに任せたのも無責任ってわけでもない

可愛いからイタズラ心で意地悪したくなる気持ちもわかる。そんな些細な出来事が心のキズになったりもするし…
>>続きを読む

ファウスト(1994年製作の映画)

3.7

『アリス』もそうなんだけど、ヤン・シュヴァンクマイエルのリアルなのにどこかおかしな夢の中にいるみたいな世界観が好き。
頭バグって地味にうなされる悪夢ってこんな感じ

後半の人形劇に疲れたけど。

ピーター・パン(2003年製作の映画)

3.7

犬のばあや可愛い!
セントバーナードってデカイのに愛嬌があるから憎めない

これは美術には細部まで凝っているから、ファンタジー感増すための絶妙にあえてリアルにし過ぎないクオリティーでCGとフィルムみた
>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

3.5

あれー?
キョンシーってこんな感じだったっけ?
ほぼコメディ

わさわさ出てきて陰陽師みたいだが、記憶していたほどホラーでも怖くもない

堺正章主演の『西遊記』が1987年だからそのあたりの特殊メイク
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.5

前フリは大事だけど、こんなにながながと半分使って本題入るまでの助走が必要だったのかな。それはそうと、

妻になるのと継母になるの、どっちにもなることが前提でのスタートだったのに。"しんでれら"だったの
>>続きを読む

愛を歌う花(2016年製作の映画)

3.7

愛や感情は残酷

才能とチャンスは受け容れても愛は拒絶すべきだよ…
悪気なく結果として裏切ったとしても純粋に惹かれ合っただけなら怒るのはお門違い?それでも親友として思いあえるなんて虫がいいし無神経だよ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.7

出会い系サイトでもなくSNSで平然と欲望のはけ口探しているのが、12歳じゃなくても気持ち悪い…

昔からテレクラ・テレホンsex・イタズラ電話・露出狂...etc. いろいろあっただろうけど、こんなに
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

事件になって特定されて現実とリンクされたら恐怖映像で炎上ものだけどね…

面と向かって本音は言えないからSNSで気付いて欲しくて繋がれることを期待しているのに現実に反映されないからまた絶望

少女と老
>>続きを読む

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.6

もっと悪人いるだろうよ…
罪を被せられるのも痛めつけられるのも傷付くのは末端の人間

で、9つの命を持っているのは猫じゃない?盛るくらいだから勘違い?
どっちにしても闘犬だろうと野良犬だろうと犬扱いに
>>続きを読む

ミリオンダラー・スティーラー 史上最大の作戦(2020年製作の映画)

3.6

吸い殻1本で思い付く?

悪い予感ほど現実になるもので…
ミスなくことが進んだわけじゃないけど仕事ならフォローも完璧なのにプライベートの危機管理は最低ランク

まあ、映画としては伏線で実話としては不安
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.5

司法取引って通常は情報なんだろうけど武闘派にはこっちのほうが合っている!

"蛇の道は蛇"
凶悪犯罪なら警察がお手のもの
悪い奴らを捕まえるのは悪い奴ら

韓国でも豊臣秀吉は有名なんだね。
とんでも誇
>>続きを読む

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)

3.0

レビュー見ると同情する擁護派が多いみたいね。
実際の日本人の時は自己責任の批判的意見が多かったと思うんだけど

世界で起こっていることを当事者意識を持って考えるのは理想であって、実際の家族だから必死に
>>続きを読む

いのちスケッチ(2019年製作の映画)

3.4

おばあちゃんの絵の上手さのほうが驚く、遺伝?
写真よりもイラストのほうが個体識別できるのかも。

間近で見るキリンや触れ合える距離の猿は小規模動物園ならでは?
パンダが描く似顔絵でも十分に嬉しいけどね
>>続きを読む

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

3.6

綺麗にうまくまとまっているとは思うんだけどなー、二時間でまとめようとすると内容がコンパクトになるのは仕方ないんだよね。

世界観も損なわれているわけじゃないし、物足りない気がするのは原作とドラマを観て
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.7

忠誠心って一種の愛だよね。
愛した人の言葉なら間違っていると感じつつも信じたい、それで何が裏切りになるかはそれぞれ…

"どうすればいい?"訊いているんじゃなく察して私を満足させる言葉を述べてみよ、い
>>続きを読む

チャンブラにて(2017年製作の映画)

3.5

父や兄に代わって僕が頑張る。
って、一人前とか大人の仲間入りってそういうことじゃない
強要もされていないが、環境と見てきた背中で考えつくのはこれしかない

文字が読めなくたって貧乏だって何だってして家
>>続きを読む

奇跡のひと マリーとマルグリット(2014年製作の映画)

3.7

目も見えない耳も聞こえない
親切にされなかったとしてもいきなり殴られたり意地悪されるのは…
気配もなく想像以上に恐ろしい世界で子どもは無邪気に残酷

ヘレン・ケラーは後天性だしお嬢さまなのにマリーは生
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃじゃん…
まともじゃない世の中に立ち向かうなんてまともな神経じゃ無理

綺麗事じゃ変えられないからって、神の名のもとクレイジー
志に賛同しちゃってる。

行き当たりばったりでも道程になっち
>>続きを読む

>|