Erikoさんの映画レビュー・感想・評価

Eriko

Eriko

目標は1000本みること!さいきんは実験映画にはまっています。シュルレアリスムの変な意味のない映画が好き

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.3

こんな女子がモテるんだろうな〜という客観視で見てしまったけどなんだか人間味に欠ける。原作からの映画ってやっぱり自分の想像と違っちゃうから低くなっちゃうごめんなさい。原作とは違って大人になったときメイン>>続きを読む

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

5.0

なんていい映画なんだ。久しぶりのマイヒット。友達に見てって言われてみたけどちょーよかった。自然な演技だから日常を見てる気分になれる。夫との生活に満足がいかない主人公。でも夫とたのしそうにじゃれあう姿に>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

1もよかったけど2もすごくよかった!面白いし感動する!

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

高校生。友達とも、親とも、異性ともギクシャクしちゃう時期。ゆるい映画だけど、撮り方がおしゃれで好きだった

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

2.5

話が最初に見えすぎててあんまり満足できなかった。撮り方もけっこうブレブレでうーんってかんじ

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

開始30分で心苦しくなった。黒人、LGBT、麻薬などアメリカの社会問題が深く取り上げられて、これはアカデミー賞になるだろうなって納得。ブルーピンクオレンジ感情によって色を変えてて面白かった。あと撮り方>>続きを読む

自分自身の眼で見る行為(1971年製作の映画)

-

死体解剖の実験映画
先生はこのさきはグロすぎるからっていってやめてくれた
実験映画は生と死を伝えるものらしい

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.6

なかなかゆるーい映画だったけど1場面1場面かわいいしアングルもこだわってる感じでみててたのしかった

ラッシュアワー2(2001年製作の映画)

2.5

はじめてみたけどうーん。さいごのNGシーンだけ笑えた

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

3.6

ストーリーは単純で、3時間っていう長すぎだけど、こんな古い映画なのにこんなにクオリティの高い映画は初めて・・ファッションがエレガント(競馬のシーンが特に)すべてが豪華、ミュージカルも良くできてるし、オ>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.5

人間に美を感じた
家族がばらばらになって彼のために稼がなければ今の彼はいないから、最初から最後まで家族を中心に描かれていてよかった
何かに小さい頃から努力してトップになるって素敵だな

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

この監督ほんとに胸が引き締められるほど苦しくさせるの得意だなあ、、
ちょー幸せな出会った頃と、離婚間近の険悪な日々を交差させてどんどん辛くしてきた。
昔はけっこう荒い感じで撮られてて、今はきれいな画質
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.8

ウディアレンの中で結構好きだった ストーリーはあんまり進まないけどジャズとファッションとかすべてが素敵でかわいい・・すべての1シーンがかわいい・・

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.5

主人公が次々に入れ替わって行って面白かった!さいごの子供のシーンはそうだろうなって読み込めちゃった!最初から最後までなんだか悲しくなるストーリーだった

裏窓(1954年製作の映画)

4.4

マンションからしか撮られてないし、お金かかってないかもだけど、逆にその場所だけでこれだけのストーリーを完成させられるヒッチコックすごい!ストーリーが最高な上に撮り方も面白い!望遠鏡から撮ってるように見>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.3

大事なのは血の繋がりじゃなくて思いだよね 大事なのはエリートやお金じゃなくて愛だよね お金がなくてもリリーフランキーみたいな親がいいな
あんまり変化のなくあんまり感情的でもないない静かな映画だった

何者(2016年製作の映画)

3.0

2年前に原作を読み込んだわたしにはこの映画は軽すぎた。本にあったじーんとくる言葉が全部抜けてた。就活というより、Twitterの中の自分と現実の自分の差に気づくという内容が重要視されてる・・本質はそこ>>続きを読む

夜の深み(1958年製作の映画)

3.0

だれもやったことないような作品を作るってすごいよね 宇宙にいるけど重力がある世界

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.8

さすが規模が違うわあ〜お金かかってる ヘリコプターも電車も小型飛行機も車もビルも何回も破壊されたことか・・テンポよすぎてやっぱり好き レア・セドゥの透明感よ

檻囚(1962年製作の映画)

-

時間が関係してるんだろうけどどうも世界がやばすぎて読み込めなかった・・

蝶服記(1974年製作の映画)

3.3

蝶々をぐちゃぐちゃにするシーンでヘルマンヘッセの『少年の日の思い出』と重なった お肉を食べてるだけなのにエロすぎる まさにアンディウォーホル のMario Bananaと同じ効果 人の影が邪魔でなにが>>続きを読む

二頭女-映画の影(1977年製作の映画)

3.5

影だけのセックスシーンがすごいエロい 現実でその影をみながら理想と現実の差を哀しむ姿がぐっとくる・・

マルドロールの歌(1977年製作の映画)

3.1

動物、虫が性の象徴のように感じた 日本にもこんなにもシュルレアリスムの実験映画を作ったひとがいるなんて感激すぎて・・イントラカットの文章と出てくるひとたちが気味が悪くて好きだった

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

性としてのAI でもAIって想像をはるかに超えてしまう頭脳を持ってるんだろうな・・映像が綺麗で、音楽も静かで、AIを応援したくなって 人間のAIを見下すモノとして扱う姿が気に入らなかった この先がきに>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

2.5

あの最初にみたハンガーゲームのハラハラ感はどこいったんだろう・・

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.3

絶対にありえない話だけどほっこりする いっしょに陶芸するシーンがすごく好き

マグノリア(1999年製作の映画)

3.3

罪と許しの重たい映画 3時間だけど飽きさせない作りになってていろんな主人公がいてそれが組み合わさって繋がってる 一人一人の人生の後悔が重すぎて心が痛かった スムーズすぎるカメラワークと構成が凄すぎた >>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.2

まさかの私生活が24時間テレビで放送されてるのに気づいてない主人公っていうストーリーは面白かったけど、ツッコミどころ満載だし、なんだか主人公が可哀想になってきちゃった

>|