Erikoさんの映画レビュー・感想・評価

Eriko

Eriko

キューブリックやヒッチコックの古めの映画が好き❤︎映画が大好きすぎてアメリカで勉強中。

映画(939)
ドラマ(79)

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.2

高校時代のヒーローとおデブちゃんが20年後再会したストーリー。コメディ。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

展開が早すぎて追いつくのに必死だった。カード飛ばすのかっこいい!テンポいいし、たのしかった

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.0

『ビューティーインサイド』の韓国映画と似てる!体に乗り移っちゃうっていうのが違うところだけど。あんまりキュンキュンしなかったなぁ〜ビューティーインサイドの方が100倍ドキドキした!女の子はかわいいけど>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

美しい映画だった。携帯持つのも嫌いで、人と接触するのも苦手な鑑定家が、12年間家に閉じこもってた女性に恋をして変わっていく。最後の最後にあるどんでん返し!最高!

肉体の門(1964年製作の映画)

2.5

場面が変わらなすぎて、つまらなかった。もっと米兵と色々してほしい。1988年の方みたい

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

4.0

死霊館の中で一番恐怖だったシスターにフォーカスした映画!相変わらず怖かったけど、出てくるタイミングとか分かってきた。今までの死霊館とか、アナベルとちょっと雰囲気変わったかな。撮り方とかも変わった

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トムクルーズの頑張り!もう歳なんだからこんな危険で体力勝負の撮影可哀想って思いながらみちゃった笑 お金かけてるな〜

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

2.5

時系列よくわからないし、ツッコミどころ満載な設定すぎる。設定が曖昧すぎて、頭がぐちゃぐちゃになった。恋人としてはちょーつらすぎでしょ笑よくわからないけど悲しくなって最後うるっときちゃったけど笑back>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.3

トルコ版の『ヴァージンスーサイズ』5姉妹がかわいくて美しかった!純潔、処女を守らなければ結婚できないトルコ。自由もなく、親に閉じ込められて辛いだろうなぁ。トルコの知らない一面だった

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

4.2

居心地のいい映画だなぁ。音楽の音色といい、ストーリーといい。最後エヴァンと両親との感動の再会みたかったけど、あれで終わっちゃうのかぁ。10年も一夜限りの人を思い続けてるのもすごいわ笑現実になさそうな話>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.0

最後は前回の話と繋がってそうなるのかって納得できた。さいきんアナベルとか死霊館とか見すぎて、パターンがわかってきてそこまで怖くなくなっちゃった。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.5

死霊館みてからのアナベル。死霊館までは怖くなかったけど、やっぱり面白かった!あんな人形、顔怖くてふつう買わないだろ!続編も早くみたい!

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.0

あまり感情移入できなかった。静寂の映画。紛争地で幼馴染にも恋人にも裏切られるなんてつらい。映像はすごく綺麗だった

ただ君だけ(2011年製作の映画)

4.0

設定もいいし、きゅんきゅんですわ。美男美女。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.5

なんで今まで見なかったんだろうって後悔。大好きなアメリカの映画の教授が面白いからって、車にアキラのシール貼ってそれがきっかけで知った。1988年とは思えない映像美とアニメの迫力。一瞬足りとも退屈せず、>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.7

見終わった後はぽかーんと何がどうなったとか分からずだったけど、もう解説読んだときのスッキリ感!さすがデビイットリンチ様!いやー、すごいなぁ。空想世界が現実のように現れるっていうのが次作品『マルホランド>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.7

ラスト15分のための映画。本人が演じてるっていうのが面白いけど、前半の1時間15分くらいはゆるすぎる。映画じゃなくて、ニュースでいい。あと、前半に後半のシーンを挟まなくていい。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.2

年代のコニーアイランドの遊園地のセッティングがかわいすぎる。服も音楽もオレンジとブルーの光。話は言い合いばっかりで疲れた。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.2

映像美で撮り方も面白いのに、ストーリーがイマイチだなぁ〜女性の裸体美に釘付け

地球は女で回ってる(1997年製作の映画)

2.0

登場人物多すぎて途中からついてけなくなるし、カットが微妙なとこでされて気持ち悪くなるし、ウディアレンの女好き要素が全面に出てた。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.3

エレベーターはなくても、毎朝ブルックリンで犬の散歩して、ブルックリンブリッジが見えるステキなマンションに住みたいなぁ。憧れ。大切なのは場所でもお金でもなくて2人でいること

>|